フィリピン留学

話せるようになったらDMM英会話で異文化交流!アジア人だけじゃダメ!

話せるようになったらDMM英会話で異文化交流

主にフィリピン人の先生が話し相手のフィリピン留学やオンライン英会話スクールで話せるようになると、アジア人とは英会話が話せるのに、ネイティブが相手になると全く通じないことが多々あります。

自分の中では、丁寧に正確に話しているつもりでも伝わらないし、聞き取れないのです。

今回はどうしてそんなことが起こるのかを書いてみました。

フィリピン人の英語は世界で通用している

フィリピンで学んだからと言っても、フィリピン人の英語は世界で通用しています。

アメリカのコールセンターもフィリピンにありますし、その他の国もたくさんフィリピン人のコールセンターを利用しています。

そのフィリピンで学んだ英語が通じない訳がありません。

良くフィリピン人からはネイティブの言い回しが学べないなど欠点として言われますが、そんなものは大きな問題ではありません。

基本となる英会話なんてどの国でもたいして違いはありません。

では、どうして会話が成立しないのか3つの理由を説明してみましょう。

現実社会では誰もお客様扱いしてくれない

フィリピン人の先生などと英語で会話を続けることが出来たのは、お客様として先生に気を使われながら会話を成立させて貰っていただけです。

自分から話題をコントロールして会話を盛り上げていた訳では無かったということです。

当たり前ですが、英会話はコミュニケーションのツールであり、英語が話せれば誰とでも話せるというのは大きな勘違いです。

日本語でも同じですが、会話は話しながら相手の表情、しぐさ、興味を引けているかどうかなど、お互いに空気を読み合って成立させるものです。

これが、噛み合わなければ一方通行となり、会話が成立しなくても当然ですよね。

例えば、いくら英語を流暢に話していても、内容がつまらない人の話しなんて聞きたく無いですよね。

話しかけても面白くないなら、早く話を切り上げようとする人がいたっておかしくありません。

自分が英語を話したいと思っている相手は、英語力を上げるための練習台では無いということです。

相手は何でも楽しんでくれるフィリピン人ではない

正直に言って、フィリピンの人達は笑いの沸点が非常に低く、どんなにつまらないオヤジギャクでもケラケラと嬉しそうに笑ってくれます。

オチの分かり易い軽い下ネタも大好きですし、日本人だとバカにするようなつまらない会話でも、すぐに飛び乗ってきてくれます。

ですので、相手がフィリピン人であれば、例えブロークンイングリッシュでも会話を続けることが本当に簡単なんです。

さらに言えば、先生達だけに関わらず、フィリピンの人達は親日家が多く、行けるなら日本に行きたいと思っているから話題も作りやすいという点も大きいですね。

しかし、これがネイティブや日本人に慣れていない人達になると話が違います。

日本人は、テレビで日本礼賛番組をたくさん見ているので、日本は世界からリスペクトされていると考えがちですが、残念ながら全くそんなことはありません。

そんな外国人からすれば、私達日本人は「英語もまともに話せないのに話しかけてくるな」という程度のものです。

日本人の多くが東南アジアの人達を見下すことが多いように、欧米人からすると日本人も同じように見られていることは多々あります。

国が違うということは文化や考え方も当然違う

ちょっとした言い方の間違いや思想の違いで、相手を不快にさせてしまう可能性もアチコチにあります。

日本人には大丈夫でも、外国人には失礼になる仕草などいくらでもあります。

こういった違いがある中で、場の空気を読みながらコミュニケーションを取るにはコミュニケーション能力が磨かれていないとどうしようもありません。

しかし、一部の都会を除いて、外国人と関係せずに生きていける日本では、自分から外国人と関わりのある生活をしなければ、コミュニケーション能力を鍛えることは難しいのが現実です。

DMM英会話で色んな国の先生と話してみる

外国人とのコミュニケーション能力を鍛えるために、まず最初はお客様扱いでも良いですのでたくさんの国の人と話をして、慣れることから始めましょう。

また、コミュニケーション能力を上げる練習相手をネイティブにこだわる必要はありません。

どちらかと言えば、訛り、アクセント、授業の進み具合など何も気にせずに、とにかく色んな国の多様な人達と話をしてみることをお勧めします。

オンライン英会話はたくさんありますが、国籍数であればDMM英会話の方が一番多いです。

DMM英会話であれば100ヶ国ほどの国の人と話す事ができますので、ある程度英会話ができるようになったものの、まだまだスムーズなコミュニケーションが取れない人に最適です。

ネイティブと話せるプラスネイティブプランも良いですが、通常プランでも90ヶ国以上の人と話せますので、まずは通常のプランで充分です。

何度でも書きますが、コミュニケーション能力を上げる練習にネイティブである必要はありません。

訛りがある、イントネーションがある、そんなことはどうでも良いです。

まずは自分と違う文化を持つ人達と会話をして、外国人慣れするということが重要です。

しかも、とりあえずお客様として対応してもらえるので、最初の練習には最適ですね。

オンライン英会話も想像以上にしっかりとしている人が多い

オンライン英会話と言えば、質の悪い先生も多くて受けてみてがっかりするという声も少なくありませんが、DMM英会話は実際に受けてみるとしっかりとしている人が多い印象です。

もちろん、ハズレの先生もいるのは間違いありません。

しかし、あくまでコミュニケーションを取るための練習ですし、ある程度話せるようになった人であれば相手の間違いなども勉強になるので問題にはならないと思います。

まとめ

・英語が話せるから世界中の外国人と話せるというのは大きな勘違い。

・英会話「英語力+コミュニケーション能力」の両方を育てないと意味がない。

・色んな国の人と話して、文化も考えも違う人達との異文化コミュニケーション能力を磨く!

公式ページ:簡単!わかりやすい!DMM英会話で無料体験