LCC・格安航空の使い方

LCC利用で成田・関空からバンコクは1泊2日の週末旅行で観光できる?

最近ではLCCの利用が当たり前になっていますので珍しくありませんが、一昔前までは1泊2日の海外旅行なんて考えられないことでしたよね。

今回は、成田空港や関空など日本各地の空港からバンコクへの週末旅行で観光することは可能かどうかをご紹介します。

日本各地からバンコクへ

まず、LCCでバンコクに直行便で行けるのは下記の空港となります。

●成田空港

●関西空港

●中部国際空港

●新千歳空港

福岡はバンコク行きのLCCが就航していないこと、他の格安チケットを利用しても時間がかかりすぎて1泊2日が困難なことから省略しています。

また、名古屋も1泊2日には効率が悪すぎるスケジュールでした。

タイ・エアアジア X 名古屋空港発 16:30 – ドンムアン空港着 21:10 ¥13,900

タイ・エアアジア X ドンムアン空港発 6:55 – 名古屋空港着 14:20 ¥14,004

今回、LCCを利用した1泊2日のバンコク週末旅行として成立するのは「成田空港」と「関西空港」、微妙なところで「新千歳空港」が可能でした。

成田発着でバンコクへの1泊2日週末旅行

成田からは決して効率がよいとは言えませんが、成田土曜発、成田日曜着のスケジュールで現地滞在時間が「15時間」確保できるフライトがありました。

また、1泊2日ではなく1泊3日になりますが、最大で「28時間」バンコクに滞在できるフライトもあります。

成田空港発のバンコク行きはスクートが安い

成田空港発では、スクートとエアアジアがドンムアンまで就航しています。

★スクート 成田空港発 9:35 – ドンムアン空港着14:55 ¥12,500

●エアアジア X 成田空港発 9:15 – ドンムアン空港着 14:05 ¥25,950

どちらのフライトも14:00台にバンコクに到着しますが、50分の差で料金に12,000円の差があるのであればスクート一択ですね。

バンコクから成田は、下記の2つのフライトが1泊2日の週末旅行には適しています。

タイ・エアアジア X ドンムアン空港発 10:45 – 成田空港着 19:00 ¥15,444

タイ・エアアジア X ドンムアン空港発 23:45 – 成田空港着 08:00 ¥21,276

成田発着でバンコク行きのまとめ

普通に1泊2日とするのであれば下記のスケジュールになります。

・スクートを利用してドンムアン空港に14:55到着

・エアアジアを利用してドンムアン空港発10:45で帰国→成田19:00着

ドンムアン空港からバンコク市内へ出るのに必要な往復2時間と、出発日は2時間前に空港へ行くことを考えれば「土曜 16:00~日曜 07:45」の約15時間が実質で自由に動ける時間となりますね。

しかし、もう一つの1泊3日スケジュールを利用すれば下記のようになります。

・スクートを利用してドンムアン空港に14:55到着

・エアアジアを利用してドンムアン空港23:45発で帰国→成田到着は08:00

このスケジュールであれば「土曜 16:00~日曜 20:45」の約28時間の自由時間を作る事ができます。

ただ、月曜日の仕事には間に合わないのが厳しいですね。

関空発着でバンコクへの1泊2日週末旅行

大きく成田発着と変わりませんが、関空発着が一番効率が良いフライトスケジュールになります。

関空からはノックスクートとエアアジアが主なLCCとなり、現地では土曜日から日曜日に掛けて「約22時間」の自由時間を作ることができます。

タイ行きの関空発着は早い時間から動けて効率が良い

関空からは一番早い便が8:30なので早く動けて良いです。

反対に、早朝から遅くても6:00までに関空へ行く方が大変かも知れませんね。

ノックスクート 関西空港発 8:30 – ドンムアン空港着 12:45 ¥12,500

タイ・エアアジア X 関西空港発 9:50 – ドンムアン空港着 13:50 ¥21,850

こちらは、早く着く、さらに10,000円近く安いということでノックスクート一択ですね。

次に、ドンムアン空港発の帰国便です。

エアアジア ドンムアン空港発 14:15 – 関西空港着 21:40 ¥18,216

ノックスクート ドンムアン空港発 23:40 – 関西空港着 07:10 ¥12,473

関空発着でバンコク行きのまとめ

普通に1泊2日とするのであれば下記のスケジュールになります。

・ドンムアン空港に12:45到着

・ドンムアン空港発で14:15帰国

ドンムアン空港からバンコク市内へ出るのに必要な往復2時間と2時間前に空港へいくことを考えれば「土曜 13:45~日曜 11:45」の約22時間が実質で自由に動ける時間となりますね。

しかし、成田と同じくもう一つの1泊3日スケジュールを利用すれば下記のようになります。

・ドンムアン空港に12:45到着

・ドンムアン空港発で23:40帰国→関西空港着は07:10

このスケジュールであれば「土曜 13:45~日曜 20:40」の約31時間の自由時間を作る事ができます。

こちらも、月曜日の朝まで食い込んでしまうので、月曜が仕事の場合はアウトですね。

新千歳空港発着でバンコクへの1泊2日週末旅行

新千歳空港からもバンコクに行けますが、1泊2日ではなく、1泊3日しか無理でした。

ですので、最悪でも月曜日の午前中までお休みできる人でないと1泊3日は出来ません。

タイ・エアアジア X 新千歳空港発 9:40 – ドンムアン空港着 15:35 ¥26,350
タイ・エアアジア X ドンムアン空港発 23:55 – 新千歳空港着 8:25  ¥33,336

料金もLCCにしては高いですし、成田まで国内線で移動してからバンコクへ行くとなると更に時間が掛かってしまうので効率は悪いですよね。

1泊2日の週末旅行にバンコクおすすめの観光拠点

●若い人なら「サヤーム(Siam)」エリア

とにかくオシャレが好きな若者向けのショッピングエリアです。

バンコクの最新オシャレ情報を知りたいのであればこのエリアがオススメです。

●格安で滞在したいローカル大好きなら「ビクトリーモニュメント周辺(戦勝記念塔)」

観光客よりも本当にローカルが集まるエリアなので、手加減無しのローカル感を味わえます。

ただ、この周辺にいる人はホトンド英語が通じません!

●1泊だけだから優雅に行きたい人はチャオプラヤ川の「リバーサイド」

5つ星ホテルが集まっている富裕層向けのエリアです。

シャングリラホテル・バンコクなどは、5つ星なのに10,000円から20,000円で宿泊できるので、比較的安く優雅な気分を味わえますよ。

周辺の宿の検索はまずトリバゴでホテル予約サイトをまとめて比較検索して、希望のホテルに空室が無い場合は、アゴダかブッキング・ドットコムで直接探せば空室が見つかることがあります。