フィリピン留学

英語は通じれば良い?フィリピン留学で話せるようになったと思うな

フィリピン留学をする留学生の中には一定数の割合で「英語なんて通じればいい」と言う人がいます。

それならなんでわざわざ留学なんてするんだと声を大にして言いたかったことは一度や二度じゃありませんが、そんな人に限ってフィリピン留学で必要な英語は話せるようになったと勘違いして、海外に出て失礼極まりない英語を話し続けます。

これは、そんな人だけでなく留学生の多くに言えることなので、フィリピン留学で日本人がどれだけ失礼な英語を話しまくっているかについてまとめてみました。

英語は通じれば良いと思うなら留学するな

なぜだか分かりませんが、英語は通じれば良いなんて言う人に限って学習についていろいろケチを付けたり、先生に対する要求が図々しかったりします。

全然英語が話せないのに

「こんなことをしていても話せるようにならない」

とクレームを付けて来ます。

英語がペラペラな人が言うのであれば分かりますが、全然話せない人に言われると学校側も先生も本気でイラつくのは言うまでもありません。

「文法なんてどうでも良いので最低限話せるようになりますか?」

なんていう考えられない問い合わせも普通にありました。

もちろん、フィリピン留学にはそんな問い合わせに何も言わずに「大丈夫です!」というような学校やエージェントはたくさんあるので、そんな人はそれらの学校に行ってお金を捨てて来れば良いですけどね。

もう語学学校には関係ないので気にしませんが、英語は通じれば良いと思っている人は留学なんてする必要ないので、適当な激安オンライン英会話でフリートークでもしていれば良いでしょう。

少なくても学校は正しい英語を学ぶ場所ですので、通じれば良い適当な英語なんて教えられません。

フィリピンだから許される日本人の失礼な英語

フィリピン留学に来ている日本人は至るところで失礼な英語を使いまくっています。

しかし、それがどれだけ失礼なことなのか教えてくれる学校がホトンド無いですし、フィリピン人も同じようにかなり失礼な英語を使うので全く気付きません。

例えば、フィリピンで生活している日本人や留学生と食事などに行くとこのような英語をよく聞きます。

「Menu」

「Menu,please.」

「Water.」

「give me water.」

店員さんに向かって「メニュー」なんてどれだけ失礼なのかは日本に置き換えれば誰でもわかりますよね?

また、pleaseが付いているので丁寧なんてのは大きな間違いですからね。

付いているだけマシというだけで、元々please+命令形で命令の意味を含むので「メニューを持ってきなさい」というような上から目線のニュアンスです。

ここで「客なんだから上から目線でも良いんじゃない?」と思う人は海外に出ないでくださいね。

日本人として恥ずかしいので。

日本のレストランで店員さんに向かって大きな声で「水!」と言っている人もお願いなので日本から出ないで欲しいですし、もし私の知人や友人がそんなことを言ったなら次は無いですね。

しかし、多くの日本人がそんな失礼な英語をレストランだけでなく、あちこちで使っているのが現実です。

ただし、学校の先生のようなしっかりとした教育を受けている人であれば丁寧な英語を話すこともできますが、一般のフィリピン人は日本人と同じ様な失礼な英語を使いまくっているので誰も気にしません。

これがある意味フィリピン留学が初心者に優しい理由でもあるのですが、フィリピン留学で話せるようになったと思って同じ様な英語を違う国で使うと相手にされない可能性もあるので要注意です。

そう言えば、EOPルール(母国語禁止)がある学校へ見学へ行った時に留学生のカウンセリングを担当している日本人マネージャーに「Wait here.」と言われたときには「これくらいの英語しか学べない学校」と思いましたね。

フィリピン留学でも英語は必ずセンテンスで話す

私がいつも英会話の初心者はカランメソッドをすれば良いというのにはいくつか理由がありますが、その中でも大事なポイントが「英語をセンテンスで話すクセを付ける」ということです。

カランメソッドの特徴として、質問にたいして必ずフルセンテンス(完全な文章)で答えるというルールがあります。

先生:Do you speak Japanese?
(あなたは日本語を話しますか?)

生徒:Yes, I speak Japanese.
(はい、私は日本語を話します。)

普通は「Yes, I do.」と答えるところですが、カランメソッドは会話ではなく「会話の基礎を作るトレーニング」なので、フルセンテンスで回答します。

もう一つ例を出せば、

先生:Am I going to the door?
(私はドアに向かっていますか?)

生徒:No, you aren’t going to the door. You’re remaining on the chair.
(いいえ、あなたはドアに向かっていません。あなたは椅子に留まっています。)

このように、カランメソッドでは常にフルセンテンスで話すクセを付けることができるので、レストランで「Menu,please」なんて単語を使おうとすると「こんな文章で良いのか?」と気持ち悪い感じになり、しっかりと「Can I have a menu,please?」と自然に言えるようになり易いです。

また、フィリピン留学で生活していると単語だけで英語が通じてしまう場面が多いので「これくらいでいいんだ」と思って、しっかりとした英語を使わなくなる人が多いので巻き込まれないようにした方が良いですよ。

フィリピン留学では英語は教えても本当に社会で使える英語は教えてくれませんので、どう言えば良いのか先生に正してもらうようにしないと礼儀正しい英語に厳しいイギリス人なんかと話していると怒られます。

この動画では先生に丁寧な英語に直される生徒が登場していますが、本当にこれくらい意識して使う練習をした方が良いですね。

フィリピン人の中には「Could you~」と質問されたら理解できず「Can you~?」と言い直せば理解する人もいますが、最初は丁寧に話して、通じなければ言い直すというようにすることをおすすめしますよ。

そして、フルセンテンスで話すクセを付けるにはカランメソッドが有効ですので、どうせフィリピン留学をするのであれば訳の分からない授業を受ける学校よりも確実な学習ができる学校を選びましょう。