フィリピン留学

【まず無駄】フィリピン留学でビジネス英語を学ぶ効果もメリットもない

フィリピン留学には社会人留学や大人留学などでビジネスパーソンを狙った英会話学校もそこそこあります。

しかし、フィリピン留学でビジネス英語を学ぶのは大半の日本人に無理ですし、フィリピン人からビジネス英語を学ぶ効果も意味も無い人ばかりなのが現実です。

これを見た瞬間に「あーやっぱりフィリピンはダメなんだな」と思った方。

それは違います。

今回は、日本人がフィリピン留学でビジネス英語を学ぶ無駄さについてまとめてみました。

フィリピン留学でビジネス英語はできるの?

まず、フィリピン留学でビジネス英語を学ぼうとする方は、あと5回ほど考え直した方が良いです。

考え直すポイントは以下の通りです。

●そもそもビジネス英語が習得できるレベル?

●ビジネス英語ってなんなのか理解してる?

●ビジネスの相手はアジア人?ネイティブ?

最低でもこの3つのポイントが明確になっていないのであれば、フィリピンでビジネス英語を学ぶことは無駄なので止めておきましょう。

ビジネス英語が習得できる英語レベルはある?

フィリピン留学にはビジネス英語を学びたいと留学する人が多いですが、その80%~90%の人はビジネス英語を習得する以前に英語の基礎を勉強し直した方が良いレベルの人です。

中には中学英語もろくに使いこなせないレベルの人も少なくありません。

しかし、そういった人ほど日常英会話もできないのは基礎を使いこなせる練習が足りないからだと気付かずに、難しい勉強をすればどうにかなるだろうと考えてビジネス英語を勉強しようとします。

ビジネス英語を学ぶ価値があるのは、最低限日常英会話に支障がないレベルの人だけです。

日常英会話がスムーズにできないと思うのであれば、ビジネス英語はやめて、スムーズな日常英会話ができるように努力することから始めましょう。

ビジネス英語ってなんなのか理解してる?

なんだか偉そうなタイトルですが、ビジネス英語ってなんなんでしょう?

ビジネス英語に「これがビジネス英語だ!」という定義もあるような無いような話です。

例えば「ビジネス日本語」なんてありませんよね?

しかし、一般的に成人した日本人であれば、社会に出る前からビジネス上の日本語は話せます。

なので、仕事で英語を話さないといけないから、ビジネス英語が必要なんて意味がわかりません。

普通に常識的な日本語が話せればそのままビジネスで通じますからね。

もちろん、職種によって頻繁に出る言い回しや単語は違いますが、そんなものは前もって身に付けなくてもその仕事に関係していれば数日で身に付く話ですので気にする必要はありません。

ビジネスで使える表現はあっても、英会話の根本は同じですので、日常英会話がスムーズにできないとビジネス英会話レベルの学習をしてもサバイバル英語しか身に付きません。

要は日常英会話がスムーズにできるようになる延長線上にビジネス表現が追加されるのが一般的に言うビジネス英語ということではないでしょうか。

ビジネスの相手はアジア人?ネイティブ?

ビジネス英語を身に着けたい気持ちは分かりますが、ビジネスの相手はアジア人なのでしょうか?ネイティブなのでしょうか?

さらに言えば、相手の英語はアメリカ英語なのでしょうか?イギリス英語なのでしょうか?

これらのポイントを考えるだけでも、習得するべき英語はかなり変わってきます。

ビジネスの相手が英語非ネイティブのアジア人だけだとすれば、フィリピンで学ぶ英語でも十分に通用しますが、ビジネス相手がネイティブだとするとフィあまりリピン人から学んでもネイティブに対応できる英語力は身に付きません。

もちろん、フィリピン人はネイティブと普通に話すこともできるので英語力が無いと言っている訳ではありません。

基本的に、フィリピン人講師レベルの英語は多少アクセントがあっても非常に聞き取りやすく基礎的な言い回しが多く、日本人に教え慣れているので多少のカタカナ英語が通じるという日本人にとっても非常に学びやすい環境です。

しかし、フィリピン人講師はネイティブのような言い回しはしませんし、アクセント、スピード、聞き取りやすさも全然違います。

6ヶ月フィリピン留学したけど、カナダに言ったら全く聞き取れず、発音が通じずコテンパンにやられた

なんて人は数えきれないほどいますからね。

アジア人との日常英会話がスムーズにできるようになっているのに、ネイティブが相手になると格段に話せなくなってしまう人がフィリピン留学をしてビジネス英語でスキルアップを目指しても無駄です。

留学で数十万円使うよりも、日本でネイティブから授業を受けられる英会話学校に行く方が格安で断然効率が良いでしょう。

【イングリッシュビレッジ】

フィリピン人講師のほとんどにまともな社会経験が無い

フィリピン留学をすれば分かりますが、学校の先生はほとんどが20~25歳程度の先生ばかりですし、年齢が上の先生でも30代が大半です。

そして、ビジネス英語を教える先生達の多くがビジネスどころかまともな社会経験がありません。

これは外国に行った経験のあるフィリピン人でも分かっていることで「フィリピン人はプロ意識が無いし、幼稚だし、人生何も考えてない」とはっきりと言い切ってしまいます。

フィリピンの社会経験というと

・仕事中でも暇なら携帯で遊んでいても良い

・自分に関係ない仕事はしなくていい

・会社のことを考えるのはオーナーの仕事で自分は言われたことをやるだけ

・忙しいくらいなら客なんて来なくていい

・彼氏、彼女と会えない仕事なんてやってられない

なんてことが当たり前に許される世界で経験したことが社会経験です。

もちろん、外国資本の会社で奴隷のように働かされているフィリピン人の場合は仕事中に遊んでられませんが、それでも自分で考えて仕事をするなんてことはほぼありません。

そんなまともな社会経験が無い先生から使ったことがないビジネス英語を学ぶことに何の価値があるのでしょうか。

フィリピン人にビジネスで使える英語力があっても、フィリピン人からビジネス経験で生きた英語は学ぶことができません。

コストを安くしてフィリピン人からビジネス英語を学びたいのであれば、留学なんてしなくても仕事で英語を使いたい人向けの良いオンライン英会話がありますので、そちらを利用することをおすすめしますね。

ビジネスに特化しているオンライン英会話なので、留学して適当な授業を受けるよりも断然効率が良いです。

オンラインでビジネス英会話 Bizmates(ビズメイツ)

アメリカ、イギリスなどの英語圏のネイティブ講師数10,000人以上。
いつでもどこでも「本物」の英語が学べる。

【Cambly(キャンブリー)】

先生はビジネス経験のあるアメリカ人。

スマホひとつで、毎日の英語習慣を。
【 HiNative Trek 】