香港

香港からマカオのフェリーは割引乗船チケットを予約して日帰り旅行

香港からマカオの世界遺産

香港からマカオはフェリーを利用すればたった1時間の距離ですので、香港からの日帰りで観光に行く人も多いですね。

マカオはホテルも物価も香港より高いですが、日帰りであればマカオの世界遺産など美味しいところ取りができますので、フェリーの割引乗船チケットを予約して少しでも安く旅をしましょう。

香港からマカオのフェリー料金

香港からマカオへのフェリーは2社運行しています。

・ターボジェット(TurboJet 噴射飛航)

・コタイ・ウォータージェット(Cotai Water Jet 金光飛航)

料金も所要時間も同じような内容で、どちらのフェリーに乗っても料金は平均して2,500円~3,000円程です。

公式サイトで往復購入しても特に割引はありません。

ただし、マカオで到着する港が、アウターハーバーとコタイフェリーターミナルの2箇所になりますので、どちらに行きたいかで決めましょう。

フェリーはコタイジェットの方が内装が綺麗で、ウォータージェットの方が古いですね。

それぞれの時刻表などは公式サイトでチェックして下さい。

公式サイト:コタイウォータージェット金光飛航

公式サイト:ターボジェット 噴射飛航

香港からマカオのフェリーの割引乗船券を予約する

香港からマカオのフェリー割引乗船券は KKday のサイトで購入できます。

時期や購入するタイミング、指定する時間で料金に変動がありますが、正規料金の20%~25%割引で購入することができるのでお得です。

中国人の団体などと時間が被ると混雑で悲惨な目に遭いますので、事前購入を強くおすすめしますね。

マカオの世界遺産観光をするならターボジェット

ターボジェットは主に観光に移動しやすい外港フェリーターミナル(マカオフェリーターミナル)へ到着するので、セナド広場やカジノなどに行くのであればターボジェットを選びましょう。※一部タイパへ到着する便もあるので注意して下さい。

ただし、マカオフェリーターミナルはマカオの玄関口で、どこにでも移動しやすいために多くの観光客がこちらのフェリーを利用するので、イミグレーションや税関は混雑します。

しかし、両方のフェリーターミナルは誰でも利用できるホテルの無料のシャトルバスを使えば15分から20分ほどで移動できますので、時間が合わなければどちらに乗っても大丈夫です。

言ってしまえば、イミグレーションや税関で時間が掛かるマカオフェリーターミナルに到着するか、入国に時間は掛からないけど移動に時間が掛かるタイパを選ぶかと言ったところですね。

個人的には、施設が広くて綺麗で空いているタイパに到着して無料シャトルで移動します。

関連記事