海外就職

留学から帰国後の就職は有利?英語を基準で仕事を選ばない方が良い

留学して英語ができたら就職は有利になる?

留学やワーホリから帰ってきたけどこれから再就職が心配

せっかく留学して帰ってきたんだから英語が使える仕事をしたい

留学やワーホリにはこのような不安と期待がつきものですが、留学してから就職するのは英語ができれば有利に働くかどうかは気になりますね。

結論から言えば、英語を軸に就活せずに、英語が出来れば働ける可能性が高い外資や海外就職を選んだ人は収入が大幅アップした人も少なくありません。

留学から帰国しても就職は有利にならない

留学から帰国して就職が有利になるかどうかと言われれば、有利どころか不利になる場合の方が多いです。

もちろん、運良く待遇の良い仕事を見付けている人もいますが、キャリアアップは出来ていない人もかなりいます。

留学したことが有利に働くとすれば、アメリカ、カナダ、イギリスなどの一定レベル以上の大学を卒業した場合や、海外の大学でMBAなどを取得した人くらいではないでしょうか。

社会人であれば、留学しても少し話せる程度の中途半端な英語だと「仕事を辞めて息抜きに遊学してきた」以上には評価されません。

昔からそうですが、海外へ出ることなく日本の企業で耐えて働いている人達にとって「留学は遊び」だと思っている人の方が多いのが現実です。

どちらかと言えば、まったく海外と関わらないような会社へ応募した場合は、評価よりも自由にしている人へのやっかみの気持ちを持たれる可能性の方が高いです。

留学したとしても「英語が実務レベルで話せる」または「試験の結果」など明確な結果を残さないと就職には何の価値もありません。

留学して就職が有利になるのは本当に結果を残した人だけ

1年、2年留学して海外でいろんな経験を積んだとしても、希望する職種に直結する経験を積んでいない限りは就職で有利になるなんてことは無いと言えます。

数々のトラブルにあって壮大な人生経験をしました!

そんなこと言われても「それは楽しそうで良かったね」で終わりです。

TOEIC900点などは持っていてもまともに話せない人が多すぎて、実際には採用の参考程度にしか評価されませんけどね。

特に海外就職を目指す場合にTOEICは役に立ちません。

しかし、TOEFLやIELTSでスコアを持っている人であれば、英語が使える人材として外資系の企業でそれなりに評価されるので、十分に就職で役に立つツールと言えますね。

就職先は英語が使えるかどうかで選ばない

留学してある程度英語が話せるレベルで身に付いたとしても、英語が使える仕事かどうかで就職先は選ばない方が良いです。

良く留学して英語が話せるようになると「英会話スクール」「留学エージェント」「通訳者」「翻訳家」など英語に携わることができる仕事について英語力を維持しよう、仕事をしながら英語力を伸ばそうと考えがちです。

しかし、今どきはオンライン英会話、コミュニティ、シェアハウスなどいくらでも英語環境を作ることができるので、英語を軸に仕事を決めるのは非常にもったいないですね。

せっかくなら、英語を使えることも評価される外資系、海外展開している企業、海外就職のどれかを選ぶのが良いでしょう。

例えば、仕事で英語が使えるからと英会話スクールなどで勤務したとしても今どきの年収は多くて300万円程度です。

それが、英語が評価されやすい外資系であれば年収は600万円~800万円クラスになります。

もちろん、職種によるので英語が出来るだけで誰でも挑戦出来るわけではありませんが、外資系であれば英語力で道は大きく開けるのは間違いありません。

留学で身に付けた英語をツールとして海外就職を狙う

英語をツールにして高給取りになる一番簡単な方法は海外就職です。

海外就職であれば、年収が300万円だったとしても、物価の安い東南アジアなどであれば300万円の価値は2倍~3倍に跳ね上がります。

日本であれば節制して地方都市生活していれば月に10万円程度で済みますが、これが都会であれば一人暮らしでも平均15万円は必要になります。

しかし、東南アジアであればそこそこ贅沢に暮らしても1ヶ月10万です。

さらに、海外勤務であれば会社が部屋を用意してくれたり、家賃補助が付いたりもしますので、自分の生活に必要な固定費が下がる特典が付く可能性も非常に高いです。

実際に私の友人も日本でオンライン英会話の企業に就職してフィリピン勤務をしており、給料は日本の給料+家賃無料なので、月に5万円も使わずに生活しています。

オンライン英会話なので高給ではないですが、月25万円でも20万は貯金できる計算になりますね。

日本で生活していれば、かなり節約しても10万円貯金できればかなり頑張った方ですし、実際に東京で一人暮らしする人の1ヶ月平均の貯蓄額は3万円も無いそうです。

さらに彼は英語はペラペラですが、仕事で英語を使うことはそれほどありません。

実際に仕事に英語力が関係しているかと言えば「話せれば良い」程度で、月20万貯金できる仕事についているのです。

同じ仕事でも英語を使って海外で勤務するだけで自分の価値が2倍にも3倍にもなる可能性があるということですね。

英語を使った仕事で英語力を伸ばすために仕事をするか、英語で自分の価値を高めるかの違いですね。

doda(デューダ)

まず、私のような雑多なタイプの方に一番お勧めしたいのが深田恭子のデューダ子でお馴染みのdoda(デューダ)です。

デューダの良いところは、高学歴、専門職以外の未経験でもOKの仕事もたくさんありますね。

さらに、海外勤務も専門職でなくても英語が話せれば働ける可能性がある仕事が掲載されています。

普通に海外で私の知人が働いているような会社も掲載されていますので現実味がありますね。

リクルートエージェント

私のような高卒で雑多な人生を送っている人は使っても意味がありませんが、しっかりと大学を卒業して、転職回数も少なく頑張ってきた方であればリクルートエージェントに登録すると良いでしょう。

やはり企業規模が違うので、求人数も多いですし、サポートもしっかりとしていますね。

ただ、何度でも言いますが「大学卒」もしくは「専門性の高い職歴」が無いとあまり相手にしてもらえません。

パソナキャリア

パソナキャリアも転職業界ではトップクラスの求人数ですので、登録しておいて良いでしょう。

リクルートも同じですが、ホームページ上で検索できない非公開求人がほとんどなので、サポートを受けてみないと分かりませんね。

私の友人にも一人パソナキャリアを使って海外就職をした人がいますが、かなり親身になってくれたのですぐに見つかったと話していました。

もちろん、その友人は有名大学出身で元営業職だということも有利な点でしたけどね。

特に東南アジア圏だとなんらかの技術者か英語もできる営業が求められています。

と言っても、海外での営業先は日本人が相手がほとんどなので英語力はそれほど必要ない場合が多いです。

英語は現地の人と働く際に意思疎通するために必要だという程度なのでハードルはそれほど高くありません。