英語学習

英語の発音練習を一人で効率よくする方法

英語の発音練習を一人で効率よくする方法
タマ

発音の練習ってどうすれば良いんですか?
一人でやってても合ってるかどうかも分からないですよね・・・。

発音練習は初心者でも可能な限り初期の段階で行っておいた方が良い学習です。

日本人は、基礎の発音の重要性をあまり認識していないので、なんだかんだと理由をつけて発音を後回しにしてしまう人は結構多いです。

しかし、後から身につけるよりも先に一通りやっておいた方が確実に効率よく英語を身につけることができるので発音は絶対に先にしておくのがおすすめです。

ここでは、30歳を超えてから英語の学習を始めたのに独学でネイティブ並みの発音を身につけている人が行っている学習法をご紹介します。

この記事のポイント

・英語の発音練習が一人でできるようになる

・簡単なのに行っている人が少ない練習法

英語の発音練習を一人で効率よくする方法

英語の発音練習を一人で効率よくする方法

英語の発音練習を一人で効率良くする方法はズバリ・・・

自分の声を録音してしっかり聴き比べること

これに尽きますし、これは初心者だけでなく、中級者や上級者の方がより有効です。

英会話スクールやオンライン英会話でも、発音の授業を受けていると、先生に直されて違う言い方をしたらGOODになるけど、自分では何故直されて、何故良いのか違いがよく分かっていないということが頻繁にあります。

そういった発音についての相談がよくあったのですが、その時にいつもお勧めしていたのが授業中には全ての声を録音することです。

先生が良いと言った音、ダメだと言った音、それを音声として自分で聞き比べれば何がダメなのかすぐに分かるからです。

同じように独学で学習するときも、 参考になる音源の音と同じような音になるように何度も録音して聴き比べながら練習していけば十分に一人でもできます。

むしろ、何が正解か理由もわからずに授業を受けているより数倍効率が良いですね。

何故か発音を後回しにする日本人英語学習者

マキ

私は発音にこだわらないので、日本語英語でも伝われば良いのよね。

だからフィリピン人から発音学ぶくらいなら、もっと話せるようになることを優先したいわ。

このようなセリフを聞いたのは1度や2度ではありません。

しかし、そういった人の英語に限って、伝わっているのではなく、相手が聞き取る努力を強いている場合がほとんどです。

自分がお客さんだったり、社会的に上の立場の人であればそれでも生きていけるかも知れませんが、何の関係性もない人相手ではそうは行きません。

完璧な発音で流暢にペラペラと話す必要はまったくありませんが、最低限相手に伝えることができる発音は必要ですね。

独学の教材は市販の発音練習本で良い

独学で発音の練習をするための教材というのは非常に良いものが出回っていますので、そういった本を使って学習すればまず問題ありません。

まず、最初はフォニックスなどが理解しやすいのでおすすめです。

初心者が正しい英語の発音ができるようになるための厳選おすすめ教材

ただ、注意して欲しいのが最初からこだわりすぎないことです。

0歳~8歳未満※で自然に英語が身につくと言われるクリティカルエイジならいいですが、大人になってから発音の練習を始める初心者が、初期段階でネイティブ発音を身につけるというのは無理がありすぎます。※クリティカルエイジは13歳位まで幅あり

初期の練習でそこまで高い発音のクオリティを求める必要はありません。

最低限A~Zの正しい音、子音の音を一通りなんとなく学習し、それを元にして単語や文章を使って発音練習すれば十分です。

私もたくさんの英語学習書を見てきましたが、独学で発音の学習をしてきて、どうやっても直せないほどひどい発音を身につけているような人に会ったことがありません。

ロク

それよりも、通じればいいからと完全に発音を無視して英語を学習してきた人の方がかなり厄介ですね。

初心者には音声認識が非常に高度なスタディサプリが優秀

音声認識が優秀で、効率的に英語の練習をすることができるのがスタディサプリです。

1ヶ月980円するので固定費はかかってしまいますが、かなりしっかりと作りこまれているので、発音も意識しながら単語や英文の練習をするのには本当に便利です。

発音はリスニングにも大きく関係するのですが、特に初心者にはリスニングplusというリスニング力を上げるための基礎練習ができるのが素晴らしいですね。

英語学習を続けている中級者などでも、意識していないような情報もしっかりと基礎から説明されていますので、2ヶ月から3ヶ月利用するだけでも十分に価値があります。

オンライン英会話をする勇気がない?緊張する?なら自己学習アプリ

中級者からはシャドーイングなどで徹底的に真似をする

発音をネイティブに近づけるには、やはり徹底的にネイティブの音に近づける努力をしないといけません。

またネイティブの音は発音だけでなく、イントネーション、アクセント、リズム、リエゾンなど全ての要素を意識しないとネイティブの音に近づけるのは難しいですね。

そういった要素を練習するには、やはり教材についてくる音源ではなく、実際にネイティブが話している英語を使ってシャドーイング、オーバーラッピング、リピーティングなどの練習をするのが効果的です。

このような練習をする場合も、しっかりと録音をして音を聴き比べながら練習するのがおすすめです。

シャドーイングでは英語力は伸びない・あなたにはまだ早い?

Googleの音声認識を利用する

自分がこれから練習しようとする英語は、まず最初に Google の音声入力を使って自分が話す英語が正しく認識されるか確認してからすると良いでしょう。

Google の音声認識は、普通に販売されている翻訳機にも利用されているので、かなり優秀です。

例えば英語を日本語にするなどは苦手ですが、日本語を日本語、英語を英語として認識するのはびっくりするぐらい優秀です。

私もブログなどはほぼ音声入力を利用して書いていますので、タイピングして入力するよりもかなり早いですね。

私は、前にイギリス人ネイティブやフィリピン人と一緒に Google の音声認識で遊んだことがあります。

すると、彼らの英語は1発目で90%以上認識されるのに、私の英語は50%~60%程度しか認識されませんでしたので精度はかなり高いと言っていいでしょう。

一人学習には欠かせないツールですので、是非活用して下さい。

まとめ

発音の練習は一定レベルまでは一人ですることが出来ますので、まずは教材やアプリなどを利用して独学で始めましょう。

一切お金を使いたく無ければ今どきはYoutubeにたくさんの動画があるのでそれを利用するのも良いですね。

初期に発音の練習をしておけば、リスニング力も上がりやすいですし、後から発音を大幅に修正する必要がなくなりますので絶対にやっておくことをおすすめしますよ。

英語力が伸びない中級者はライティングができない・話すだけじゃダメ