オンライン英会話

留学前に日本について英語で話せるようになろう・話題が無いと友達できない

タマ

留学とワーホリで外国人の友達をたくさん作ってみたいと思って現地へ行ってみると、あまりにも自分の英語力が無いのでまったく会話が続きませんでした・・・

これはこれまで私が相談に乗ってきた留学生などの体験談で、よくあることのTOP5に入る悩みですね。

せっかくネイティブと話すチャンスが会っても、相手の質問に答えられないので会話が続かないということはとてもよくあって、多くの人が日本でもっと日本のことを勉強しておけば良かったと口にします。

ここでは留学前の準備として、話題作りの大切さとおすすめの方法をご紹介します。

英語力が無いのと会話が続かないのは別の話

まず、ホトンドの人が勘違いをしていることがあります。

それは・・・

英語力が無いことが原因で会話が続かない

という思い込みです。

かなりの人が自分の英語力が低すぎることを理由に「質問されても答えられないし、外国人と会話が続かなかった」と話をするのですが、それはかなりの勘違いです。

もちろん「質問されている意味が分からなかった」「全然聞き取れなかった」という人は仕方ないのですが、大半の人は英語力が低いのではなく「話のネタが無い」ことが原因です。

留学前に日本について勉強・聞かれても答えられない

ようやく英語が話せるようになったレベルの人は、頭で思いついていることをすぐに話す事ができないことが会話ができない理由だと思ってしまいますが、英語で話を続けるのに大切なことは「持ちネタの多さ」です。

コミュニケーション能力は、個々それぞれの性格などもあるので、簡単に身に着けることは出来ませんが、会話のネタになる話題は英語力が無くても身に着けることができます。

世の中には英語で話のネタにするための教材は山程ありますので、そういった本を覚え込むほど読んで練習すれば思ったことを話せる英会話力が無くても「話のネタ」が頭にあるので、拙い英語力でも会話を続けやすくなりますね。

アヤ

「話題が続けられる=英語力」なんだからネタが多いのも英語力なんじゃないの?

と思うかも知れませんが、話題が続けられない人の多くは話せないのではなく、そもそも知らないし、準備もしていないんです。

・相撲や歌舞伎なんて見たこと無いし、興味もない

・マンガ見ないから知らない

・選挙もほとんど行ったことがないし、政治は興味がない

・宗教なんて知らないし、信仰でテロや弾圧とか興味もない

・日本ですら行ったことがない場所ばかりで知らない

このような感じで、自国のことについて知らない人や興味がない人は本当に多いですよね。

例えば、日本のことに興味がある外国人が居て「日本に行ったらどこで何をすれば良い?どこかオススメの観光地はある?」と聞かれた時に「東京と大阪」なんて言われても「そんなの知ってるよ」と思われてしまって話は終わりです。


もっとしっかりとした会話を楽しみたければ、会話は拙くても「観光客はあまりいかないけどこの場所やお店がオススメで、その理由はコレ」などと自分の意見を交えつつ話をすることで、相手もこの人と話すことには価値があると思って会話を続けてくれるようになります。

もちろん何を聞かれるかは分からないので、それは積み重ねでしか無いのですが、少なくても日本の主要なことについて日本語で考えられる程度の知識は入れておきたいですね。

英語のネタ作りに自分の街や日本の話題

海外で外国人と話していると分かりますが、多くの外国人が自国のことについて結構詳しく知っていますし、政治、文化、宗教、時事などについて話込めるレベルで話題を持っていることに気付きます。

私も、今でこそ仲良くなった外国人とは政治や宗教の話をすることがありますが、最初のうちは自国の政治のシステムすら説明できませんでしたし、日本の政治について質問されても「興味がないから分からない」としか言えませんでした。

もちろん、その手の話は初対面ではタブーなのですることはありませんが、日本がどんな国なのか、観光地ネタやカルチャーネタなどはしっかりと仕込んでおきたいですね。

例えば、オンライン英会話でよくお勧めしているネイティブキャンプでは「都道府県教材」というレッスンがあり、日本全国各地域の話題が練習できるようになっています。

例えば、東京であればこの様な流れになります。

1.東京についての話題を先生とロールプレイと東京についてスモールトークを3パターン

2.東京について6個の質問

3.東京を10秒で伝える

4.東京についてのトリビアを読んで質問に答える

5.東京についてフリートーク

6.東京について音読

7.今日の復習

何も全国する必要はありませんが、留学やワーホリ前に自分の出身地、東京、大阪、京都、広島など外国人によく知られている街については話せるようにネイティブキャンプで練習しておくと良いでしょう。

これもフリートークと同じようなレッスンですが、フリートークよりも話す題材がしっかりと決まっているのがおすすめのポイントです。

例えば自分の出身地でも、レッスンで一度話して終わりではなく、先生を替えながら5回、10回と同じ場所を練習すると本当に使えるレベルで身に付くので効果が高いですね。

留学やワーホリ前に24時間定額で受け放題・都道府県教材を無料体験