海外就職

留学後の就職先を見つける3つの方法・社会人でも目的があれば大丈夫

留学後の就職先を見つける3つの方法

 

タマ

年齢的にも最期のチャンスかも知れないから仕事を辞めて留学してみたいけど、やっぱり留学後の再就職を考えると不安なんですよね・・・

 

無職になることは怖いですし、不安なのは確かですが、海外留学は本気で頑張れば自分の可能性を限りなく広げてくれるとても有意義なことです。

 

しかし、留学カウンセラーとしても活動している私のところへ相談へ来た方でも、留学後の就職で苦労している人もいるので「大丈夫なんとかなる!」と簡単に後押しすることもできません。

 

ただ、明確な目的を持って留学すれば30代の社会人でも十分にキャリアアップと収入アップに繋げることができますので、まずは不安解消のために留学後に就職先を見つける方法からチェックしてみましょう。

 

留学後の就職先を見つける3つの方法

 

まず、現実的な話をすれば、留学して英語に関わる仕事が就きたいと希望して、実際に英語に関わる仕事に就ける方はそれほど多くありません。

 

何故かと言えば、英語を必要とする会社にとって英語を話せる人が来るのは当然であり、その当たり前に英語を話せる人の中から人選するのですから、英語が有利になることはありません。

 

また、英語を使えるようになって就職と意気込んで留学し、大半の人は「これで英語を話せるとは言えない」「就職には役に立つレベルじゃない」と現実を知って諦めてしまう人は圧倒的に多いですね。

 

ですので、社会人が留学するのであれば「英語+スキル」を意識することが重要です。

 

もちろん、現時点でスキルはあるけど英語がダメと言う人は、スキルを使った就職自体には困らないと思いますので、英語を習得すればキャリアアップの可能性は高いと言えますね。

 

また、最近では最低限の英語があれば評価の対象になる仕事もかなり増えていますので、特に海外就職や外資系は一昔前と比べると有利になっていると言えるでしょう。

 

そこで、留学後に就職先を見つける3つの方法をご紹介します。

 

留学経験者対象のジョブフェアなどに参加する

 

留学経験者やバイリンガルなどを対象としたジョブフェアが年に何度か開催されていますが、その中でも学生や若い世代が利用する有名なイベントがキャリアフォーラムです。

 

キャリアフォーラムは東京、大阪、ボストン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ロンドン、シドニー、上海など各地で開催されています。

 

特にアメリカでの海外留学生に有名なのがボストンのキャリアフォーラムですが、アメリカに関係ない人は、普通に東京のキャリアフォーラムに参加するのが良いでしょう。

 

規模的にも、ボストンと変わらない200社近くのグローバル企業が参加していますので、十分にチャンスはありますね。

バイリンガルのための就職・転職サイト「キャリアフォーラム」

 

もう一つのジョブフェアがマイナビが開催する「マイナビ国際派就職」です。

⇒マイナビ国際派就職
主に東京と大阪で開催されていますが、韓国、オーストラリア、アメリカ、中国でもイベントを行っています。

 

これらのジョブフェアは基本的に学生向けですが、若い世代であれば社会人でもチャンスがあります。

 

留学先にある日本人運営の就職エージェントに相談する

 

大体どこの国へ行ってもありますが、その国で日本人が運営している就職エージェントに相談するのも良いですね。

 

大きな会場では、給料がよくキャリアアップに繋げられるような企業が多いので買い手市場になってしまいますが、小さなエージェントの場合は就職希望者を斡旋して始めて利益になるので結構頑張ってくれます。

 

大きな企業を斡旋することはあまりありませんが、ローカルレベルでの中小企業などの案件も持っていて、海外就職を獲得しやすい傾向にあります。

 

ただし、一般的なジョブフェアで仕事を探すよりは、小さなエージェントは給料が安めの案件が目立つのでそのあたりは上手く折り合いを付けなければいけません。

 

また、特にアジア圏であれば現地フリーペーパーが求人募集していたり、ネットにある現地コミュニティーの売り買いします的な掲示板などでも募集していることもありますのでチェックしてみましょう。

 

オンラインで転職エージェントに登録する

 

こちらは、学生向けのキャリアフォーラムなどより、20代後半から30代の社会人にとっては一番一般的な方法ですが、ネット上で求人を調べられるのでやっぱり便利です。

 

転職エージェントはたくさんありますし、それぞれ特色があるので登録してリサーチしておくと自分の状況も分かるので良いでしょう。

 

日本で仕事を探す・海外で仕事を探すならとりあえず無料で会員登録して、どんな仕事があるか見てみましょう。

 

 

特にクリエイティブなスキル有りの人であれば、下手に自分で探すよりも良い案件を持ってきてくれるので有利になる場合もありますね。

 

いろいろと登録しておけば、何かで引っかかる可能性もあるので、気になったら登録しておきましょう。

 

留学後の就職は留学前にある程度決めるべき

 

ジョブフェアや転職エージェントで留学後の就職活動をすることは出来ますが、基本的には留学後の就職は留学前に当てを付けておくことです。

 

どんな職種に就きたいのか?

その仕事にはどんなスキルが必要なのか?

どんな人材が求められているのか?

 

これらを知らずに留学して、留学後に活動を始めても時すでに遅しです。

 

留学してから探そうなんてのんきなことを考えて、仕事をより好みしていると1年経っても無職のままなんてことは良く有ることですからね。

 

最初から、転職のための目標を決めて留学しておけば、留学中はそれに向けて言語学習とスキル習得に励むことができるので、何をして良いか分からずに路頭に迷うことはありません。

 

また、留学中に留学後の心配をして学習に身が入らなかったり、仕事探しに時間を取られてしまうということになるのも防ぐことができるので、より有益な留学にすることができますね。