オンライン英会話

Side by Sideで先生によって文法説明が違って困る時の対処法

オンライン英会話でSide by Sideの授業を受けていて、文法の質問をすると同じトピックでも先生によって言っていることが違うことがよくあって困るんですけど。

Side by Sideだけではないですが、オンライン英会話でもフィリピン留学でも、先生によって文法の説明が違って混乱してしまうことは良くあります。

明確に間違いを教えている先生も居れば、どちらも正解と言えるような場合もあって困りますね。

そこで、留学生から同じ様な相談を何度も受けたことがある私の経験から、Side by Sideで先生によって文法説明が違って困る時の対処法をご紹介しましょう。

外国人の先生に文法の質問なんて時間の無駄

まず、結論から言えばオンライン英会話だろうと、留学だろうと先生に文法の質問をするということが時間の無駄です。

英語の文法は、日本語の教科書を使って勉強した方が数倍効率よく学習できますので、授業中に先生に質問をするということがどれだけ時間の無駄かということです。

先生の方も、英語が理解出来ない人に英語で説明するのはとても難しいですので、聞いた質問よりも答えの説明の方が難しくなってしまうことも多々あります。

特にSide by Sideは、生徒用の教科書そのものに答えが掲載されていないので、分からない答えは先生が教えてくれるという形になるために、先生によって答えが違うなんてことはよく起こりますね。

一応、Side by Sideには回答付きの「Teachers book」も販売しているのですが、無駄に高いですので、海賊版を使うことが当たり前のフィリピンで先生に回答を配布しているようなオンライン英会話はまずありません。

教えている講師も文法は完璧ではない

例えばこんな話があります。

A先生に質問したんだけど、なんだか納得できない回答だったからB先生に同じことを聞いたらまた違うことを言っていて、自分で調べたらB先生が正解で、もうA先生は信用できない。

A先生は好きだったけど、信用できないからもう受けるの止めよう。

中には真偽を確かめて、わざわざ先生に「間違ってた」と怒ってクレームを付ける人もいます。

確かに気持ちは分かりますが、先生だって間違いの2つや3つして当たり前です。

人によっては、ネイティブ講師に文法を聞いたらもっと怪しい説明をしているにも関わらず「ネイティブだから間違いない」と納得してしまう程度の些細な問題です。

また、英語には国でも地域でも「文法だけで見ればこれは正解だけど、この様な使い方はしない」というようなことが良くありますので、一概に何が正解かなんてことは言えません。

むしろ、ネイティブは絶対使わないのにフィリピン人は良く使う英語なんてゴロゴロあります。

反対に、フィリピンはアメリカ英語なのに「Can I use the bathroom?」と言ったら「シャワー使うの?笑」というような顔で失笑されますからね。

言葉の使い方や認識は場所によって、独自に変化していくものなので、そういうものだと飲み込むのも英語でのコミュニケーションには大切です。

Side by Sideを使って、フィリピン人、イギリス人、アメリカ人、オーストラリア人、アフリカ人、セルビア人などなどいろんな人に同じ質問をすれば、いろんな回答があることはすぐに分かりますね。

対処法・自分が予習して理解していないのに受講しない

基本的なことを言えば、オンライン英会話や留学での授業で英語の勉強をしている時点で、英会話力が伸びるようなことはホトンド無いと言って良いでしょう。

もちろん、どうやって利用するかは個人の勝手ですが、オンライン英会話で英語が話せるようになりたければ、勉強のために受講するのではなく、先生を使って話す練習をするために授業を受けないとなかなか効果はでませんね。

そして、勉強ではなく練習のためにオンライン英会話でSide by Sideを利用するのであれば、自分が受講するパートは前もって予習しておくことが大事です。

英語を話す練習のための授業を受けているのに、自分が話している内容を理解せずに口にしていても意味がありませんよね。

さらに、授業を受けていて分からない箇所が出たからと授業中に質問をしてしまっては、話す練習をするための時間が先生の説明を聞く時間に変わってしまって、気付いたら納得できないまま25分が終了してしまいます。

まとめ

とにかく、授業で先生に質問することを英語の練習だと勘違いしている人は、時間とお金の無駄なのですぐに止めた方が良いですね。

先生に質問して間違っていたしても、間違いを見つけることができた自分を褒めてあげれば良いだけで、わざわざ先生がどうこう言う必要もありません。

もちろん、先生のミスを見つけたら「間違ってるじゃん(笑)」と言い合えるような関係になれば良いですよね。

しかし、さすがに25分の授業ではそんな関係は構築できませんし、適当なことを言って誤魔化す無駄にプライドが高い先生の方が多いのが事実なので、そういった無駄な労力は使わないことをおすすめします。

ペラペラ話せて文法談義が好きなら自由にすれば良いですが、これから英語を身に着けたい初心者にとっては無駄でしかありませんよ。