フィリピン留学

セブ島留学で選んではいけない学校3つのポイント・学習法が無い

セブ島留学で選んではいけない学校の3つのポイント

 

アヤ

流行りのセブ島留学をしようと思っているのですが、学校が多過ぎてどんな学校が良いのか全然分かりません。何か学校選びのポイントはありますか?

ロク

学校を選ぶポイントを探すよりも、セブ島留学で選んではいけない学校のポイントをチェックしてみるのもおすすめですよ。

 

海が目当て、リゾートが目当てなど楽しみを重視して留学したい人は気にする必要はありませんが、英語のために本気でセブ留学したい人には選んではいけない学校のポイントは重要ですね。

ここでは、語学学校で働き、留学カウンセラーとしてたくさんの学校を調査してきた私の経験からセブ島留学で選んではいけない学校のポイントをご紹介します。

 

セブ留学でどの学校でも気にしなくて良い人

 

セブ島留学への希望がリゾートでののんびり英語学習的で、最初から英語半分、遊び半分で留学する人も当たり前にいます。

何も留学する人が全て絶対に英語を身につける覚悟じゃないといけないなんてことはありませんからね。

そういった人の場合は、カリキュラムなども特に気にする必要はありません。

英語学習に本気で無いのであれば、どの学校を選んでも良い学校か普通の学校か程度の差しかありませんからね。

海に近いかどうか
国際交流ができて楽しいかどうか
アクティビティやイベントなど出会いが多いかどうか

セブ留学は遊び好きな人であれば全力で楽しめる環境はありますので、楽しみたい人はこれからご紹介するような選んではいけない学校を選ぶのもおすすめです。

 

セブ島留学で選んではいけない学校3つのポイント

 

2019年7月現在でセブ島には正式に登録されている学校だけでも約70校の語学学校があります。

そして、多くの学校がこの様なことをアピールしています。

採用率数%の厳選された質の高い講師が揃っている
個々の希望とレベルに合わせたオーダーメイド学習
日本人が快適に過ごせる生活環境
こだわりの健康的でおいしい食事
日本人スタッフの手厚いサポート

ウソかホントかは置いておいて、だいたい同じ様なアピールばかりですので、学校探しをしている留学生は何を根拠にすれば良いのか分からずに学校探しに疲れ果ててしまいます。

そこで大事な要素として案外使えるのが「選んではいけない学校の3つのポイント」です。

 

ロク

この3つのポイントを排除していけばかなり限られてきますよ。

 

1.どういった学習方法なのか明確に分からない学校

 

学校選びの基本中の基本ですが、その学校ではどういった学習方法で英語力を段階的に伸ばすことができるのか明確に読み取ることができない学校は避けるべきです。

しかし、ハッキリ言ってセブ島留学にある学校で英語力を伸ばすための学習法が分かる学校はほとんどありません。

この段階で、十中八九の学校が脱落していきますね。

だいたいの学校が、どこかの英語学習サイトで拾い集めてきたような内容を書いてあるだけです。

 

学校
学校
リスニングが聞こえない理由はリエゾンや正しい発音を理解していないからなので、当校では理解し聞こえるように学習することができます。

 

このようなことはこのブログのような英語学習について書いているブログから引っ張ればどこの学校でも書けます。

しかし、残念ながらそれを克服するためのどのような学習法を提供しているかまで説明している学校はほんの僅かです。

学校に行ってみないとどのような方法で学習するのかも分からないのでは、数十万円単位のお金を払って留学するリスクが高過ぎますよね。

もし、ホームページに言葉で説明が無かったとしても、どのような授業内容か見て分かる動画がアップされている学校を選ぶと良いでしょう。

 

2.完全オーダーメイド制の学校

 

セブ島留学にはオーダーメイド制の学校がよくありますが、やたらとオーダーメイドを前面に出す学校は避けた方が安全です。

その理由はいくつかありますが、1番大きな理由は「オーダーメイドの学校ほど中身が無い」からです。

例えば、その学校の柱となる学習法や英語を伸ばすための理論があれば、自信を持って「この様な授業を柱に皆さんの英語力を伸ばすことができます」と言い切ることができます。

しかし、そのような学習法へのこだわりがない学校ほど「生徒の希望を聞いて合わしておけば良い」という考え方になってしまいます。

この場合、英語が伸びる伸びないよりも「生徒の希望を聞いて生徒が満足していること」に重点がおかれるので、いかにも「勉強している風の授業」で終わりますね。

 

ロク

同じオーダーメイドでも学習法にこだわりがあり、その中でスピーキング強化、リスニング強化、発音強化などに調整できる学校がおすすめです。

 

3.受け入れ生徒数に対してカリキュラムが多すぎる学校

 

受け入れができる定員数がたいして多くないのに、受講できるカリキュラムが多過ぎる学校も避けた方が良い学校です。

例えば定員数が30名から50名程度なのに「日常英会話」「ビジネス英会話」「TOEIC対策」「IELTS対策」「TOEFL対策」「英検対策」など何でも対策可能ですというような学校は限りなくアウトに近いです。

なぜかと言えば、試験対策だけを取っても「TOEIC対策」「IELTS対策」「TOEFL対策」の全てに対応することは非常に困難です。

この3つは試験対策とまとめられる事が多いですが、TOEICは適当でも良いとしても、IELTSとTOEFLはそれぞれに専門性が無ければ対応できません。

しかし、50人程度の学校であれば全ての先生が全ての教科を教えるのが当たり前ですので、試験対策専門の先生を設置するようなこともできません。

すると専門的な授業を希望する生徒さんが増えた時に、先生全員が同じ基準で教えることはまず無理ですので、明らかに対策などできないインスタントな先生が対応していることが多々ありますね。

日常英会話、ビジネス英会話、TOEICの3つ、または試験対策専門で初心者も可能というような学校であれば良いですが、初心者、ビジネス、試験対策などなんでもハイレベルで対応できるような書き方をしている学校は避けた方が安全です。

どうせ選ぶのであれば受け入れが100人や200人を越えている学校で、各種の専門コースを設置してあり、専門の先生が担当している学校を選ぶのがベターです。

 

留学で選ぶと失敗する学校のまとめ

 

フィリピン留学について何も知らない留学生が良いポイントだけを見て学校を選んでも失敗する可能性はとても高いですので、選んではいけないポイントでチェックするのはかなりおすすめです。

それでも、全ての学校をチェックしてまわるのはかなりの時間と労力が必要となりますので、まずは留学エージェントに問い合せをしてみて、その中でおすすめされた学校をチェックしていくのが効率が良いですね。

留学エージェントもたくさんありますが、いくつかのエージェントだけ気を付けて、根こそぎ同じ問い合わせをしてみると良いでしょう。

 

フィリピン留学はエージェントを通さないと損をする
フィリピン留学でエージェントを通さないのは損です・デメリット多いフィリピン留学を考えているのですが、エージェントを利用するのとエージェントを通さないのでは何がどう違いますか?留学ってエージェントを通さない方がお得なんですよね?ここでは、フィリピン留学をするのに留学エージェントを通さないデメリットについてご紹介しましょう。...
フィリピンで学校を運営している留学エージェント
留学エージェントが学校運営してるってホント?おすすめは自社の学校フィリピン留学でいくつかの留学エージェントが自社で学校を運営して、何をおいても自社の学校に留学生を送り込むって聞いたのですがホントですか?フィリピン留学では留学エージェントが学校を運営していることは珍しくありません。ここでは、学校を運営しているエージェントについてお話してみましょう。...