フィリピン留学

TOEIC 留学を1週間する効果は?【TOEIC600点以上ならおすすめ】

TOEIC留学を1週間する効果は?【TOEIC600点以上ならおすすめ】

 

アヤ

1週間の休みがあるのでせっかくだからTOEIC留学を1週間しようと思いますが、1週間で何か効果はありますか?

マキ

そんなの無駄に決まってるし、お金がもったいないよ。

 

フィリピン留学であれば1週間の短期からできるので、長期休暇を利用して超短期で留学する人も少なくありません。

私はたくさんの留学生を見てきた経験から、TOEIC留学で1週間の超短期でも無駄かどうかではなく、やってみたいのであればするべきだと思いますが、効果があるのかどうかはやはり気になりますよね。

ここではTOEIC留学を1週間する効果だけにフォーカスして留学する意味があるのかについてまとめています。

 

1週間留学が無駄かどうかについてはこちらをどうぞ。

1週間の超短期留学なんてやっても意味がない?留学すべき3つの理由
1週間の超短期留学でも意味はある・社会人が短期留学する3つの理由 1週間留学が無駄かどうかで言うと、フィリピン留学をして語学学校で働いていた私の結論は「英語が伸びなくても興味...

 

TOEIC 留学を1週間する効果は?

TOEICのために留学を1週間して点数を上げる効果があるかどうかと言えば・・・

さすがに1週間でTOEICの点数が上がるということは非常に難しいですね。

まったくTOEICを経験したことがない人であればTOEICはどのようなものであるかということは理解出来ると思います。

ただ、そんなことのために高いお金を払うくらいであればスタディサプリのTOEICテスト対策の1週間無料体験を利用する方がよほど有益ですけどね。

1週間のために15万円近いお金を使うなら、スタディサプリのTOEICテスト対策を1年使っても3万円程度ですので、どれだけコスパが違うかは言うまでも無いですね。

しかし、TOEIC600点ほどの人であれば、1週間の留学をTOEICのために有効に使う方法はあります。

 

ロク

なぜTOEIC600点以上かというと、それくらいの基礎力が無いと1週間で効果を出せるほど学ぶことが理解ができないからです。

 

セブのサウスピークで1週間の留学

 

1週間のTOEIC対策に留学するのであれば、どこの学校に行っても良いと言う訳ではありません。

何も考えずに料金だけで決めるとまず間違いなくお金を捨てるだけになるので、TOEIC留学を1週間するのであれば必ずTOEICに特化しているレベルの専門校を選択する必要がありますね。

例えば、セブ島であればTOEICで有名過ぎるサウスピークです。

サウスピークでは、1週間の短期から長期留学まで期間とレベルに適したカリキュラムを組んでくれますので適当に勉強して終りの留学にはなりません。

もちろん、サウスピークは本気留学を掲げているので1週間でも楽な留学は出来ませんが、サウスピークの手法で長期間の留学は厳しい人でも1週間であれば乗り切れるでしょう。

 

ロク

ちなみにサウスピークでは、留学前と留学後に必要な学習の道のりも教えてくれますので、実質1週間以上の価値がありますが、他の学校では無理ですよ。

 

そして、そのサウスピークの授業の中でも、TOEIC600以上の人であれば有効活用できるのが発音矯正です。

 

サウスピークで発音矯正をしてリスニング力UP

 

サウスピークといえば「少ない授業で長時間の自習」で有名ですが「発音矯正」にもフィリピン留学で1位、2位を争う評価を得ています。

フィリピンの語学学校を10校、20校と見学したり、たくさんの先生からレッスンを受けていないと授業の極一部の動画を見ても価値が分からないと思いますが、フィリピン留学でこれくらい出来る学校はほぼありません。

それっぽい授業をしていたとしても、理由、効果、意図を理解して授業をしている先生がどれくらい居るかと言えば限りなく少ないのは間違いないですね。

フィリピン留学をするのに一番価値があるのは「発音矯正」「ライティング」「スピーキング」ですので、この発音矯正の授業を受けるだけでも十分に1週間留学する価値があります。

しかし「発音矯正がどうしてTOEICに関係あるの?」と言えば大きな理由が一つあります。

 

正しい音を知ることでリスニング力が上がる

 

リスニング力を上げるというと一般的には「リスニングのクラス」を受講すると思われがちです。

「聴く→聴き取れたか確認する→分からなければ答えを聴く」と言った流れのリスニング力アップにまったく効果のない授業です。

また、中にはカタカナ英語でも通じるんだから発音なんて後回しで良いという人もいますね。

しかし、リスニング力を上げるためには正しい発音を知ることは非常に重要ですし、正しい発音が出来ない人の英語は間違いなく通じていません。

カタカナ英語が通じているとすれば、通じているのではなく相手の優しさと理解しようとしてくれる努力に助けられているだけです。

そして、リスニングが出来ない人の多くは正しい発音を知らないので音を聞き取れないのが大きな原因の一つになっています。

日本語にまったくない発音がたくさんあるのに、英語の音を知らずに英語が聞き取れる訳がありませんし、そんな状態でリスニング力が上がる訳がありません。

ですので、徹底した発音の練習をして正しい英語の音を知れば自然とリスニング力が上がり、その結果TOEICの点数アップにも繋がるということですね。

 

音の繋がりやリエゾンが理解できる

 

発音矯正で正しい英語の音を知ることで音の繋がりやリエゾンなどが理解出来るようになります。

初心者の英語学習者は英語を聞き取れない理由を「単語が分からない」ことを聞き取れない理由としてあげたりします。

しかし、聞き取れなかった英語の字幕を見てみると非常に簡単な中学英語だったりすることが多々あります。

これは、本格的な発音の練習をしたことがないので、英語の繋がる音やリエゾンを知らないから起こります。

簡単なところで言えば「a lot of」を私達は「ア・ロット・オブ」と習っていますが、英語では「a lάt(ə)v」になるので「ア・ロタブ」に音が変わります。

こういったことも、発音矯正を受けることで聞こえなかった音が聞こえるようになりますね。

これでまたTOEICリスニングのスコアアップ間違いなしです。

 

シラブルが理解できる

 

フィリピン留学の学校でもほとんど取り入れている学校はありませんし、取り入れていても重要さを伝えられていないのがシラブル(音節)です。

正しい発音矯正のレッスンを受講していれば、劇的に英語が聞き取れるようになるシラブル(音節)が理解出来るようになります。

シラブルについては長くなってしまうので別の記事をご参考にどうぞ。

日本人訛りの英語で良いけど発音は正しくないとダメ・訛りと発音は別 私も留学や語学学校で働いた経験から、たくさんの英語学習者に会ってきましたが、発音学習をおざなりに考える人には、訛...

 

セブ島のサウスピークでTOEIC留学を1週間

 

私は特にサウスピークの関係者ではありませんが、客観的な視点から見てやはりTOEIC留学を1週間するのであれば、TOEICに特化した学校が良いのは間違いありません。

サウスピークの手法は賛否両論ありますし、絶賛する人も敵対してなんとか引きずり降ろそうとする関係者もいる特殊な学校です。

しかし、運営はすべて本気で英語力やTOEICのスコアを上げることに全力を尽くしていますので、一般的な学校でTOEICコースを受けるのとは一線を画していますね。

しっかりと学校を選べば1週間のTOEIC留学でも無駄には得るものは充分にありますので、学校選択は間違えないように気を付けましょう。

 

 

フィリピン・サウスピークの評判
フィリピン・サウスピークの評判【退学ってマジ?】本気で英語を身に着けたいのでフィリピンのサウスピークを考えていますが、評判はどうだろうと調べていると悪い評判も目立ちます。サウスピークは実際にはどうなんですか?ここでは、フィリピン留学にあるTOEICに強い学校で有名なサウスピークの評判や口コミについて深堀りしてみました。...