スリランカ

スリランカ・キャンディでおすすめの宿・ホテル5選【一人旅】

宿代が高いスリランカの中でもキャンディは、比較的に一人旅に良心的な価格設定で、さらにコスパが良いおすすめの宿やホテルが多い観光地です。

キャンディは人気の観光地だけあって、3,000円以下で泊まれる安い宿から、1泊はしてみたい高級ホテルまで幅広く選ぶ事ができますね。

ただ、個人レベルで経営している宿も多いので、ハズレを引いてしまうと

「Wi-Fi有りと書いているのに繋がらない」

「ホットシャワーが出ない」

「宿泊中はずっと停電だった」

など、スリランカのインフラのせいにして嘘をつくオーナーも居るので要注意です。

と言っても、注意しようが無いのですが、せめてそう言った悪評がない宿をご紹介します。

キャンディで1泊3,000円以下の一人旅におすすめの宿5選

キャンディにある多くの宿は、個人の家を開放しているゲストハウス風なので、オーナーの人柄次第で宿の印象が変わります。

また、3,000円以下にしては十分コスパの良い宿ばかりですが、あくまで3,000円以下レベルですので、過度な期待は持たないことをおすすめします。

セバナゲストハウス

セバナゲストハウスとなっていますが、今はホテルとして格上げされています。

立地的にはキャンディの中心部ではありませんが、キャンディ駅やバスターミナルに近いので拠点にしての移動ではとても便利です。

街の喧騒が嫌いで静かな場所が良いという人には2位の宿をおすすめしますが、活気がある街中が良いという人にはこちらの宿が断然おすすめです。

出典:TripAdvisor

車通りに面しているので、夜間早朝にクラクションなどがうるさいこともありますが、コロンボの市街地程クラクションが鳴響く訳ではありません。

よほど神経質でなければ問題無いでしょう。

周辺には、小さな食堂などもたくさんありますし、マーケットも直ぐ側なので、一押しの宿と言えます。

出典:TripAdvisor

●セバナゲストハウス (Sevana City Hotel)

・料金:1泊1,500円~
・エアコン有りは1泊2,000円~
・Wi-Fi有り
・朝食は別途オプション
・キャンディレイク側のキャンディアンダンス会場まで徒歩25分
・キャンディ市街地まで徒歩15分

>>最安が多いアゴダでキャンディのホテルを検索する

>>他のホテル検索に無いホテルが見つかる海外ホテル検索、Booking.comでキャンディのホテルを検索する

ブリンクボニー ツーリスト イン Blinkbonnie Inn

ブリンクボニー ツーリスト イン(Blinkbonnie Inn)は、市街地から徒歩30分強は掛かる上に丘の上にあります。

アクセスは不便ですが、高台にある分キャンディの街を見渡せる場所もありロケーションは最高です。

出典:TripAdvisor

キャンディレイクまでも近道で徒歩20分程掛かりますが、ちょうどホテルからキャンディレイクに着いたところにカフェやコンビニ的な個人商店もあります。

ただ、宿のレストランが眺めも良くおいしい食事が食べられるので、わざわざカフェまで行く必要は無いです。

市街地を周った後の帰りは面倒ですが、行きはブラブラと歩くのも気持ち良いですね。

出典:TripAdvisor

出典:TripAdvisor

●ブリンクボニー ツーリスト イン Blinkbonnie Inn

・料金:1泊2,500円~
・エアコン有りは1泊3,000円~
・Wi-Fi有り
・朝食は別途オプション
・キャンディレイク側のキャンディアンダンス会場まで徒歩30分
・キャンディ市街地まで徒歩35分(トゥクトゥク利用300円程)

>>最安料金が多いアゴダでキャンディのホテルを検索する

>>他のホテル検索に無いホテルが見つかる海外ホテル検索、Booking.comでキャンディのホテルを検索する

ネイチャー ウォーク リゾート Nature Walk Resort

ネイチャーウォークリゾートは、熱帯雨林に囲まれた小高い丘にあり、自然の猿がたくさんいる「Udawattekele Sanctuary」の近くにあります。

市街地や仏歯寺までも徒歩15分程度ですので、散歩を兼ねてちょうど良いロケーションです。

出典:TripAdvisor

マウンテンビューで眺めも良いですが、朝起きてから森林に囲まれたサンクチュアリ「Udawattekele Sanctuary」を散歩するのもとても気持ちいいですね。

ただ、ホントに清々しい森林なんですが、ほとんど人もいませんので、大量の猿に出会うとちょっと怖いです笑

出典:TripAdvisor

●ネイチャー ウォーク リゾート Nature Walk Resort

・料金:1泊2,500円~(ファンだけで涼しい場所です)
・エアコン有りは1泊5,000円~
・Wi-Fi有り
・朝食は別途オプション
・キャンディレイク側のキャンディアンダンス会場まで徒歩10分
・キャンディ市街地まで徒歩15分

>>最安料金が多いアゴダでキャンディのホテルを検索する

>>他のホテル検索に無いホテルが見つかる海外ホテル検索、Booking.comでキャンディのホテルを検索する

Old Town Hotel

オールドタウンホテルは、キャンディレイクの端から少し歩いたところに位置しています。

市街地からは少し距離がありますが、キャンディレイクにいる自然の動物を見ながら散歩していればまったく気にならない距離です。

ホテルから3分ほどでコンビニ的な個人商店があるので便利ですし、5分ほど歩けばキャンディレイクのほとりにカフェもあります。


出典:TripAdvisor


出典:TripAdvisor

●Old Town Hotel

・料金:1泊2,000円~
・エアコンは無し
・Wi-Fi有り
・朝食は別途オプション
・キャンディレイク側のキャンディアンダンス会場まで徒歩15分
・キャンディ市街地まで徒歩25分

>>最安料金が多いアゴダでキャンディのホテルを検索する

>>他のホテル検索に無いホテルが見つかる海外ホテル検索、Booking.comでキャンディのホテルを検索する

デイズ イン カンディ Days Inn-Kandy

デイズインカンディはキャンディレイクの端にありますので湖畔までは徒歩5分ほど、市街地までは徒歩30分程と少し遠い場所にあります。

場所的には先にご紹介した「ブリンクボニー ツーリスト イン」の近くなので、条件的にはほぼ同じですが、こちらの方がキャンディレイクの湖畔にあるカフェ・レストランまでは近いですね。


出典:TripAdvisor


出典:TripAdvisor

●デイズ イン カンディ Days Inn-Kandy

・料金:1泊2,000円~
・全室にエアコン有り
・Wi-Fi有り
・朝食は別途オプション
・キャンディレイク側のキャンディアンダンス会場まで徒歩20分
・キャンディ市街地まで徒歩30分

>>最安料金が多いアゴダでキャンディのホテルを検索する

>>他のホテル検索に無いホテルが見つかる海外ホテル検索、Booking.comでキャンディのホテルを検索する

キャンディの高級ホテル

キャンディには一泊3万円~5万円の5つ星で高評価を得ている高級ホテルがいくつかありますが、実際に現地に行くと正直に言って3つ星か頑張って4つ星レベルのホテルもありますね。

そんな中で、キャンディでもっとも評価が高い高級ホテルがこちら。

●Kings Pavilion


出典:TripAdvisor

一泊3万円からという一人旅には向かないホテルですが、写真を見て妄想するのは無料です。

>>最安料金が多いアゴダでキャンディのホテルを検索する

>>他のホテル検索に無いホテルが見つかる海外ホテル検索、Booking.comでキャンディのホテルを検索する

スリランカでトゥクトゥクは使わない

コロンボは特に酷いですが、キャンディでも同じくトゥクトゥクはボッタクリが酷いので使わない方が良いです。

「ブリンクボニー ツーリスト イン」など、キャンディレイクの端の方に宿があり、さすがに毎日歩くのはめんどくさいという人はローカルバスの利用をおすすめします。

キャンディレイク沿いには一定間隔でバス停があるので、バスを利用すれば20円、30円程度の料金で市街地や行きたい場所に行けるので便利です。

どのバスに乗れば良いのか分からない時は、宿のスタッフに聞けばルートから料金まで親切に教えてくれるので、どんどん聞いてみましょう。

3,000円以下の宿の注意点

これまでご紹介した写真を見ても分かる通り、スリランカで3,000円以下の宿に泊まると、漏れなくお部屋のベッドには「蚊帳」が付いています。

なぜ蚊帳があるかと言えば、言うまでも無く部屋に蚊が出るということです。

私が泊まったいくつかの宿はそうでもありませんでしたが、蚊帳があっても入ってきて眠れなかったという人もいます。

スリランカで安い宿にとまるのであれば蚊除け対策用品は忘れないように持ち歩いた方が良いですね。

まとめ:コロンボより断然治安は良い

キャンディはコロンボより断然治安は良いですが、相変わらず1人で歩いていると話しかけてくる人はいます。

だいたいが、独り言のように話しかけて来て立ち去っていくのですが、中には5分、10分と話してから「マッサージ?」と売春を持ちかけてくるパターンがありますね。

また「どこいくの?」と聞かれて答えたら「同じだね、一緒に行こう!このバスに乗ればすぐに行けるよ」などという流れから、訳の分からない場所に連れて行かれて、最期には何かを盗まれるようなケースもあります。

とりあえず結構強引なので「どれだけ良さそうな人でも知らない人について行かない」これだけは守りましょう。