英語学習

英語の初級アプリ・無料で使える【でも有料アプリはやっぱり凄い】

 

タマ

英語の初級向けのアプリで無料で使えるのは何がありますか?

 

私も同じですが、どんなことでも最初は無料でなんとかしたいですよね。

私がフィリピン留学の生徒さんにおすすめするためにいろんなアプリを使ってみた結論からすると、無料アプリと月額1,000円ほどの有料アプリでは英語の習得率が何倍も違います。

やはり本格的に勉強したいのであれば有料アプリがおすすめです。

ここでは、私が留学カウンセリングで英語の学習にお勧めする無料や有料で使える初級向けのアプリやある程度話せる人向けのサイトををスキル・レベル別にご紹介します。

自分に合ったサイトを見つけて楽しく効率よく英語学習を楽しんで下さい。

 

もくじ

英語の初級アプリ・無料で使える

 

ここでは、主に英語の初級者が使える初級アプリや無料で便利な英語学習サイトを、レベルとスキル別に合計40サイトをご紹介しています。

良く見えるサイトでも、レベルを間違ってしまうと効果が下がってしまいますので、自分が評価する自分よりも1段か2段下げて学習レベルを調整すると良いですね。

 

ロク

何度でも言いますが、無料アプリはしょせん無料レベルでしかありませんので、本格的に英語を習得したいのであれば無料から有料に切り替えるのがおすすめです。

 

英語学習アプリ・パソコンでも使えて最強

 

まずは、英語の初心者が使える英語学習アプリでパソコンでも使えるアプリをご紹介します。

高機能過ぎてずっと無料という訳には行きませんが、無料で試せる期間があるのでどれくらい使えるのかを試してみると良いですね。

 

1.初心者におすすめのスタディサプリ



スタディサプリはすでにいろんな英語学習者が絶賛しているので紹介するまでもないアプリですね。

基本的に有料ですが、7日間は無料で使うことができるので、他の無料アプリとの違いを確認してみると良いでしょう。

私もホントに英語学習に使えるのか?と思って7日間の無料で試してみたところ、発音+スピーキング機能の精度の高さ、理論を含めたリスニング力アップのための機能性にはびっくりしました。

特に、スタディサプリのTOEICテスト対策であれば、文法についても超有名講師陣が分かりやすく教えてくれる動画が全て視聴できます。

受験英語だけでなく英語の本質を知ることが出来るのもとても良いポイントです。

これから英語の学習を始める初心者の場合は、TOEICに興味がなくてもTOEIC600点を目指して学習しておけば英語を話すための基礎力が充分に身につきます。

また、TOEICテスト対策コースであれば、日常英会話コースの機能も全て利用することができますが、TOEICや受験には興味がないという人は日常英会話コースを選べば良いでしょう。

スタディサプリはいつでも退会できて7日間無料体験ができるので、本当に高機能なのか試してみると良いですね。

TOEICコース:最大6,000円キャッシュバックは2019年11月21日(木)まで

 

 

2.楽しんで英語が学べるDuolingo・デュオリンゴ

 

Duolingoは世界中の英語学習者にダウンロードされている無料の英語学習サイトです。

レベル的にも初級者向けのコンテンツが揃っているので英語の基礎を学ぶには便利な内容です。

無料なので多少の機能不足、サイトが止まることがある、たまに答えに間違いがあるなど細かいことを気にしなければ、ゲーム気分で楽しんで英語の学習ができるのがとても良いですね。

試してみて感じるのは本当にゆっくりと進むので、初級者には良いと思いますが、慣れてくるとスピード感が無いことに少しイラッとするかも知れません。

機能が充実している有料バージョンもありますが、日数の制限無く無料で使えますし、有料バージョンを使うのであればスタディサプリの方が断然おすすめですね。

 

英語のリスニング・初心者向けのサイト

 

リスニングは学習用教材レベルを利用している学習初期は簡単に上がりやすいですが、ネイティブの英語を対象に学習しようとすると一気に難しくなり、スピーキングより伸ばすのが難しくなります。

しかし、なぜ聞こえないのかを理解しながら学習すれば、リスニング力は伸びる一方になりますね。

ここでは、主に英語の初心者向けから上級者向けまでリスニング練習に使えるあらゆるジャンルのサイトをご紹介していますので、是非お気に入りのサイトを見つけて下さい。

 

1.English Central

 

English Central初心者向けから上級者向けまで10,000以上の動画が無料で視聴できます。

動画には、英語字幕の有無、日本語字幕の有無が選べる上に、一文毎に繰り返し練習できる機能も付いているので何度も聞き直したり、真似して話す練習をする時にもとても便利です。

学習機能とオンラインレッスンは有料になりますが、リスニングは全て無料で利用することができます。

 

2.News in Levels

 

News in Levelsは世界のニュースを初級者向けのレベル1から上級者向けのレベル3に校正してくれているリスニング学習サイトです。

このサイトは「難しいニュースもこのように校正すれば簡単な英語で作れるようになる」という言い換え英語の重要性にも気づかせてくれますので、難しい英語に拘らずに簡単な英語で人に伝える方法も学習できるおすすめサイトです。

 

3.英語リスニング無料学習館 初級から中級向け

 

英語リスニング無料学習館は500問以上のリスニング用の例文で、リスニング力アップに高い効果があるディクテーション練習をすることができるサイトです。

日常英会話からTOEIC対策まで全てディクテ-ション学習ができるので、毎日少しづつ繰り返すだけでも着実にリスニング力アップに結び付きます。

使い方としては、リスニングだけでなく並行してシャドーイングや音読なども組み合わせると最高ですね。

 

4.TEDトーク

 

TEDは説明するまでもなく超有名なスピーチを集めたサイトですね。

全て手加減なしのネイティブクラスの英語ばかりなので、流石に初心者向けとは言えませんが、英語字幕や日本語字幕も付けることができるので中級者レベルからであれば充分にリスニングの学習教材として利用できるでしょう。

自分の好きなTEDスピーカーを見つけて、スピーカーの話し方や仕草など特徴を全て真似しながら練習するのがおすすめの学習方法です。

 

5.BBC Learning English

 

BBC Learning Englishは、ニュースで世界的に有名なBBCが提供する英語学習動画を集めたサイトですが、全て英語ばかりですので中級者以上向けになります。

英語で文法説明など効率の悪い動画もありますが、コラムやニュースなどは充分にリスニングに役立ちます。

イギリスのニュースネットワークのBBCですので、基本はイギリス英語です。

 

6.VOA Voice of America English News

 

VOAは主にアメリカのニュースを元に動画が構成されていますが、初心者から上級者までレベル分けして学習者向け用の動画を提供してくれている使いやすいサイトです。

内容的にはNews in Levelsと同じような感じですが、各レベルの動画毎に要約、発音、スピーキング練習、動画のスクリプトなどを用意してありますので、自分のレベルにあった題材を利用して学習すると良いですね。

 

7.English Listening Lesson Library Online

 

English Listening Lesson Library Online一番のおすすめは「One Minute English」です。

一つの質問に対して1分間の英語で回答している多国籍な人の動画を集めてあるのですが、いろんな質問への模範解答として学習することができるので、リスニングだけでなく質問への答え方だけでなく、外国人との話題に使える質問方法の勉強にとても良いですね。

一つ一つの回答にスクリプトも付いているので、聞き取れない英語があっても大丈夫ですが、レベル的には中級者以上向けになるでしょう。

また、模範回答を見ながら自分ならどう答えるか1分間で話せる程度の100語~120語ほどの英文を作ってみて、ライティング支援ツールなどで添削するとより効果的に学習することができますね。

 

8.NHK ABCニュース英語

 

NHK ABCニュース英語はNHKが提供しているニュース番組の英語版で、動画毎にスクリプト、対訳、使われているキーワードについての解説があります。

時事ニュースばかりなので、リスニングだけでなく話の幅を広げる話題作りにもおすすめです。

 

英語の初心者がつかえる文法サイト

英語の初心者がつかえる文法サイトは、どのサイトも日本人に分かりやすいように丁寧に説明がされています。

ただ、サイトによって多少解釈が違う場合もありますので、自分の中で腑に落ちない場合は比較してみると良いですね。

文法については、下手な教材を買うよりも詳しいサイトばかりですので、わざわざ教材を購入する必要も無いですよ。

 

1.ちょいデブ親父の英文法

 

ちょいデブ親父の英文法は児童向けレベルから大学受験レベルの英文法やビジネスにも使える英語レベルまで分かりやすく説明されていて、サイト自体も簡単に目的の内容を探せる親切な設計になっています。

もちろん、英検、TOEICなどの試験対策向けの情報や口語表現も丁寧に例文付きで掲載されていますので、幅広い層に対応していますね。

 

2.中学英語学習サイト

 

中学英語学習サイトは、中学1年生から3年生までの詳細な文法を文法毎に分けて検索できるようになっていて、それぞれのパートで練習問題を用意してくれている親切な初心者向けの英語学習サイトです。

リスニング問題もありますし、スマホアプリなども用意されているので使い勝手が良いですし、一度中学文法を一からやり直したい人にも使いやすくて便利ですね。

 

3.参考書より分かりやすい英文法解説

 

参考書より分かりやすい英文法解説は、初級者でも使えますが、文法用語を多用したサイトなので、どちらかと言えば一通り英文法は勉強したけどもう一歩掴みきれていないという中級者向けの文法解説サイトです。

少ないですが、各パートごとに練習問題があり、文法のレポートもダウンロードして使えるのが便利です。

 

4.English Cafe・英語喫茶

 

English Cafeは、サイトの作りは古いですがコンテンツはしっかりと作り込まれていて、むだに深く解説していない初歩のてはじめ文法から始まり、少し深く解説してある感覚的な内容まで順を追って学習できるように構成されています。

それぞれのパートが1日毎に終了できるように作られていて、各パートで練習問題をすることもできますし、毎日1項目と分かりやすく学習することができるのが良いポイントです。

また、文法だけでなくオリジナルで作られている英会話の例文もあるので、学んだ英語の状況がイメージしやすくなるのでおすすめです。

 

英語の単語アプリ・初心者でも使える

 

英語が聞き取れない、一定レベルを越えたらそれ以上は上手く英語が話せるようにならないという原因の多くが単語力にかかってきます。

そこで、英語学習には切っても切れない単語学習を少しでも効率良くすることができる英語の単語アプリやサイトを初心者向けにご紹介します。

サイトだけでなく、アプリもあるので使いやすい方で利用すると良いでしょう。

アプリによっては無料版の場合は機能制限があることがありますが、有料版には負けますが、<無料の機能だけでもそこそこ利用できる内容ですので上手に利用して下さい。

 

1.単語力

 

単語力は初級者から上級者までレベル別に合計8,000個の単語を学ぶことができ、ランキング形式で自分の単語力を確認することもできるやる気を刺激してくれるサイトです。

単語は1回に付き10個出題され、間違えた単語や勘で答えてしまった単語を選択して記録できるようになっているので、何度も間違える単語を復習するのにも便利ですね。

 

2.スタディサプリ英単語

 

スタディサプリ英単語は、先にご紹介したスタディサプリEnglishの英単語のみを抽出した無料の単語学習アプリです。

無料と言っても、スタディサプリの高機能を引き継いでいますので、高校受験・大学受験・TOEIC対策まで目的に沿って単語学習をすることができます。

良くある単語の意味を選択するだけのアプリではなく、発音、リスニング、ライティングを含めた4方向から学習することができる高機能な単語学習アプリです。

 

3.天才英単語

 

天才英単語では、単語を単体で覚えるのではなく、関連する単語や一つの単語をイメージするためのヒントなどいろんな情報から単語を結びつけて学習していけるようになっています。

情報が有りすぎるのは初心者にとっては過剰な情報になりがちですが、かなり細かいレベル分けと日常生活で使う「居間のモノ」「天気」「動物」「食べ物」など親切に分けてくれているので理解しやすくて良いですね。

合計しても2400単語ですので、手始めにこのサイトにある単語を全て覚えるところから始めるのも良いでしょう。

4.Gogengo 英会話は語源で楽しく

 

日本語の単語に語源があるように英語にも語源があります。

Gogengoでは、英単語を語源のイメージで結びつけて楽しく英単語を身に着けようというサイトですね。

受験英語などには向かないかも知れませんが、語源を知ることで単語のイメージが作りやすくなりますので、単語学習の息抜きに利用してみるのも良いでしょう。

 

5.英語単語テスト

 

英語単語テストは、単語学習サイトというよりも、自分の単語力を試すための練習問題サイトです。

サイト自体はアルクSVL12000単語リストを使った単語テストなので、初級から上級まで対応しており、さらにランキング形式になっているので、一位を取りたくなってつい何度も繰り返してる内に単語が身に付きますね。

 

6.とことん英単語

 

とことん英単語では、英語のテスト、英単語甲子園、英単語のクロスワードパズルなどゲーム要素で楽しむことができます。

学習して身に付けた単語力を試してみるのにちょうどよいサイトですね。

英語初級の読み物として使えるサイト

 

ある程度基礎の学習が終われば次は日常英会話に向けて普段から使える英語の学習です。

外国人とスムーズに英会話を楽しめるように、いろんな例文を練習しておくと良いので、一つのサイトだけでなく、全てのサイトから美味しいところをピックアップしながら学習するのがおすすめです。

 

1.シミュレーション英会話

 

シミュレーション英会話では、トラベル英会話であれば空港から現地で使える例文を網羅していて、日常英会話でも初対面の挨拶やビジネス表現まで全てをシミュレーションの中で解説してくれている初級者でも分かりやすい素晴らしいサイトです。

もちろん、例文は音声で聞くことも出来るので練習もしやすく、ロールプレイングのパートではシチュエーションに合わせて会話形式の例文が用意されているのがとても助かりますし、ネイティブ音源付きのイラストクイズも初級者にとってはイメージと同時に覚えることができて学習におすすめです。

 

2.英語いいね!

 

英語いいね!ではいろんな英語のコラム、おもてなし英会話、ビジネス英会話、落語で英会話など様々なコンテンツが用意されているので、これから海外留学やワーホリなどで海外に出る人には話題探しにちょうどよいサイトです。

英文のビジネスメール講座もあるので、仕事で英語のメール対応が必要な人にも助かるコンテンツですね。

 

3.Hapa英会話

 

Hapa英会話も英語学習者には有名なサイトですが、日本語ペラペラのネイティブスピーカーの視点から、いろんなコラムや動画が配信されていてとても勉強になります。

初級者でもとても理解しやすい説明で紹介してくれていますが、基本は中学文法程度は身についた初中級者以上向けになりますね。

特に英語学習コラムは、一通り英語の基礎を学習した人にとっては基礎英語や教科書には無い表現をたくさん学べるのでおすすめです。

 

4.NHKゴガク

 

NHKゴガクは英語だけではなく、あらゆる語学を学ぶ人にとっては定番のNHK英語学習サイトで、テレビ、ラジオ、アプリなどあらゆるツールと連携しているので、老若男女利用しやすいのが大きなポイントです。

無料の会員登録をすることで、過去の動画を視聴することができて、音声もスピード調整ができるようになっているので、真似して練習する音読やシャドーイングなどの練習にも便利です。

「NHKラジオなどのコンテンツだけで語学を覚えました」という人も居るくらいに充実したコンテンツが揃っているので、初級者向けと言うよりも総合的に英語力を付けたい人におすすめです。

 

5.NHK高校講座

 

NHKの高校講座はその名の通り、高校生向けのコンテンツだけをまとめた学習用WEBサイトで、英語だけでなく高校生に必要な政治経済、生物科学、数学などありとあらゆる教科を学習することができます。

もちろん、英語コンテンツだけでも十分に充実していて、基礎英語からコミュニケーション英語まで過去に放送されたバックナンバーを動画付きで学習することが出来ますので、分かりやすくて良いですね。

 

6.ベルリッツブログ

 

ベルリッツブログは、社会人向けの本格的な英会話が学べる世界的に有名なベルリッツが運営している英語学習サイトで、コンテンツの多くは、英語のコラム+音声が付いているので、目と耳で学習できるのが良いポイントですね。

高級志向で本格的なベルリッツの受講料は少しお高いですが、ブログで勉強するのは無料ですので、ベルリッツのコンテンツを上手に利用してみましょう。

 

7.英語 with Luke

 

英語 with LukeはLukeさんというネイティブスピーカーが運営しているサイトで、ネイティブ視点でいろんな英語のトリビアや、英会話の例文を紹介しているサイトです。

文法や単語の意味にこだわり過ぎて、日本人感覚では理解できない英語の感覚も紹介してくれているので、勉強というよりも英語を感じることができるコンテンツが多いですね。

AとBの違いなど調べていると、すぐにこちらのサイトが検索に掛かるくらいの情報量です。

 

英語のライティング添削におすすめのサイト

ライティング学習は難しいので避ける人が多いですが「書けない英語は話せない」ので、思ったように英語が話せるようになるには絶対に必要な学習です。

ライティングに関しては独学が難しい分野ではありますが、最近ではライティング専門のオンライン英会話や高機能AIを利用したライティング支援ツールなどがありますので、かなり便利になりましたね。

文章構成のプロが添削してアドバイスをくれるライティング専門のオンラインスクールを利用するのがコストも低くて一番確実ですが、とりあえず費用は掛けられないという人は無料のライティング支援ツールをインストールしてみるのがおすすめです。

ライティング学習の重要性はこちらをどうぞ。

英語を書く力をつける意味
英語を書く力に意味はある?【書けない人は話せない】英語を書く力をつける意味がよく分かりません。英語なんて話せれば書く力なんて必要ないと思うんですが。結論から言えば、ペラペラになりたいのであれば「話す練習」だけでなく「英語を書く力」がとても大事です。ここでは、英語を書く力を付ける意味と必要性などについてチェックしてみましょう。...

 

1.ベストティーチャー

 

ベストティーチャーはオンライン英会話なので無料ではありませんが、オンライン英会話の中で、唯一ライティング+スピーキングに特化した本格的なスクールです。

もちろん、有料サービスなので当たり前なのですが、英語の伸びが止まってしまった中級者以上が一段、二段上の英語力を身に着けるには最適な学習方法です。

特に自分が作った英文を元にレッスンを受けることができるので、自分が話したいと思うことを効率良く学ぶことができ、一般のオンライン英会話と比較してもかなりの効率の良さと言えますね。

 

 

ベストティーチャーのライティングの詳細についてはコチラの記事でご紹介しています。

英語で文章を書く練習【書けないのに話せる訳がない】
英語で文章を書く練習【書けないのに話せる訳がない】英語がスムーズに話せるようになるのに英語で文章を書く練習が必要だと言われたのですがどうしてですか?英語力が伸びないことを感じて挫折してしまう人に共通するのが英語で文章を書く力「ライティング力」が無いということです。ここでは、英語で文章を書く練習「ライティング」が必要な理由をまとめています。...

 

2.Grammarly 無料ライティング支援ツール

 

GrammarlyFirefox・Chrome・Safariなどの拡張機能として利用できる英文校正ツールで、無料版と有料版がありますが、無料版でも文法が苦手なネイティブが利用するほど充実した機能があります。

拡張機能でインストールするだけで英文校正してくれますし、文法間違いだけでなく、類義語など改善も促してくれますので、ライティング学習をしている非ネイティブであれば充分に機能します。

英作文を校正するツールなので、主にPCで使うのが便利ですが一応スマホアプリとしても使えてLNEの文章校正をする際にも利用できますね。

ライティング学習だけでなくメールなどの文章校正などにも利用できるので、Firefox・Chrome・Safariを利用しているのであれば拡張機能に放り込んでおきましょう。

3.Lang-8 無料相互学習SNSツール

 

Lang-8はかなり前からコアな英語学習者に利用されているサイトですね。

英作文を投稿すればどこかの誰かが無料で添削してくれる代わりに、日本語などを学びたい外国人が投稿した場合はそれを添削してあげるという相互SNSサービスです。

自分が投稿した英文は1日程度で複数人から添削され、中には丁寧に例文や説明まで書いてくれる人もいますので継続していけばかなり良い勉強になります。

ただ、全て無料で利用できるのでとても良いサービスなのですが、欠点として添削してくれる人がプロではないこと、必ずしもネイティブではないことから、文法が怪しかったり、書いた英文が丸々直されることもあることなど、信用性に欠ける面もあります。

口語表現で文法が無視されていることも多いので、文法などあまり細かいことに拘らずに続けていける人には最適なサービスと言えるでしょう。

4.ProWritingAid 無料ライティング支援ツール

 

ProWritingAidは完全に海外のサイトですので日本語は一切ありませんが、ネイティブの小説家なども利用対象になっているくらい高機能なライティング支援ツールです。

この英文校正ツールでは、文章の長さ、文法間違い、使いまわし過ぎな文章、時制の一致などいろんな面でチェックして評価してくれるので文章の改善に役立ちます。

無料版と有料版がありますので、とりあえず500ワードまで利用できる無料版で試してみると良いですし、自分に合うと思えば本格的なアカデミック版でも年間70ドルとお手頃料金で利用できます。

5.Cambridge English Write & Improve

 

Cambridge English Write & Improveはその名の通り、英語界では世界的に有名な権威のケンブリッジ大学が提供しているサービスです。

無料の会員登録さえすば、フリーの添削ツールが利用できるようになり、英文の出来によって CEFR(ヨーロッパ圏の英語レベル基準)に沿った評価をしてくれます。

完全な英語サイトなので、難しそうに見えますが対象は中級者程度の人からなので問題ないですし、対人のツールではないので、気楽にできるのが良いですね。

ただ、あくまでツールの域は出ませんので、本格的に信頼はできません。

 

独学で発音練習ができる英語学習サイト8選

「英語なんて通じれば良いんだから発音なんて適当で良い」なんていう意見がありますが、これはアクセントと発音を混同しているパターンです。

アクセントと発音は別物で、日本人訛りのアクセントがあっても英語は通じますが、発音が日本語の英語は通じません。

発音は英語学習の初期段階からしておかないと、後から「通じない」という大問題が出てきますし、正しい発音を知らなければ英語の音が聞き取れずにリスニング力にも大きく影響します。

 

日本人訛りの英語で良いけど発音は正しくないとダメ・訛りと発音は別 私も留学や語学学校で働いた経験から、たくさんの英語学習者に会ってきましたが、発音学習をおざなりに考える人には、訛...

 

1.あいうえおフォニックス

 

あいうえおフォニックスはホトンドの日本人が学ぶことがないフォニックスですが、海外では幼児教育に幅広く使われているフォニックスをイラストと動画で学ぶことができます。

作りは完全に子供向けですが、日本人の平均英語力が幼稚園児以下ですので、まずはフォニックスを利用して最低限の英語の音について学ぶところから始めるのがおすすめです。

提供されている動画ではフォニックスだけではなく、いろんなコンテンツがあるので初級レベルの発音練習には最適です。

 

2.英語発音入門

 

英語発音入門はタイトルの名前通り、発音練習というよりも発音とはどういったモノなのかという基礎的な学習をすることができるサイトです。

アメリカ英語、イギリス英語の2通りの基本的な違いについても学ぶことができますし、時間もそれほど掛からないので一通り読んで発音について知識として知っておくと良いでしょう。

 

3.Reading Bear

 

Reading Bearもフォニックスを学べるサイトですが、イラストではなく人が動画に登場します。

TOPページの英語の音を一通り練習していけば、フォニックスルール外の一部の例外を除いて、基本的な音は全て出せるようになるでしょう。

先のあいうえおフォニックスと比べてみて好みの方で練習すれば良いですね。

 

4.東京外国語大学言語モジュール

 

言語学習者にはおなじみの東京外国語大学言語モジュールは、英語だけでなくいろんな国の言葉が学習できるようになっています。

英語では、ABCの音から始まって、簡単な例文でイントネーション、アクセント、リズムも学ぶことができますし、英語の種類でもアメリカ英語、イギリス英語だけでなく、他の国で使われている英語の比較音声なども付いているのが面白いですね。

もちろん、それぞれの動画で使われている会話文などには対訳やスクリプトも付いているので、発音だけでなく、しっかりとリスニング学習にも利用することができます。

 

5.ドクターDイングリッシュ・中級者以上向け

 

ドクターDイングリッシュ日本人の発音トレーナーが「リズムと声の出し方」にフォーカスして英語の発音改善をしているサイトです。

トレーナーに教えてもらうのはもちろん有料ですが、Youtubeに投稿されている「ドクターDのチャンネル」全ての動画を見て真似ながら練習するだけでもかなり発音が改善されるのでおすすめです。

ただ、フォニックスの基礎なども理解していないと少し難しいので、初級者の人はまず幼児向けフォニックスから始めた方が良いですね。

6.英語喉 中級者以上向け

 

こちらも日本人の発音トレーナーが手がけている英語喉というサイトですが、このサイトは主に書籍の宣伝なので「英語喉Youtubeチャンネル」がメインですね。

上川一秋さんという方が提唱している発音方法なのですが、無料動画だけで全て取り入れるのは難しくても、こちらも動画を全て見ながら真似して練習するだけでかなり英語の発音を良くすることができます。

こちらも、初級者が独学で利用するには少々難しいので、一通りフォニックスを練習した中級者向けですね。

 

7.Rachels English 初中級者以上向け

 

Rachels Englishは全て英語のみで作られている外国人向けの発音練習サイトですが、Youtubeチャンネルにもたくさんの基礎発音動画やリンキングやリエゾンの解説動画が投稿されているのでとても勉強になります。

実際にフィリピン留学の語学学校で働いている時にフィリピン人の先生の発音トレーニングにも利用していたのですが、自分が発音できるのと人に教えることが出来るのとは話が違うので、この動画がかなり役立ちました。

 

8.FORVO 世界各国の英語発音辞書

 

FORVOは学習サイトではなく、あらゆる単語に対して主にアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどのの英語話者の発音を登録されている発音の辞書とも言えるサイトです。

一つの単語でも国や地域によってかなりの違いがあるので、いろいろと聴き比べてみると理解が深まりますね。

 

英語が話せるようになるようになるにはアプリがおすすめ【最短で習得】
英語が話せるようになるようになるにはアプリがおすすめ【最短で習得】初心者でも英語が話せるようになるにはどんなアプリがおすすめですか?初心者でも英語が話せるようになるには最初はアプリを使うのがおすすめです。ここでは、実際にアプリをどのように使えば初心者でも英語が話せるようになる効果が出るかご紹介しましょう。...