海外移住

セブで0円留学から貯金無しで海外移住・ノマドワーカーの近道

セブで0円留学から海外移住する方法

 

マキ

セブ島にあるNILSへ行けば貯金無しでも0円留学で英語の勉強ができるって聞いたんですがホントなの?

タマ

0円留学をしてそのままセブに海外移住している人もいるらしいけど、そんなに美味しい話はあるんですか?

 

結論から言えば、0円留学でセブ島へ留学することはできます。

0円留学では英語の勉強もできますし、IT留学でプログラミングやWEB周りのスキルを身につけることができるので、ノマド生活を手に入れてそのままセブへ海外移住してしまう人もいますね。

ただし、美味しい話にはメリットとデメリットがありますので、セブ島での0円留学をおすすめする人としない人などもまとめてみました。



セブで0円留学から貯金無しで海外移住

まず、セブ島で0円留学ができる学校と言えば「NILS(ニルス)」と「AHGS(アーグス)」が代表的ですね。

どちらも、コールセンターを経営している学校なので、コールセンターで働く代わりに、授業料や滞在費を免除するという形です。

ただ、この2社には大きな違いがあります。

アーグスは「コールセンターあっての語学学校」なので「学校は手段」

NILSは「語学学校があってのコールセンター」なので「学校が目的」

要はアーグスは学校だけでは成り立ちませんが、NILSは学校は学校、コールセンターはコールセンターなので、学校運営がオマケではないということですね。

また、NILSはコールセンターだけでなく、学校運営や営業などの形態もあるので、配置される部署によって仕事は変わります。

例えば、NILSの場合は0円留学のコースで「IT留学✕OJT」を選択すれば、6時間のWEB制作に関わる業務+4時間のIT講義と英語のグループレッスンを受講できます。

ITの授業で学んだことを、そのままOJTとして実践で使うことになりますので、言ってしまえば1日10時間近くはどっぷりとスキル磨きに時間を掛けられるということですね。

個人的には東南アジアで仕事が無い日本人の最終地と言われるコールセンターだけではなく、実際に学校の業務やWEB業務に関わる仕事が選べるNILSがオススメです。

 

 

NILSで0円留学をするデメリット

 

まず、お伝えするべきなのが「本気で英語の勉強がメインなら0円留学はするな」ということです。

理由は単純で、経験のないコールセンターの仕事や経験のないWEB周りの業務を海外でするだけでも仕事として重いのに、さらに英語の勉強なんてする余裕は無いからです。

それが余裕でデキる人は、英語くらい日本で仕事をしながらペラペラになれる人なので留学なんて必要ありません。

もし、あなたが何の責任感も無く、仕事に成果なんて上がらなくて何か言われても一切気にしない人で、英語やプログラミングだけできれば良いという心臓に毛が生えているなら良いです。

しかし、普通の人であれば自分が任せられている仕事が気になって仕方がなくなって手に付かなくなるのが当たり前です。

また、コールセンターの営業に配属されれば当然ノルマがありますので、成果が上がらなければプレッシャーにもなります。

例えばノルマは1日数件成約させること、1時間に何回電話を掛けること、というように決まっていますし、遊びではないので出来なければ叱咤激励もあります。

これを営業の勉強になるからと前向きに捉えられればストレス度は低くなりますが、真面目な人ほど成約できないストレスで勉強なんて手につかなくなりますね。

日本でコールセンターの仕事に慣れている人であれば楽な仕事かも知れませんが、日本でコールセンターの仕事が出来る人なら0円留学は選びません。

 

ロク

英語のためだけに0円留学するのであれば、まずは時給が高い日本のコールセンターで働いてお金を貯めてから留学した方が断然効率が良いですからね。

 

0円留学は無料ではない

ニルスでもアーグスでも同じですが、基本的に0円留学と言っていますが、実際には完全に0円ではありません。

少なくても初期費用として30万円位は手元にないと0円留学には参加出来ないので注意しましょう。

もちろん、ある程度お金が必要ということがボッタクリという訳ではありません。

フィリピンでインターンとして就労するために必要な費用や留学生でも必ず払わないといけない費用など払って当たり前の費用です。

 

0円留学に必要な費用

 

セブの0円留学のパイオニアとも言うべきのアーグスに0円留学した際に必要な費用をチェックしてみましょう。

AHGSで12週間の0円留学に必要な費用 ※1ペソ=2.15円
労働時間週30時間 無給
1日4時間 12週
複数人部屋のみ
294,999円 ⇒  無料 
※一人部屋、二人部屋は実費必要になる
空港ピックアップ1,200ペソ(2,580円)
往復航空券50,000円 平均の費用
初回登録料20,000円
SSP/SWP15,000ペソ(32,250円)
※SSPは就学許可証
※SWPは最大6ヶ月の就労許可証
※6ヶ月以上はAEPという就労許可証が必要
ACR I-Card3,500ペソ(7,525円)
外国人登録証
ID代200ペソ(430円)
水道光熱費10,800ペソ(23,220円) 900ペソ/1w
教材費1冊400ペソ
デポジット3,000ペソ(6,450円)
管理費6,000ペソ(12,900円)退去時に返金
教育費無料
4週間以下は週2,000ペソ
5〜11週間は週1,500ペソ
VISA延長費用8,150ペソ(17,522円)
12週の費用合計173,277円

※航空券については、LCCのプロモーションなどを利用すれば往復20,000円以内などもあるので平均値として50,000円にしています。

ニルスについてはHP上に詳細を掲載していませんが、許可証やVISAなどは基本がほぼ同じなので掛かる費用は大差無いですね。

詳しいことはNILSに直接問い合わせてみると良いでしょう。

という訳で、0円留学と言っても完全な0円留学では無いので、最初に30万円位は持っておかないとダメということですね。

 

0円留学なのにカランメソッドもプログラミングも学べる

 

0円留学を途中で辞めると違約金が必要

 

当たり前ですが、0円留学は途中で辞めると違約金が必要になります。

例えば、NILSであれば残りの期間1ヶ月に付き50,000円のペナルティですね。

NILSの場合は最低期間がありますので、万が一到着してすぐに「やっぱりコールセンターの仕事は無理・・・」となった場合は、6ヶ月で最大30万円を支払わなければいけません。

コールセンターの仕事は合う合わないがハッキリと別れますので、電話での営業などに自信が無い人は、必ず学校運営の業務やIT留学でWEB制作に関わる業務を希望しましょう。

コールセンターの仕事に比べれば生徒対応、空港ピックアップ、業務管理などはストレス度はかなり低いですね。

 

0円留学は勉強に専念できる環境ではない

 

例えば、AHGSの0円留学は基本的に複数人部屋に滞在することで無料になります。

その複数人部屋というのがこちらのようなお部屋です。

sarrosahotel.com

 

こうやってみると「綺麗なホテルじゃん!」と思うかも知れません。

しかし、部屋にベッドが10台入って、トイレ・シャワーは1箇所、勉強机なし、パーソナルスペースは自分のベッドの上だけですからね。

勉強出来る場所はホテルの共有スペースなどを利用するので、まず集中して勉強なんて無理ですし、これまで複数人と共同生活をした経験が無ければストレスが溜まり放題ですよ。

何度でも言いますが、本気で英語を勉強したい人に0円留学はおすすめしません。

0円留学をして「英語は勉強できていないけど営業の勉強になった」という負け惜しみなコメントもありますが、それなら時給が良い日本のコールセンターで働きましょう。

例えば、アーグスの12週間では約30万円が無料になります。

それを日本の時給で計算してみればどれだけ0円留学が無駄なことかすぐに分かりますよね。

例えば、日本のコールセンターで1日8時間1ヶ月働けば軽く20万円は入ります。

12週間で60万円、生活費などを抜いても楽々30万円は貯まりますよね。

日本のコールセンターで働けるのであれば、コールセンターで働いて稼いでからお客さんとして好きな学校に留学する方が断然待遇がよいですからね。

 

ロク

0円留学はあくまで海外移住などのきっかけにしたい人、とにかく費用を抑えてIT系の技術を身に着けたい人、海外ノマドになりたい人などにオススメの手段です。

 

0円留学は変わった人が多い

まず、フィリピンで0円留学しようと考える人に普通の思考を持った人は少ないです。

もちろん、それだからこそ変わっていて、面白い人に出会えるのが魅力です。

しかし、残念ながらそんな変わった人達がフィリピンに来て普通に勉強なんてする可能性はかなり低いと言って間違いありません。

なので、苦学生の様に真面目に勉強したい人は絶対に0円留学は止めておきましょう。

ある程度のコミュニケーション能力がある人であれば、0円留学で苦楽を共にする仲間が見つかって最高に楽しい思い出は作れると思いますが英語力は身に付きません。

 

NILSで0円留学をするメリット

 

セブのNILSでの0円留学にメリットがある人はこんな人です。

・フィリピンへの海外移住や現地での仕事に興味がある

・セブで長期滞在してみたいからついでに英語の勉強が出来れば良い

・できる限り費用を抑えてITの技術を身に着けて人生変えたい

・とにかく一刻も早く日本から脱出したい

・どんな環境でも目的を達成する鋼の意思がある人

こんな方には最高なシステムですね。

特に海外移住を目指す人には0円英語留学ではなくNILSの0円IT留学がオススメです。

正直に言って中途半端な英語を身に付けたとしても、海外で自分がやりたい仕事を探すのは大変です。

しかし、IT関連の技術を身につけれてしまえば、それこそ世界中どこにいてもノマドワーカーとして働くことができるようになりますからね。

ブログ系やITに強いスタッフはどこの学校も喉から手が出るほど欲しがっているので、0円IT留学で技術を身につければそのまま現地で仕事を見つけることも出来るでしょう。

むしろ、スキルを身に着けたスタッフであればそのまま学校が欲しがるかも知れません。

また、0円留学している間に現地で仕事を見つければ、貯金が少なくてもスムーズに海外移住に移行できます。

 

海外ノマドワーカーの仕事内容は?儲かるの?
海外ノマドワーカーの実態や収入は?仕事内容はサラリーマンより楽? 海外でノマドワーカーをしている人と言えば 「パソコン1つで収入を得ながら世界中の好きな場所でのんびりと気楽に仕事をしている...

 

NILSの0円留学って違法じゃないの?

 

数年前にセブのNILSのでは日本人のインターン生が多く働くコールセンターが不法就労で違法行為をしているとして摘発されたことがあり、セブでもかなりの大騒ぎとなりました。

しかし、実際には手違いや行き違いなどがあっただけで、とても軽い罰金は取られたものの強制送還や拘置されるようなこともなくあっという間に騒動は終りましたね。

もちろん、今でもNILSは普通に学校やコールセンターの業務を継続しているので、NILSの0円留学も違法ということはありません。

 

ロク

フィリピンでは事業がうまく行けば行くほど、内部から妬み嫉みで引きずり降ろそうとする人が現れますので、どこの学校でも1度や2度は経験するトラブルですね。

 

0円留学は違法なの?フィリピンの語学学校でインターンの内容は?
0円留学は違法なの?フィリピンの語学学校でインターンの内容は? フィリピン留学ではセブ、マニラ、バギオなど場所に関わらず、たくさんの学校でインターンを募...

 

NILSで0円留学から海外移住

 

0円留学では英語ではなくプログラミング取得を目的として0円留学からノマドワーカーになるのは楽勝で可能です。

もちろん、相当に頑張らないといけませんが、だいたい300時間プログラミングを頑張ればフリーランスとしてクラウドで仕事を受注し、最低限生活できる程度の20万程度の収入を得るスキルを身につけることができます。

月20万というとプログラミング界隈では低賃金ですが、発展途上国で海外ノマドをするのであれば月20万は現地採用で働く日本人の1.5倍から2倍近い収入になりますね。

そこに、初心者でも取り組みやすいWEBライティングやブログアフィリエイトなども組み合わせて複業にして行けば誰もが羨む海外ノマドの完成です。

東南アジア圏や物価の安い国であれば「フィリピン」「タイ」「インドネシア」「ベトナム」「台湾」「ジョージア」「チェコ」「ポーランド」など、月10万円ほどあれば暮らせる国は少なくありませんね。

もちろん、プログラミングやブログなどで稼ぐのはそんなに簡単じゃないと考える人も多いかも知れません。

しかし、少なくても私はノースキルからたった1年でブログでのアフィリエイト収益だけでも15万円は稼げるようになりました。

さらに言えば、ブログ以外の小さなネット事業から得ている収益を合わせれば日本でも慎ましく生活できるレベルになっていますし、頑張れば頑張るだけ青天井だという実感もあります。

頑張れば1年で月100万円稼げるというような夢のような話ではありませんが、その気で頑張れば誰にでも海外ノマドになる道は選べるのは間違いありませんね。

そのきっかけとしてNILSの0円留学でプログラミングを学ぶのは良い手段になるでしょう。

 

0円留学なのにカランメソッドもプログラミングも学べる

 

海外移住ならフリーランスになる
海外移住なら無料のプログラミングスクールでフリーランスになろう フリーランスの中でもプログラミングスクールを利用して、プログラミング技術を身に着けるのが海外移住...