海外移住

海外移住の近道・セブで0円留学から貯金無しでノマドワーカーになる

セブで0円留学から海外移住する方法

 

マキ

セブ島へ行けば貯金無しでも0円留学で英語の勉強ができるって聞いたんですがホントなの?

 

タマ

0円留学をしてそのままセブに海外移住している人もいるらしいけど、そんなに美味しい話はあるんですか?

 

結論から言えば、0円留学でセブ島へ留学することはできます。

0円留学からそのままセブへ海外移住してしまうことも難しくありません。

しかし、最低でも最初は30万円ほどは持っていないと無理です。

 

ただし、美味しい話にはメリットとデメリットがあります。

 

どちらかと言えば、デメリットの方が大きいですので、0円留学をおすすめする人としない人などもまとめてみました。

 

セブ島で0円留学ができる学校

 

まず、セブ島で0円留学ができる学校と言えば「AHGS(アーグス)」と「NILS(ニルス)」が代表的ですね。

 

どちらも、コールセンターを経営している学校なので、コールセンターで働く代わりに、授業料や滞在費を免除するという形です。

 

NILSはコールセンターだけでなく、学校運営や営業などの形態もあるので、配置される部署によって仕事は変わりますね。

 

個人的には学校業務に関わる仕事が選べるNILSがオススメです。

 

セブで0円留学をするデメリット

 

まず、最初にお伝えするべきなのが「本気で英語の勉強がメインなら0円留学はするな」ということです。

 

理由は単純で、経験のないコールセンターの仕事を経験のない海外でするだけでも仕事として重いのにさらに英語の勉強なんてする余裕は無いからです。

 

それが余裕でデキる人は、英語くらい日本で仕事をしながらペラペラになれますしね。

 

もし、あなたが何の責任感も無く、仕事に成果なんて上がらなくても何も気にしないし、英語だけできれば良いという心臓に毛が生えている人なら良いです。

 

しかし、普通の人であれば仕事が気になって仕方がなくなります。

 

コールセンターなので当然ノルマはあります。

 

1日3件成約させること、1時間に何回電話を掛けることというように決まっていますし、出来なければ叱咤激励があります。

 

これを営業の勉強になるからと前向きに捉えられればストレス度は低くなりますが、真面目な人ほど成約できないストレスで勉強なんて手につかなくなりますね。

 

日本でコールセンターの仕事に慣れている人であれば楽な仕事かも知れませんが、コールセンターの仕事が出来る人なら0円留学は選びませんよね。

 

時給が高い日本のコールセンターで働いてお金を貯めれば良いんですから。

 

セブ島の0円留学は本当は0円ではない

 

基本的に0円留学と言っていますが、実際には完全に0円ではありません。

 

ただ、ボッタクリという訳では無く、フィリピンで就労するために必要な費用や留学生でも必ず払わないといけない費用など払って当たり前の費用です。

 

AHGSで12週間の0円留学に必要な費用 ※1ペソ=2.15円
労働時間 週30時間 無給
1日4時間 12週
複数人部屋のみ
294,999円 無料 
※一人部屋、二人部屋は実費必要
空港ピックアップ 1,200ペソ(2,580円)
往復航空券 50,000円 平均の費用
初回登録料 20,000円
SSP/SWP 15,000ペソ(32,250円)

SSPは就学許可証
SWPは最大6ヶ月の就労許可証

※6ヶ月以上はAEPという就労許可証が必要

ACR I-Card 3,500ペソ(7,525円)
外国人登録証
ID代 200ペソ(430円)
水道光熱費 10,800ペソ(23,220円) 900ペソ/1w
教材費 1冊400ペソ
デポジット 3,000ペソ(6,450円)
管理費 6,000ペソ(12,900円)退去時に返金
教育費 無料

4週間以下は週2,000ペソ
5〜11週間は週1,500ペソ

VISA延長費用 8,150ペソ(17,522円)
12週の費用合計 173,277円

※航空券については、LCCのプロモーションなどを利用すれば往復20,000円以内などもあるので平均値として50,000円にしています。

 

ニルスについてはHP上に詳細を掲載していませんが、許可証やVISAなどは基本がほぼ同じなので掛かる費用は大差無いですね。

 

詳しいことはNILSに直接問い合わせてみると良いでしょう。

 

という訳で、0円留学と言っても完全な0円留学では無いので、最初に30万円位は持っておかないとダメということですね。

 

0円留学なのにカランメソッドもITも学べる

途中で辞めると違約金が必要になる

 

0円留学は途中で辞めると違約金が必要になります。

 

例えば、NILSであれば残りの期間1ヶ月に付き50,000円のペナルティですね。

 

NILSの場合は最低期間がありますので、万が一到着してすぐに無理となった場合は、6ヶ月で最大30万円を支払わなければいけません。

 

コールセンターは合う合わないがハッキリと別れますので、自信が無い人は必ず学校運営の業務を希望しましょう。

 

コールセンターの仕事に比べれば生徒対応、空港ピックアップ、業務管理などはストレス度はかなり低いですね。

 

0円留学は仕事以外で勉強に専念できる環境ではない

 

例えば、AHGSの0円留学は基本的に複数人部屋に滞在することで無料になります。

 

その複数人部屋というのがこちらのようなお部屋です。

sarrosahotel.com

 

こうやってみると「綺麗なホテルじゃん!」と思うかも知れませんが、部屋にベッドが10台入って、トイレ・シャワーは1箇所、勉強机なし、パーソナルスペースは自分のベッドの上だけですからね。

 

勉強出来る場所はホテルの共有スペースなどを利用するので、まず集中して勉強なんて無理ですし、これまで複数人と共同生活をした経験が無ければストレスが溜まり放題ですよ。

 

0円留学しようという人に普通の人はいない

 

まず、フィリピンで0円留学しようと考える人に普通の思考を持った人は少ないです。

 

もちろん、それだからこそ変わっていて、面白い人に出会えるのが魅力ですが、そんな人達がフィリピンに来て普通に勉強なんてする可能性はかなり低いと言って間違いありません。

 

なので、苦学生の様に真面目に勉強したい人は絶対に止めておきましょう。

 

ある程度のコミュニケーション能力がある人であれば、苦楽を共にする仲間が見つかってとても楽しい思い出は作れると思いますが、英語力は身に付きません。

 

授業面で言えば、NILSが最高におすすめの学校だとは言いませんが、カランメソッドの公式認定校であったり、IT留学も選べて、学校としての機能もしっかりしているので良いですね。

 

セブ留学で0円留学をするメリット

 

セブでの0円留学にメリットがある人はこんな人だけです。

 

・フィリピンへの海外移住に興味がある

・セブで長期滞在してみたいからついでに英語の勉強が出来れば良い

・無料でITの技術を身に着けてノマドワーカーになりたい

・友達や仲間を見つけたい

・一刻も早く日本から脱出したい

 

でも、出来る限りお金は出したくないという人。

 

こんな方には最高なシステムですね。

 

特に海外移住を目指す人には英語留学ではなくNILSの0円でIT留学がオススメです。

 

正直に言って中途半端な英語を身に付けたとしても、海外で自分がやりたい仕事を探すのは大変です。

 

しかし、IT関連の技術を身につけれてしまえば、それこそ世界中どこにいてもノマドワーカーとして働くことができるようになりますからね。

 

ブログ系やITに強いスタッフはどこの学校も喉から手が出るほど欲しがっているので、0円IT留学で技術を身につければそのまま仕事を見つけることも出来るでしょう。

 

そして、0円留学している間に現地で仕事を見つければ、スムーズに貯金なしで海外移住に移行できます。

 

言ってしまえば、コールセンターで働ける耐性がついた人であればセブだけでなく、マニラ、タイ、ベトナムなど、コールセンターがあれば好きな場所を選んで海外移住ができますしね。

 

0円留学からノマドワーカーになる

 

何度でも言いますが、本気で英語を勉強したい人に0円留学はおすすめしません。

 

0円留学をして「英語は勉強できていないけど営業の勉強になった」という負け惜しみなコメントもありますが、それなら時給が良い日本のコールセンターで働きましょう。

 

例えば、アーグスの12週間で無料になる約30万円。

 

それを日本の時給で計算してみればどれだけ0円留学が無駄なことかすぐに分かります。

 

例えば、日本のコールセンターで1日8時間1ヶ月働けば軽く20万円は入ります。

 

12週間で60万円、生活費などを抜いても楽々30万円は貯まりますよね。

 

日本のコールセンターで働けるのであれば、コールセンターで働いて稼いでからお客さんとして好きな学校に留学する方が断然おすすめです。

 

費用を抑えて海外生活ができる語学留学と技術を身に着けるNILSでの0円IT留学