LCC・格安航空の使い方

スクート・エアアジア利用で大阪からハワイなら最短1泊3日が4 万円以内

エアアジア(Air Asia)とスクート(Scoot)が大阪からハワイ便を就航させるようになってから、ハワイが一気に身近な観光地となりました。

しかし、航空券が安くても日本の一般社会人はそんなに簡単にまとまった休みは取れませんよね。

そこで今回は、エアアジアとスクートを利用して、ハワイに最短1泊3日の週末ハワイ旅行計画を立ててみましたのでその内容をご紹介します!

残念ながらスクートは2019年5月で関西空港からホノルルは廃止になる予定です。

スクート(Scoot)は大阪からハワイへ週に4回就航

スクートの場合は関空からホノルルまで週に4回(月曜・火曜・金曜・土曜)で就航しています。

スクートだけで1泊3日のハワイ旅行をしようとすれば「月曜出発で火曜に帰国」または「金曜出発で土曜に帰国」のどちらかになります。

大阪から金曜発で大阪へ日曜着の1泊3日スケジュール

スクートのみで金曜発の日曜日着で1泊3日は下記のようなスケジュールになります。

●金曜 関西空港18:50発 → ホノルル 金曜 07:00着

●到着日の金曜日は1日フリー

●土曜 ホノルル発09:35発 → 関西空港 日曜日 14:00着

このスケジュールで、ハワイ1泊、機中2泊の1泊3日となります。

実質ハワイに滞在できる時間は、空港からホノルル市内への往復に必要な約2時間を含めて、ハワイには約24時間滞在できる計算になりますね。

1泊3日に都合が良い金曜は高めに設定

社会人の場合は仕事などを考えると、1泊3日のハワイ旅行には金曜出発で土曜に帰国するのが一番都合が良いですが、さすがに航空会社もビジネスですので、金曜発の便は高めに設定されている日が多いです。

スクート利用・金曜発で日曜帰国・1泊3日の料金

まず、1月25日(金)大阪発・1月26日(土)ホノルル発の日程で、スクートで往復した場合の旅行代金はこちらです。

合計すると、往復44,214円ですね。

多少オプションを付けても5万円以内でハワイへ行けるので格安です。

スクート利用・月曜発で水曜帰国・1泊3日の料金

次は、1月28日(月)大阪発・1月29日(火)ホノルル発の日程で、スクートで往復した場合の旅行代金はこちらです。

合計すると、往復で34,416円という格安になってしましました。

これであれば、オプションを付けても往復で40,000円以内で収まってしまいますね。

月曜発なので一般の社会人には厳しいスケジュールですが、調整ができるのであれば平日がかなりお得ですね。

エアアジア(Air Asia)は大阪からハワイへ毎日就航

スクートは週に4日の就航ですが、エアアジアであればハワイまで毎日就航しています。

毎日であればスケジュールに調整を付けにくい社会人でも日程を合わせやすくて良いですね。

今回は、公平性を保つためにスクートと全く同じ日程で料金やスケジュールをを調べています。

エアアジア・大阪から金曜発で大阪へ日曜着の1泊3日スケジュール

エアアジアのみで金曜発の日曜日着で1泊3日は下記のようなスケジュールになります。

●金曜 関西空港23:40発 → ホノルル 金曜 12:05着

●到着日の金曜日は1日フリー

●土曜 ホノルル発15:00発 → 関西空港 日曜日 20:20着

このスケジュールで、ハワイ1泊、機中2泊の1泊3日となります。

実質ハワイに滞在できる時間は、空港からホノルル市内への往復に必要な約2時間を含めて、約24時間滞在できる計算になるので、現地での滞在時間はスクートと同じです。

ただし、エアアジアの場合は金曜日の出発が深夜なので、金曜日に仕事が終わってからでも出発できるのが助かりますね。

スクートの場合は、金曜日に休みを取らないと行けませんが、エアアジアなら金曜日の深夜から日曜日の夜まで余すこと無く時間を使えます。

週末に土日の休みが有れば、誰にも気付かれずにハワイに行って帰ってくることができます(笑)

ただ、台風などが来ない時期を選ばないと万が一フライトがキャンセルになったら悲惨です。

エアアジア利用・金曜発で日曜帰国・1泊3日の料金

まず、1月25日(金)大阪発・1月26日(土)ホノルル発の日程で、エアアジアで往復した場合の旅行代金はこちらです。

合計すると、往復36,210円ですので、同日程のスクートと比べて8,004円も安くなりました。

大阪からハワイはスクートが最安と言われていますが、プロモーションセールを利用しない場合はエアアジアが安い場合が多いですね。

エアアジア利用・月曜発で水曜帰国・1泊3日の料金

次は、1月28日(月)大阪発・1月29日(火)ホノルル発の日程で、エアアジアで往復した場合の旅行代金はこちらです。

合計で、往復32,260円ですので、スクートの同日程と比べて2,156円安くなりました。

このチケットの場合は帰国日の29日が最安料金で取れたことが、安くなった大きな理由ですね。

スクートとエアアジアのどちらが安いかは日程による

今回の日程では、両方共にエアアジアの方が安くなりましたが、実際には日程によってどちらが安いか高いかは変わります。

エクスペディアで検索して比較すればすぐに分かりますが、日程を買えるだけでスクートの方が安くなることもあります。

こういうことは当たり前にありますので、エクスペディアで検索して比較すると良いですね。

超最短であればハワイ1泊2日もできないことはない

1泊3日ではなく、ハワイ1泊2日もできないことはありません。

スケジュール的には

●スクート利用・土曜 関西空港18:50発 → ホノルル 土曜 07:00着

●エアアジア利用・土曜 ホノルル発15:00発 → 関西空港 日曜 20:20着

このスケジュールであれば、ハワイに8時間滞在することができます。

空港への往復約2時間、帰国時は最悪2時間前に空港へ行くことを考えればホノルルで4時間は遊ぶことができますね!

LCCの無い時代であれば、1泊2日に数十万円の旅費が掛かるので無理でしたが、今であれば往復5万円ほどの出費でできますので無い話では無いでしょう。

なかなか実行した人はいないと思いますので、土日に暇だなーと思う人はやってみてもよいでしょうね(笑)

1泊3日のハワイ旅行を最大限有意義に使う方法

スクートでもエアアジアでも現地滞在時間が24時間と言っても、夜の寝ている時間約6時間と空港からの移動往復約2時間もあります。

ギリギリで多く見積もっても16時間がハワイで活動できる時間になりますね。

16時間と言えば1日遊ぶには十分ですが、やっぱり少ないですよね。

そこで、おすすめな方法が、行きをスクート利用にして、帰りをエアアジア利用にすることです。

レガシーキャリアの大手と違って、LCCは往復で購入しても値段は変わりません。

それならば、往復チケットをバラバラに購入して最大限時間を伸ばすのも有効な手段ですね。

1泊3日を最大限活用できるチケットの買い方

題名にするほどのことはないですが、一番長くハワイに滞在できる1泊3日のスケジュールは下記の様になります。

●スクート・金曜 関西空港18:50発 → ホノルル 金曜 07:00着

●到着日の金曜日07:00から土曜日12:00までフリー

●エアアジア・土曜 ホノルル15:00発 → 関西空港 日曜日 20:20着

このスケジュールであれば、ハワイでの滞在時間が合計29時間になるので、5時間の差は大きいですね!

しかも、お昼12時にホテルのチェックアウトをすれば良いので、ホテルでのんびり朝食を食べて、ショッピングする時間も十分にあります。

また、少しでもハワイでの楽しみを増やしたいのであれば、飛行機を安くして浮いたお金で現地ツアーを申し込むのも良いですね!

>>>ハワイで現地オプショナルツアー・割引クーポンサイト(英語)<<<