ベトナム

ベトナムの2月・3月のイベントや祭り|服装や気温も旅行前に調べる

2月~3月は日本ではお正月が終わって、卒業旅行や新しい生活に向けて準備をしていることですが、ベトナムの新年はこれから!といった時期ですね。

今回は、2月から3月にベトナムではどんなイベントやお祭りがあるのか?気温や服装はどうすれば良いのかをまとめました。

日本の正月を終えてから、ベトナムで2回目のお正月を楽しむのも良いですよ。

2月~3月のベトナムの気温は?どんな服装が良い?

ベトナムは南北に1650kmありますので、北のハノイと南のホーチミンを比較すればかなりの気温差があります。

と言っても、真冬に20℃ある沖縄と真冬に氷点下の北海道の違いに比べればベトナムの気温差はまだ少ない方ですので、年間通して最低気温が15℃位のハノイでも日本のような冬になることはありません。

  最低気温 最高気温 月間降水量
ハノイ2月 14.0℃ 21.0℃ 28mm
ハノイ3月 17.0℃ 23.0℃ 38mm
ホーチミン2月 22.0℃ 33.0℃ 13mm
ホーチミン3月 24.0℃ 34.0℃ 12mm

ハノイでも2月の上旬と下旬では5℃~10℃ほど変わる場合がありますので、上旬に行く場合はそれなりに暖かい服を用意して行く方が良いですね。

ホーチミンであれば完全に夏ですので、真夏の服装で問題ないでしょう。

時期的には観光のベストシーズンと言える乾季ですので、雨の心配はありませんが、北部方面は朝晩が冷え込むので気温差にやられないようにしましょう。

ベトナムで2月にある最大のイベント「テト」

イベントやお祭りというと少し違う気がしますが、ベトナムで2月といえば旧正月に新年を祝う「テト」、正確には元旦節「テト・グエン・ダン Tet Nguyen Dan」ですね。

実際には、旧正月(春節祭/チャイニーズニューイヤー)は毎年変わるので2月とは言い切れませんが、細かいことはおいておきましょう!

特にテト元日を迎える前夜は街中がカオス状態になりますので、夜間出歩くには観光客には多少危険ですが、昼間はたくさんの屋台なども出ますのでベトナムを肌で感じるにはこれ以上無いと言えます。

2019年のテト休日は1月29日(火)~2月12日(火)でテト元日は2月5日(火)です。

2020年のテト元日は1月25日ですので、カレンダーで予想すると1月24日(金)から2月2日(日)までの10連休でしょう。

ハノイであればホアンキエム湖などではカウントダウンで花火なども上がるので、かなりの人手になりますね。

テト期間にベトナムを訪れる注意点

テト期間にベトナムを訪れれば良い体験になるのは間違いないのですが、注意点もあります。

●大晦日からテト元日に掛けてはたくさんの人や屋台で溢れるが、元旦の翌日から誰も居なくなる

●テト休暇中は、ショッピングモールや商店などホトンドが閉まってしまう

●開いている店やホテルは全て割高になる

●帰省ラッシュがあるので飛行機の値段は数倍、電車やバスは満席で使えない

●年末年始の期間はお金が必要になるため盗難やスリが増える

●タクシーが不足するのであまり遠出はしない方が良い

などなど、長期休暇ならではの不便さもあります。

しかし、近年ではコンビニ、マクドナルドなどのファーストフード、イオンなどは営業しているので、それほど不便を感じることもないでしょう。

また、ドンコイエリアや観光客が訪れるような施設はテト休暇中でも営業しているところもあります。

要は、テト休暇の開始からテト元旦までが楽しめる時期なので、チケットなどは早めに取って元旦が終わったらさっさと違う場所へ移動するのがベストですね。

ベトナムの3月のイベント

残念ながら3月ベトナムではイベントやお祭りなどはありません。

しかし、観光のベストシーズンですので、イベント抜きでも十分に楽しめるでしょう。

【世界遺産ツアー!】ベトナム・ハロン湾クルーズ

ベトナム中部最大の都市ダナンのビーチを拠点に観光も良いですね。

【ダナン発】ランタンの街「ホイアン」ナイトツアー