シンガポール

シンガポールひとり旅で何する?一人でも楽しめる観光スポット5選

シンガポールはひとり旅で何をすれば良いの?

シンガポールは一人でも楽しめる観光スポットはある?

そんなシンガポールで一人でも、楽しめる定番の観光スポット5選のお得な割引チケットなどをまとめました。

少しでもお得にシンガポールの昼から夜まで遊び尽くしましょう!

シンガポールひとり旅で何する?観光スポットでケチったら負け

シンガポールひとり旅マーライオン
正直なところ、シンガポールにひとり旅で行って貧乏旅行しようと思うなら行くのを止めた方が良いです。

ハッキリと言って、シンガポールはお金を使わないと楽しめるところは、綺麗に作られた街の景色位しかありません。

そして、どの観光スポットへ行っても安くない入場料が必要になるので、お金をケチったら何をしに行ったか分からない状態になってしまいますね。

そこで、少しでも安く観光をするために各観光スポットへの割引チケットをまとめました。

シンガポールの植物園 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ 割引入場チケット

シンガポールひとり旅ガーデンズバイザベイの昼

シンガポール観光ではマリーナベイサンズやマーライオンと共に必ず訪れる観光スポットのガーデンズバイザベイです。

ガーデンズバイザベイはシンガポール政府が10億SGD(約814億円)を投じて作られて世界でここにしかない風景が見られる植物園です。

ガーデンズバイザベイのシンボルとなる12本のスーアーツリー・グローブは高さ25mから50mあり、空中を歩道で結んでいるので見たことがない景色を楽しめます。

日が沈む夕方から夜に訪れるのがおすすめです。
シンガポールひとり旅ガーデンズバイザベイのライトアップ

公式サイトや現地でチケットを購入すると28SGD(約2240円)ですが、KKday
のサイトで事前購入すれば23SGD(約1842円)で購入することができます。

また、購入後にメールで届いたバーコード、QRコードをゲートにかざすだけで並ばずに入場できるので便利ですね。

詳しくはこちら。※料金は2018年1月12日時点

マリーナベイサンズ・サンズスカイパーク入場チケット+オープントップバス1日乗車券

シンガポールひとり旅マリーナベイサンズ

シンガポールへ行くなら絶対に誰もが一度は行ってみたいマリーナベイサンズにある展望台「サンズスカイパーク」の入場チケットとシンガポールを周遊するのに重宝する「FunVee」オープントップバス1日乗車チケットがセットで割引になっているチケットです。

●サンズスカイパークの入場料:大人23SGD/シニア20SGD(65歳以上)
●オープントップバス1日乗車券:大人24.90SGD

バラバラで現地で購入すれば合計47.9SGD必要になりますが、割引サイトで購入すれば35SGDで済みますので、利用しないと損です。

サンズスカイパークの営業時間
日~木:午前9時30分~午後10時
金~土:午前9時30分~午後11時

詳しくはこちら。※料金は2018年1月12日時点

サンズスカイパーク展望台入場チケット+オープントップバス・ファン・ビー1日乗車券
サンズスカイパーク展望台(Sands SkyPark Observation Deck)に登らないで、シンガポールを見たというなかれ!!200m以上の高さからシンガポールの街並みを360度眺める…

オープントップバスFunVeeの運行ルート

オープントップバスは乗り降り自由で何度でも利用できるのでシンガポール観光では必須と言えるでしょう。

●市内の主要な観光スポットを巡るグリーンルート

マーライオン、チャイナタウン、ボタニックガーデンなどの観光スポットを巡ります。

運行時間: 午前9時から午後5時まで20分から30分毎

●シンガポールの街を巡る「オレンジルート」

チャイナタウン、仏歯寺、ナショナルミュージアム、リトルインディア、クラーキー、アラブストリートなどシンガポールの街にある観光スポットを巡ります。

運行時間:午前10時45分~午後4時45分まで1時間毎

●セントーサなど郊外まで行く「レッドルート」

マウントフェーバーパーク、セントーサ島のユニバーサルスタジオを運行しています。

運行時間:1日4便 午前9時30分、午前11時30分、午後3時30分、午後5時30分

シンガポールのナイトサファリ入場割引券


シンガポールのナイトサファリの入場券47SGDが最安で39SGDで購入できる割引券です。

ただし、時間が読めないからと時間指定が不要の高めのチケットを購入すると、酷い時は入場に2時間掛かる場合もありますので、時間指定ができる最安チケット39SGDの購入を強くお勧めします。

入場券を買うのに並び、園内を巡る各種言語のトラムに乗るのにさらに待つのは時間の無駄ですからね。

指定できる入園時間:19:15 / 20:15 / 21:15 / 22:15

どこの国でも同じですが、ナイトサファリは正直に言ってよく見えません。

たくさん動物を見たいのであれば、ナイトサファリではなく普通にシンガポール動物園に行く方が良いですね。

もちろん、それ以外にもクリーチャーショーやウォーキングトレイルも楽しめるので、行って後悔するほどではありません。

詳しくはこちら。※料金は2018年1月12日時点

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール1日パス+往復送迎バス

シンガポールひとり旅ユニバーサルスタジオシンガポール割引入場券

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール1日パスに、マリーナ・スクエアからの往復送迎バスが付いたお得なチケットです。

ユニバーサルスタジオシンガポールは、日本のユニバーサルスタジオと違って、平日は空いてますし、土日でも15分~30分も待てば人気のアトラクションにも乗ることができるので、遊びまくれるのが良いところです。

イベントやパレードが開催される日は混雑しますが、それでも人気アトラクションが40分~60分程度ですね。

シンガポールの休日で混雑具合が変わるので特に祝祭日には気を付けましょう。

ユニバーサルスタジオに行くことは自力でも難しくありませんが、ユニバーサルスタジオシンガポールの1日入場券と往復送迎がセットになった割引券の方が、通常の1日券よりも安いので使わない理由がありません。

送迎も使っても使わなくても安いのに変わりないので、オープントップバスの乗り放題など利用しているのであれば自由にすれば良いでしょう。

●ユニバーサルスタジオ1日パス正規料金:大人79SGD 子供59SGD

●ユニバーサルスタジオ1日パス+往復送迎:大人73SGD 子供56SGD(4歳-12歳)

 

このチケットのもう一つのメリットは、他のツアー客は窓口でチケットの交換をするために、入り口の行列に並ばないといけないところ、バウチャーを見せるだけで入れるというところです。

詳しくはこちら。※料金は2018年1月12日時点

バスが必要ない方はこちら。

セントーサ島の水族館・シー・アクアリウム割引入場券

セントーサ島にある世界最大級の水槽が目玉の水族館「シー・アクアリウム割引入場券」です。

幅36m、高さ8.3mの巨大水槽や200匹以上のサメが泳いでいるのを見ることが出来るシャーク・シーなど、合計800種以上の海洋生物を見学することができるので、シンガポールで大人気の水族館です。

日本にも良い水族館がありますが、水族館が好きな人であれば一度は訪れたいですね。

料金は現地購入で40SGDですが、割引入場券を事前に購入すれば32SGDです。

詳しくはこちら。※料金は2018年1月12日時点