シンガポール

シンガポール観光のモデルコース!シティパスでお得なツアー

シンガポールひとり旅ガーデンズバイザベイのライトアップ

シンガポール観光に行くとシティパスという有名な観光スポットの入場パスやオープントップバスの乗り放題がセットになったお得な割引チケットが販売されていますが、案外利用している日本人は多くありません。

もちろん、事前に公式サイトで購入も出来ますが、公式よりも更に安く購入できるサイトがありますので、シティパスを使ったモデルコースを含めてご紹介します。

シティパスはシンガポール観光に便利な割引チケット

シティパスは下記2点のオープントップバス乗り放題とナイトツアーのチケット、さらに指定された有名観光スポットのアトラクション13個または20個から2つの入場パスが付いてきます。

どう考えても、初めてのシンガポール観光であれば買わない理由がないパスです。

●【2日券/3日券/5日券】
オープントップバス夜景ツアー:毎晩18:30出発 44SGD(要予約)

●【2日券/3日券/5日券】
オープントップバス乗り放題チケット2日間 1日券19SGD(予約不要)

料金は公式サイトよりも、割引サイトの方がお得です。

2日券:公式サイト割引価格 62.9SGD ⇒ KKday割引価格 56SGD

3日券:公式サイト割引価格 99.9SGD ⇒ KKday割引価格 90SGD

5日券:公式サイト割引価格 159.9SGD ⇒ KKday割引価格 141SGD
【5日券のみ】ユニバーサル・スタジオ・シンガポール1日入場チケット付き 79SGD

詳しくはこちら。

シティパスを使って選べる20のアトラクション

シティパスでは下記の一覧の中から2つのアトラクションを選ぶ事ができます。

【2日券】は13個のアトラクションから2つ、【3日券】と【5日券】は20個のアトラクションから2つ選択できます。

※アトラクションの料金は2019年1月13日にKKdayで事前購入した場合の最安価格で記載しています。(取扱のないものは定価)

【2日券】1.トリック・アイ・ミュージアム 18SGD
【2日券】2.マダム・タッソー・シンガポール 21SGD
【2日券】3.1アルティチュード 21SGD
【2日券】4.ミントおもちゃ博物館 10SGD
【2日券】5.リバー・サファリ 33SGD
【2日券】6.ジュロン・バードパーク 34SGD
【2日券】7.セントーサ・レンタサイクル 2時間 18SGD
【2日券】8.セントーサ島 ケーブルカー往復チケット 25SGD
【2日券】9.ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ 23SGD
【2日券】10.ダック・ツアー(水陸両用バスでのツアー) 28SGD
【2日券】11.ナショナル・ギャラリー 12SGD
【2日券】12.メガ・アドベンチャー・パーク・メガジャンプチケット 44SGD
【2日券】13.シンガポール動物園 レインフォレスト・ルミナ 20SGD
【3日券】14.シンガポール動物園 39SGD
【3日券】15.ナイト・サファリ  39SGD
【3日券】16.シー・アクアリウム 32SGD
【3日券】17.セントーサ 4D アドベンチャー・ランド 28SGD
【3日券】18.サンズ・スカイパーク 23SGD
【3日券】19.アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク 26.50SGD
【3日券】20.セグウェイ・ミニ・プロまたは電動キックボード1時間

シンガポールシティパスを使ったモデルコース

個人的な感想としては、シンガポールは3日あれば主要な観光スポットは十分に周れます。

むしろ、ユニバーサルスタジオへ行かなければ2日あれば周り切れますね。

ただ、飛行機のスケジュール的に2泊3日は余裕がないので、3泊4日が無難になります。

もちろん、カジノなどが目的であればどれだけでも遊べますが、観光を目的とした場合は主要な観光スポットを除けば、3日以上滞在しても時間つぶしに無理やり組み込むような形になりますので、とりあえず2日分の簡単なモデルコースを作ってみました。

ユニバーサルスタジオシンガポールへ行く場合のモデルコース

ユニバーサルスタジオシンガポールへ行く予定の人は、例え現地が2泊や3泊の場合でも、5日券141SGDを購入するのが一番お得ですね。

●ユニバーサルスタジオ 79SGD
●ナイト・サファリ  47SGD
●シー・アクアリウム 40SGD

この3つの主要なスポットへ行くだけで、166SGDになりますし、さらにオープントップバス1日券19SGD×2日分、夜景ツアーが44SGDですので、ざっくり計算して107SGDお得になります。

残りの主要な観光スポットはバラバラで割引入場券を購入すれば良いですね。

下記のモデルコースは平日になるので土日祝は大幅に変わります。

■ルート1
・09:00~ホテルからセントーサ島へ移動(パス利用)
・10:00~16:00 ユニバーサルスタジオ・シンガポール(5日券のパス利用)
・16:00~17:30 シー・アクアリウム(アトラクションパス1回目利用)
・17:30~18:00 ベイエリアに戻る(パス利用)
・18:30~21:30 オープントップバスでナイトツアー(パス利用)
※ガイド付き、ガーデンズバイザベイ、マーライオン、クラーキー、国立博物館など
・21:30~ツアーがクラーキーで終わるので、そのままクラーキーで観光

■ルート2
・08:00~10:00 世界遺産シンガポール植物園(無料)
・10:00~オープントップバスで街を観光(パス利用)
リトルインディア、アラブストリート、ブギスストリート、チャイナタウン、オーチャードエリアなど。
・18:00~22:00 ナイトサファリ(アトラクションパス2回目利用)

この2つのモデルコースであれば5日券の141SGDを余すこと無く利用できます。

シンガポールは夜が写真撮影にはベストな観光地が多いので、3日間に分けて夜のシンガポールを楽しみましょう。

マリーナベイサンズの展望台に入場料を払わずに入る方法

3泊4日だとすると、到着日の夜にはマリーナベイサンズの展望台には行っておけば良いですね。

マリーナベイサンズのスカイパークは入場料が23SGD必要になります。

しかし、展望台はレストラン、バーが一体化しているので、CÉ LA VI(セラヴィー)やスカイデッキ(Sky Deck)の利用だけでも入ることができます。

基本的にドリンクのみでの利用も可能なので約20SGD程度のドリンク代で、飲み物付きの夜景が楽しめます。

お金は支払っていますが、展望台の入場料としては実質無料です。

また展望台の営業時間は日曜から木曜が22時まで、金曜、土曜が23時までとなっていますが、スカイデッキは23時からの営業なので展望台が閉まってからでも利用可能です。

詳しくはこちら。