カランメソッド

カランメソッドの流れ

カランメソッドの流れ

 

カランメソッドをオンライン英会話で受けようと思うけどどんな流れなの?

 

カランメソッドは難しいいってよく言われてるから流れが気になる。

 

カランメソッドは確かに一般的なオンライン英会話のレッスンの進め方とは違うので、カランメソッドの授業の流れや進め方に慣れるには5回から10回ほどはレッスンを受ける必要があります。

 

カランメソッドを提供しているオンライン英会話スクールはたくさんありますし、それぞれ進め方が違うので一概に言えませんが、カランメソッド受講の正しい流れ、進め方をまとめました。

カランメソッドの流れ・受講から授業の進め方

カランメソッドの流れ

 

宣伝でもなんでもなくとても大事なことですが、無料体験レッスンから始めましょう。

 

無料体験レッスンでもカウンセリングと実際のレッスンを受講することができます。

 

カランメソッドが合う合わないよりも、そのオンライン英会話スクールが自分に合うかどうかの方が大事です。

 

サポートがしっかりしているか、ネットの回線による音声状況が良いか悪いか、予約が取りやすいか、授業中の画面の操作方法が難しくないかなどなど色々チェックしたいですね。

 

もちろん無料体験レッスンでは教材を購入する必要はありません。

 

1.カウンセリングでカランメソッドについて説明

 

最初に、カランメソッドについてカウンセリングで説明を聞きます。

 

なぜかといえばカランメソッドは特殊な方法で授業が進みますし、一般のお客様の言うことを聞いて楽しませれば良いという授業方法ではありません。

 

カランメソッドは何を目的にしてどういった感じに進めるかしっかりと理解しておかないといきなり授業が始まってしまうと、流れが分からずに慌ててしまって何もできなくなります。

 

・先生は生徒の希望を聞かない

・レッスン中の質問は禁止

・この問題は嫌だから飛ばすなど注文は受けない

 

カランメソッドにはこう言った授業中の基本のルールがあります。

 

それを知らずにお客様気分で受講すると「先生が全然希望に答えてくれない」「言うことを聞いてくれない」 などといったトラブルが起こります。

 

カランメソッドはこういったルールがあるからこそ効果的に学習できるのであって、自分のやりたいように調整してしまうとほぼ意味のなくなる学習法になってしまいます。

 

2.レベルチェック

 

カランメソッドは基本的なルールとして、どれだけ上級者だとしても必ず教科書はステージ1から始めないといけないというルールがあります。

 

しかし最近では、ネイティブキャンプなどのカランメソッドの正式認定校でも、最初にレベルチェックをして適切なステージから始められるようになっています。

 

もちろんこの対応はオンラインスクールによるので、カウンセリングで聞いてみるといいですね。

 

中級者などある程度のレベルの人がステージ1から学習することはつまらないので、やはりこの辺りは妥協をしないとビジネスにならないところもあります。

 

カランメソッドを提供していた立場から言えば、できればステージ1から学習することをお勧めします。

 

簡単だとナメている人に限って、簡単なことを瞬発的に話すことが出来ません。

 

3. カランメソッドの授業の進め方

 

カランメソッドの教材はこのような感じで構成されています。

RIGHT   LEFT

WHICH HAND’S THIS ?      It’s your lefl hand

WHICH HAND’S THIS?      It’s your riglil hand

PUT YOUR RIGHT HAND ON THAT BOOK, PLEASE !
WHAT’S HE DOING?       He’s putting his right hand on that book

CLOSE YOUR LEFT EYE, PLEASE!
WHAT’S SHE DOING ?      She’s closing her left eye

 

このパートで言えば単語「RIGHT」「LEFT」を学ぶことになり、この二つの単語を使った文章を練習することになるということですね。

 

この先の進め方は説明するよりも動画を見た方が話が早いですね。

 

 

授業は必ず復習から始まりますが、カランメソッドの良い所は自分で勉強を全くしない人でも、授業を受けている限りは強制的に最低3回同じパートを復習できるように構成されているところですね。

 

授業のルールを守ることは非常に重要で、先生が言っていることが分からないからとスピードを落としたり、先生に誘導するのを待ってもらって考えてから回答する、そういったことをしてしまうと何の意味もなくなってしまいます。

 

カランメソッドはあくまで英語で考えて英語で話すための学習方法です。

 

一般的なレッスンの先生は頼めば会話のスピードを落としてくれますし、頼まなくても生徒のレベルによってスピードを調整して話すことは当たり前です。

 

しかし、そういったレッスンばかりを続けていても、先生以外の外国人と話すことは出来ませんし、相手が何を言ってるのか聞こえないということが多々起こります。

 

そういったことにならないようにするための授業がカランメソッドです。

 

カランメソッドの授業の流れと本質についてはこちらで詳しく説明しています。

カランメソッドの本当の受け方を徹底解説|やり方次第で効果なし!

 

4.正式にレッスンを申し込むか検討する

 

とりあえず、カランメソッドの公式認定校の3社から受講してみて、それ以外のスクールも試してみれば違いがわかりますね。

 

少なくても2019年1月段階ではカランメソッドを提供しているオンライン英会話が17社あります。

 

と言っても、まともなカランメソッドを提供しているのはその中でも5社程度ですので、ご紹介しているオンラインスクールを上から受ければ十分です。