カランメソッド

カランメソッドの本当の受け方を徹底解説|やり方次第で効果なし!

カランメソッドの効果のある受け方
タマ

カランメソッドってやっていてもなんだか伸びている気がしないんですが何かやり方はあるんですか?

ロク

もちろんありますよ。ただ、やり方というよりも学習法に対する考え方で効率が大きく変わります。

 

オンライン英会話の授業の中でも、初心者が最短で最低限必要な英会話を身に着けるために、効果が高いと言われるカランメソッドです。

オンラインでカランメソッドを受講する場合も、カランの正しい受け方やメソッドの本質を理解していれば本当に英語が話せるようになる近道です。

ここでは、生徒としてカランメソッドを受講し、語学学校では提供する側に周り、講師のトレーニングも行っていた私の経験から、初心者がカランメソッドを受ける場合のやり方をまとめています。

カランメソッドの本当の受け方を徹底解説

 

ロク

カランは授業の受け方を知らずにやり方を間違えてしまえば本当に何の効果もありません。

ですので、カランメソッドを自分でも350時間以上受講し、2年間カランメソッドなどのダイレクトメソッドを提供する側にいた私の経験からカランメソッドの効率的な受け方を徹底解説してみましょう。

ただし!

私の学習方法は本当に効果的な練習方法ですが、全然おもしろくありません。

 

ロク

私が解説するカランメソッドの使い方は、どこのオンライン英会話にでも掲載されているようなカランメソッドの授業方法ではなく、本当に話せるようになるためのカランメソッドの受け方です。

 

誰でも好む方法ではありませんが「たくさんの留学生に無駄な時間を過ごさずに済みました」と喜んでもらった方法ですので、自信を持ってオススメできます。

カランメソッドはやり方次第で効果なし

 

マキ

カランメソッドってどれくらいのレベルからできるのよ?

ロク

カランメソッドを始めるのに一番オススメな人は中学3年間レベルの文法であればなんとなく理解できている人ですが、ステージごとに学習していく方法でも良いですね。

マキ

それなら初心者の私もできるわね!

 

高校で受験勉強を経験したことがあったり、大学を出ているのであれば、まず誰でも中学英語が何となくみについているレベルなのでカランメソッドを受けるのには何も問題無いでしょう。

私も学校で働いていた2年間でかなりの数の留学生に遭いましたが、私が留学した時のようなレベルの超初心者で留学してきた人は極僅かでした。

超初心者だとしても、レベル的には1日1~2時間の学習を1ヶ月すれば身に付く程度ですので、たいして難しいことではありませんね。

そして、なぜ中学3年間の文法レベルの英語力がなんとなく身についた初中級者にカランメソッドが有効なのか、なぜすでに理解している英語の徹底的な繰り返しをすれば効果的なのかといえば・・・

効率的に英語がチャンクで使えるようになる下地があるからです。

マキ

チャンクってなによ!訳のわからない単語使ってんじゃないわよ!

ロク

すいません・・・これから説明しますので・・・

 

英語学習に重要な要素のチャンクってどういう意味?

 

ロク

チャンクとは1語または最大1文からなる文章のカタマリのことです。

例えば下記のような全部で11個のワードを使った文章があります。

●Callan stage 4より

・上級者の場合
Is it cheap to build a large house in the country?
(地方で大きな家を建てるのは安いですか?)

上級者であればこの文章を細切れにせずに1文を1つの音で捉えますのでチャンクは1つです。

・中級者の場合

Is it cheap / to build a large house / in the country?

中級者であればこの文章のチャンクは2つか3つほどになります。

・初心者の場合

Is / it / cheap / to / build / a / large / house / in / the / country?

しかし、初心者の場合はこのように、文章のすべてを単語単語で分けて11個の音で区切って聞き取ろうとしてしまいます。

 

ロク

要は、1つの文章を1つの音で捉えられる人は瞬間的に処理できる英語の量が多いので、瞬間的に反応できます。

マキ

なるほどね、1文を1つのチャンクとして捉えられれば3文でも3つのチャンクだけど、単語1つずつだと20個も30個もチャンクができるってことね。

ロク

正確にはチャンクはフレーズのことを指すので、単語はチャンクとは呼ばないのですが、分かりやすくするためにそういう理解で良いと思います。

 

初心者の人だけでなく、練習が足りない人は1つ目、2つ目、3つ目と1単語毎に意味を頭で処理している間に会話が終わってしまうので、相手が何を言っていたか分からなくなってしまいます。

このように、素早く反応して話せない人は音をまとめてチャンクで掴み取ることに慣れていないので、単語一つずつの音と意味を頭の中で処理をすることに時間が掛かってしまいます。

それが、英語を聞いた瞬間的に反応できない大きな理由の1つです。

 

カランメソッドの効果的な使い方

カランメソッドの効果的な使い方

例えば、すでにカランメソッドを受講しているのに効果が上がらない人もたくさんいます。

自分が学習しているステージのレベルに適した文法力と理解力があるのに、受講していても瞬間的に意味を捉えられない、瞬間的に返せないということもあります。

その理由は、先程説明した1文から掴み取っているチャンクが多すぎるだけです。

簡単にいえば、その文章の意味は目で見て理解できていても、まだまだ会話で使いこなせるレベルまで聞き慣れていない、話慣れていないということです。

ではどうすれば良いかと言えば「何度も練習する」それだけです。

英会話なんて本当にただの慣れです。

同じ文章でもくじけずに続けて、何度も反復練習していれば一度で捉えられるチャンクの量は間違いなく減って行きます。

そうすれば、どんどんとスムーズに反応できるようになります。

理解しているのにいつまでも瞬間的に理解して話せない人は「最小のチャンクで使えるようになるまで練習していないだけ」というのが一番大きな理由です。

 

Aさん

カランメソッドは同じことの繰り返しで面白くない!退屈だ!

 

という人もいますが、語学の基礎練習が面白くないなんて当たり前です。

 

カランメソッドで練習すると使い回し出来る英語が増える

カランメソッドで言い回しが増える

カランメソッドを続けている内に、1文の中でまとめて理解できるチャンクの数が減っていきます。

チャンクの数が減る=一度に理解できる英語の量が増える

すると「あれ?なんだか急に英語が理解しやすくなった?」という状態になります。

英語を学習している人が稀に感じる「レベルの壁」を突破した瞬間ですね。

この状態になると、自分が理解している英語のルールに従って、チャンク(ここではフレーズのこと)を組み合わせて、自分が話したい文章を作る力の土台が出来てきます。

瞬間的に処理できるチャンクが長ければ長いほど、瞬間的にチャンクを組み合わせて文章が作れるようになり、よりスムーズにペラペラと話を続けられるようになるということです。

ただ、これもあくまで自分が理解している英語力の範囲での話です。

カランを受講していて理解が追いついていないと思ったら、しっかりと予習をしてその英文を理解することも大事です。

また、文法の勉強を並行してするのは良いですが、完全にカランメソッドの受講をストップして全体を底上げに集中するというのはオススメしません。

あくまでこれから学習する部分の英文について理解していくという学習にしておかないと、いつになったら英語力を底上げできるのか分かりませんし、時間ばかりかかってしまうので注意しましょう。

 

カランメソッドの勉強法では予習禁止じゃないの?

 

本場のカランスクールでは音を間違って認識するといけないので予習禁止ですが、理解できていないならやったほうが良いです。

カランメソッドは欧州の人向けに作られたメソッドですので、英語に近い発音があるヨーロッパ圏などでは間違った音で身についてしまう可能性はあると思います。

しかし、元々が英語とは全く違う発音を持つ日本人が英語の音なんて簡単に認識できませんので、気にする必要はありません。

ただし、カランメソッドを自習する場合の勉強法では、予習を1としたら復習は5するくらいの気持ちで復習に力を入れることをお勧めします。

難しさを求めてどんどん先に進むことよりも、簡単なことを何も考えずに当たり前に口にできるようになるまで、練習することが大事だからです。

3歩進んで2歩下がる方式でカランメソッドを利用した方が英語の基礎づくりには断然効率的です。

 

カランメソッドはオウム返しだからつまらない

カランメソッドはオウム返しで意味がない

良くカランメソッドの受け方を説明するとこのように考える人が少なくありません。

 

Aさん

カランメソッドはただのオウム返しなので退屈だし意味がない。

 

しかし、そういう人に限って基礎の学習を飛ばしていたり、授業ではやたらとフリートークばかりして、話してた気になっている低レベルなブロークン・イングリッシュだったりしますね。

オウム返しでも良いんです。

とにかく・・・

最低限の基礎レベルの英語を聞いてすぐ返事をするための瞬発力を高める

それがカランメソッドの最大のメリットなんです。

簡単な基礎英語が何も考えずに口から出るレベルにならないと

「考えながら自分の頭にあることを話す」

という、さらに難しいことができるようになる訳がないということです。

日常英会話レベルであればステージ1から4で十分

カランメソッドの教材にはStage1からStage12まで12冊の本があります。

しかし、少しでも早く日常英会話が話せるようになりたければステージ1からステージ4までを繰り返して練習をすればそれで十分です。

むしろ、初心者のうちはステージ1とステージ2を覚えこむほどに徹底して繰り返しているだけでも良いですね。

ステージ1とステージ2が簡単過ぎてツマラナイほどに使いこなせるようになれば、海外旅行英語程度であれば何の問題もなくなるでしょう。

また、非ネイティブが話す英語であればほぼ聞き取れるようになります。

同じようにステージ3とステージ4も繰り返して、それも簡単になったらステージ5とステージ6はやっておいても損はないかなといった感じです。

ハッキリ言って、ステージ7からステージ12はしなくて良いです。

ステージ4 までが簡単になったら、英語をペラペラと話すために次の段階に進むことをおすすめします。

カランメソッドはステージ12まですると話せるようになる?
カランメソッドのステージ12が終わると英語が話せるようになる?カランメソッドは全部で12冊のテキストがあり、ステージ1からステージ12というようになっています。そこで、多くの人が気になることがあります。「カランメソッドのステージ12が終わると英語が話せるようになる?」結論を先に言ってしまえば、カランメソッドをステージ12まですることに価値はありません。...

 

英語を話せるようになるためのやり方が間違っている

 

ロク

日本人がどうして英語を一生懸命勉強しているのに英会話が上達する人が少ないのか分かりますか?

マキ

もったいぶってんじゃないわよ!早く言いなさいよ!

ロク

わかりました・・・。

 

それは、英語を勉強しているからです。

 

それはどういう意味か分かりやすいようにスポーツに例えてみましょう。

 

自分の好きなスポーツが上手になりたくて、ルールブックやHow to本は一生懸命読んで勉強しているけど、肝心の練習はあまりしていない。

 

ロク

要は、英会話ができるようになるには英会話の練習が大事なのに、英語の勉強ばかりしているからいつまで経っても話せない人が多いということです。

 

日本人の英語学習者の多くがいつまでも英語が話せない理由

日本人の英語学習者の多くが勉強80%:練習20%の割合で英語を勉強しているのが事実です。

英会話ができるようになりたければ勉強20%:練習80%の割合でないといつまで経っても話せないのにも関わらず、勉強ばかりしているんです。

この数字は私の経験則からですが、フィリピンに留学している人の80%が英語力の伸びを感じずに帰国しているという事実があります。

 

ロク

日本にあるスパルタ英語学校などでは「ご飯を食べている時と寝ている時以外は勉強してください」と言われるらしいですよ。

マキ

そりゃ、それくらいしないと話せるようにならないからなんじゃないの?

ロク

でも、そんなことをしていても話せるようにはなりませんよね?
それって一体何を目指して勉強しているんでしょう?

 

確かに、TOEICの点数が800点、900点になってから英会話の練習を始めるのも間違ってはいません。

しかし、それでは遠回りすぎて普通の人はそこに辿り着く前に嫌になるのが目に見えています。

点数のために英語を勉強するのなら、学生時代に勉強した英語が話せるようにならない英語と何ら変わりはありません。

私はいつも英語を話せるようになりたければ中学英語を80%は身に付けてからとご紹介しています。

それが英語を勉強すべき20%に当たり、そこからは全力で英語を話す練習に集中することが大事です。

なんだかんだと言っていますが、中学英語だけできれば良いんですからハードルはかなり低いですよね。

カランメソッドの勉強方法のまとめ

カランメソッドは英会話の練習用レッスンであって、勉強するレッスンではない
英語が話せるようになるためには勉強ではなく、身に付くまでの練習が必要
理解できないレベルの教材を使わない。
中学3年間の文法レベルの文章をカランメソッドで考えることなく瞬発的に返せない人に、それ以上に難しい英会話はできない。
日常英会話を最短で身に着けるなら徹底的にステージ1からステージ4を反復練習する

カランメソッドには公式認定校と非認定校で大きなメリットの違いがあるので注意しましょう。

カランメソッドがあるオンライン英会話スクールを比較!
カランメソッドが受けられるおすすめオンライン英会話17校まとめ カランメソッドが受講できるオンライン英会話スクールは結構多いですが、各社を比較するとカランメソッドの授業方法、先...

オンライン英会話は緊張して無理という方は安くて高性能な英語学習アプリがおすすめです。

英語が話せるようになるようになるにはアプリがおすすめ【最短で習得】
英語が話せるようになるようになるにはアプリがおすすめ【最短で習得】初心者でも英語が話せるようになるにはどんなアプリがおすすめですか?初心者でも英語が話せるようになるには最初はアプリを使うのがおすすめです。ここでは、実際にアプリをどのように使えば初心者でも英語が話せるようになる効果が出るかご紹介しましょう。...

カランメソッドが厳しそうならカランよりゆるいDMEメソッドがさらに初心者向けです。

DMEメソッド・オンライン英会話の料金とカランメソッドの料金を比較 オンライン英会話で受講できるダイレクトメソッドの授業「カランメソッド」と「DMEメソッド」ですが、どちらも同じ様な内容なのでどち...