海外移住

海外から日本の雑誌や週刊誌を読む方法・好きなだけ読める

タマ

海外から日本の雑誌や週刊誌が読みたいんですけど、何か良いサービスってありますか?

結論から言えば、海外に住んでいても日本の雑誌や週刊誌が読みたいというときに一番使えるサービスはダントツで楽天マガジン(定額制雑誌読み放題サービス)ですね。

・月額たったの380円

・最初の31日は会員登録無料で読み倒せる

・250冊以上の最新の雑誌や週刊誌が読み放題

・オフラインでも読める

・パソコン、スマホ、タブレットなど何でも対応している

それでは、楽天マガジンと海外から日本の雑誌や週刊誌を読む方法をチェックしてみましょう。

海外から楽天マガジンで雑誌や週刊誌を読む

何度でも言いますが、海外から日本の雑誌や週刊誌を読むなら月額たった380円の楽天マガジンが便利です。

●楽天マガジンで読めるカテゴリー

・女性ファッション・ビューティー
・女性ライフスタイル
・男性ファッション
・男性ライフスタイル
・グルメ・トラベル
・スポーツ・アウトドア
・IT・ガジェット
・ビジネス・経済
・ニュース・週刊誌
・家事・インテリア
・趣味・娯楽

例えば「GOETHE(ゲーテ) 電子書籍400円」「クーリエ・ジャポン 電子書籍700円」「サイゾー 雑誌980円」などを含んだ250冊以上が読み放題なワケですが、1冊読めば元が取れるって凄いですよね。

もちろん、ゴシップ好きな方は週間文春や週刊新潮も読むことができますので、ネット上にはない日本の情報を得るにも良いですね。

楽天マガジンは楽天ポイントで払える

たった月額380円の楽天マガジンですが、さらに素晴らしいのが支払に楽天ポイントが使えるということです。

普段から楽天を使っていたり、楽天ショッピングなどのサービスを利用していれば毎月数百ポイント位は知らない間に溜まっていますし、楽天のポイントメールなどで小まめにポイントを貯めておけば380円位ならほぼ無料に出来ますね。

楽天マガジンはオフラインでも読める

楽天マガジンの良いところは、スマホなどに書籍をダウンロードしておけるのでネット環境がなくても読めるところですね。

ダウンロードの最大容量は決まっていますが、はどの書籍も1冊200MB位までなので容量も軽いですし、読んだ本から消去していけばデータが溜まってダウンロードできないということもありません。

海外から日本の雑誌や週刊誌を読む方法

楽天マガジンが異常にコスパが良いのは間違いないのですが、残念ながら普通に海外から接続してもこのように表示されてしまって読むことができません。

良くある海外からの接続はお断りっていうパターンですね。

日本のHuluやDAZNなどを海外から視聴しようと思っても同じ様にアクセス拒否されてしまうのと同じです。

それならば、どうすれば良いかと言えば「VPNサービス」を利用することですね。

VPNサービスというのは簡単に言えば「海外からの接続を日本からの接続に変換する仕組み」のことで、海外からの接続と分からないようにしてしまうという方法です。


コレを利用すれば、さっきまで見ることが出来なかったサイトも見られるようになりましたね。

ちなみに、VPNを利用すれば日本国内だけで配信されている動画サイトも全て見ることが出来るようになりますし、海外からダウンロードできないアプリなどもダウンロードすることが可能になるのでとても便利ですね。

今は、海外からの接続以外には一般的にそれほど利用者のいないサービスですが、重要な情報を扱っているシステムでは利用されて当たり前ですし、ビットコインやオンライン上のセキュリティなどの重要性が高まれば個人を特定される心配がないVPNサービスはもっと利用されるようになるでしょう。

とりあえず、楽天マガジンは31日間読み倒しても無料ですし、VPNが利用できるマイIPは最大60日間無料お試し期間があるので、両方とも登録して試して見ると良いですよ。

雜誌や週刊誌を31日間無料で読み倒してから決めればいい。