フィリピン留学

フィリピン留学で働きながら英語を勉強する【ビザと保険は要注意】

 

アヤ

留学するお金が無いのでフィリピン留学で働きながら英語の勉強をしたい。

タマ

英語の勉強で少しでも長くフィリピン留学するためにインターンで働きたい。

 

フィリピン留学にはたくさんの語学学校があり、多くの学校でインターンを活用しているので留学費用を抑えて長期間フィリピン留学をすることも比較的簡単です。

しかし、完全な違法でインターンを使っている学校も想像以上に多いので要注意です。

ここでは、フィリピン留学で働きながら留学する場合の注意点についてまとめていますので、これからフィリピン留学する人は罠にはまらないように気を付けてくださいね。

 

フィリピン留学で働きながら英語を勉強する

 

ロク

学校の学生マネージャー始めてどれくらいなんですか?

インターン

今でもうすぐ8ヶ月になりますね。最初は6ヶ月の予定でしたけど居心地良いので、1年くらい居ようと思ってます笑

※フィリピン留学ではインターンのことを学生マネージャーと呼んでそれっぽく誤魔化します。

 

語学学校を訪ねて、対応してくれる学生マネージャーと話しているとこんな話が非常によくあります。

もちろん、私もインターン?っぽいことをしている時はそんな1人でした。

しかし、インターンとして8ヶ月働いているというのは言うまでも無く不法就労者です。

何故かといえば、フィリピンで労働ビザを取得せずにインターンが働ける最長は6ヶ月だからですね。

 

フィリピン留学のインターンは最長で6ヶ月

 

フィリピン留学でインターンとして働きながら勉強できる最長期間は6ヶ月です。

基本として、まずは特別就労許可(Special Work Permit:SWP)を取得します。

SWPは、3カ月有効で1回限り延長可能ですので、最長6ヶ月はインターンとして働きながらフィリピン留学を続けることができます。

6ヶ月経過して更に働く場合は外国人雇用許可(Alien Employment Permit:AEP)を取得して、1年から3年の労働ビザを取得しなければいけません。

ですので、インターンとして6ヶ月以上働いている時点で不法就労していることになり、労働局などに見つかれば強制帰国、入国禁止のブラックリスト入りが決定します。

この際、学校サイドは通常罰金を支払えば終わりです。

相当悪質であれば業務停止命令がでますが、インターンでそこまでになった話は聞いたことがありませんね。

学校によってはSWPは取得せずに「SSP※を取得して生徒のフリをしていれば誰にもバレない」という扱いでインターン生を働かせているケースが少なくありません。
※SSP=特別就学許可証は外国人がフィリピンで勉強する場合に必要

 

ロク

ちなみに、インターンだけでなく現地採用でも観光ビザで働いている人は未だに少なくありませんよ。

 

フィリピンは不法就労天国

 

フィリピンは東南アジアの中でも、まだまだ不法就労天国です。

語学学校を数校周れば観光ビザで働いているスタッフにもすぐに会えますね。

だからこそ、中卒でも高卒でもノースキルでも出来る仕事がありますし、フィリピンであれば海外移住も簡単にできてしまいます。

 

セブ島に海外移住したいけど仕事はすぐに見つかる?英語は必要?
セブ島に海外移住したいけど仕事はすぐに見つかる?英語は必要?気軽にできる海外移住先として人気のあるフィリピンのセブ島ですが、気軽に移住できたとしても現地での仕事はあるのか?英語ができないと働けないのでは?という心配があります。そこで、今回はセブ島への海外移住を考えている人向けに、現地での仕事は英語が話せなくてもできるのか?ということについてまとめてみました。...

 

何もかも理解して不法就労してもフィリピン留学で働きながら勉強したい人は良いですが、違法で滞在したくない人はしっかりとSWPやAEPについて確認することをおすすめします。

抜け道としては、インターンとして6ヶ月以上フィリピン留学を続けるのであれば6ヶ月直前にフィリピンから出国して、また戻れば1から再スタートできます。

 

ロク

違法だと分かっていても何の問題にもならない場合がほとんどなので、出国せずにインターンとして留学している人の方が圧倒的に多いですけどね。

 

0円留学なら正規インターンとして働ける


フィリピン留学であれば大体どの学校でもインターンの募集をしているので、直接学校に問い合わせれば案外簡単に見つかります。

ただ、違法であるかどうかまでは学校が教えてくれる訳が無いのは当たり前ですね。

しかし、フィリピン留学でも0円留学でのインターンであれば違法性はありません。

以前は「0円留学はグレーだ、違法だ」というような声もありましたが、しっかりとSWPなどの申請を行なっていますので違法ではありません。

例えば、セブにあるフィリピン政府公式認定 語学学校NILSであれば0円留学で「英語留学」と「IT留学」のどちらも選ぶことができます。

また、一般的に0円留学といえばコールセンターですが、NILSの場合はIT系を選ぶことができるのでIT技術を学びながらWEB周りやマーケティングの業務をすることができます。

 

セブで0円留学から海外移住する方法
セブで0円留学から貯金無しで海外移住・ノマドワーカーの近道セブ島へ行けば貯金無しでも0円留学で英語の勉強ができるって聞いたんですがホントなの? 0円留学をしてそのままセブに海外移住している人もいるらしいけど、そんなに美味しい話はあるんですか? 結論から言えば、0円留学でセブ島へ留学することはできます。ここでは0円留学をおすすめする人としない人などもまとめてみました。...

 

働きながら留学するなら海外旅行保険は必須

フィリピン留学で違法に働きながら長期留学をすることを止めた方が良いなどと正当性を訴えるつもりはありませんが、保険だけはどうにかしておいた方が良いです。

フィリピンで働きながら留学して費用を抑えたいという人に多いパターンが「保険無しの長期滞在」です。

元々お金が無いので、安くても年間13万円ほどはする海外旅行保険に入るのをケチってそのままフィリピンへ来てしまいます。

しかし、フィリピン留学経験者であれば周知の事実ですが、フィリピンで長期間留学している人はたいてい何らかの病気で病院のお世話になる可能性が非常に高いですね。

学校で働いている時に何度付き添いで病院に行ったか数えられませんし、事故にあって病院に行った人も少なくありません。

当たり前ですが、違法でインターンを使っている学校なんて万が一の際に何もしてくれません。

もし何かあった時に学校が言うことは「病院では生徒のフリをしろ」「働いているって絶対に言うな」くらいのことですね。

しかも、保険がないと無保険診療になるので費用を抑えて留学どころか病気や怪我によっては数百万円の費用が必要になる可能性も決して低く無いです。

 

事故状況治療・救援費用保険金支払額
胸の痛みを訴え受診。心筋梗塞と診断され22日間入院・手術。家族が駆けつける。4,068,007円
オ-トバイにはねられ意識不明となる。全身打撲・脳挫傷と診断され144日間入院。家族が駆けつける。4,048,081円
頭痛を訴え意識を失う。くも膜下出血と診断され34日間入院・手術。5,313,071円
大雨のため語学学校の敷地内で滑り転倒。恥骨下枝・寛骨臼骨折と診断され74日間入院。家族が駆けつける。3,030,000円

引用:https://hoken.kakaku.com/insurance/travel/select/cost/philippines/

 

特に渡航してから2ヶ月から3ヶ月目は気が緩んで体調を崩しやすいタイミングです。

本来は1年間の保険に入るのがベストですが、最悪でもクレジットカードの無料付帯保険くらいは利用できるように準備しておきましょう。

 

ロク

フィリピンは交通事情が非常に悪いので、個人的には病気よりも事故や怪我の方が怖いですね。

 

短期留学で保険のおすすめは?クレジットカード保険は自動付帯が便利
短期留学で保険のおすすめは?クレジットカード保険は自動付帯が便利 短期留学で1ヶ月程度の留学に行く場合に、どうしても気になる点が海外旅行保険は必要かどうかですね。 海外旅行...
留学でも海外旅行でも絶対に忘れてはいけないのが「無料付帯の海外旅行保険付きクレジットカード」です。エポスカードは数ある無料クレジットカードの中でも、海外旅行保険の無料付帯が最強の一枚です。万が一のときも持っているだけで保険が使えますので必ず所持したいクレジットカードです。マルイでのショッピングや海外キャッシングにも便利ですね。
年会費永年無料
発行に掛かる時間ネットで通常1週間・マルイ店頭受け取りなら即日発行
海外旅行保険自動付帯・海外旅行で所持しているだけ大丈夫※VISA
ポイント200円ごとに1ポイント・プリペイドへのチャージも可能

 

ロク

クレジットカードなんて1~2枚あれば良いと思っていませんか?海外では病気や万が一の事故で搬送されたら数百万円なんて普通です。
クレカの保険は複数枚あれば加算して使えるので万が一に備えましょう。