旅の準備

LCC機内持ち込み手荷物だけで海外旅行!おすすめバックパック10選

機内持ち込み手荷物だけで海外旅行

 

アヤ

機内持ち込み手荷物で使えるリュックってどんなものがありますか?

 

海外旅行と言えば、スーツケースや大きなカバンが必要だと思いこんでしまいがちですよね。

しかし、実際には機内に持ち込める手荷物のリュックだけでも十分に海外旅行はできます

そこでこの記事では、まず何をおいても一番必要な機内に持ち込みできるおすすめのリュック(バックパック)や機内持ち込み手荷物だけで旅行するメリットをご紹介します。

 

LCC機内持ち込み手荷物だけで海外旅行

 

私自身は主にアジア圏をメインに海外旅行を繰り返していますが、最長で約4ヶ月の海外旅行を機内持ち込み手荷物として扱える40Lのリュック1つでしました。

気温が10度前後の国から35度前後の国まで、どこでもリュック1つで何の問題も無く快適に過ごせてしまったので、もはやスーツケースや預け入れ荷物なんて持って旅行はしたくありませんね。

もちろん、男性と女性で持ち物は変わるので一概には言えませんが、私が旅の途中で会った女性でも7kgの手荷物で旅行をしている人は普通にいますので、無理ではないでしょう。

 

預け入れ荷物を持って旅行するデメリット

海外旅行は機内持ち込み手荷物のリュック一つがおすすめ

 

まず、預け入れ荷物を持って旅行するデメリットはたくさんありますね。

・飛行機に乗る度に預け入れ荷物の料金を支払う必要があり、LCCなどの利用価値が下がる

・預け入れ荷物のためにカウンターに並ばないといけない

・飛行機を降りてから、預入荷物を引き取る時間が無駄

・ロストバゲージされるかも知れない

・大きな荷物を持って動きにくいので、常に荷物を預ける場所を考えないといけない

・荷物を開くといちいちパックキングに手間が掛かる上に、ついつい不要な荷物が増えてしまう

・荷物を抱えて移動している間が常に修行になる

ざっと考えつくのはコレくらいですが、機内持ち込み手荷物だけで旅行をすることで、これら全ての問題から開放されますね。

 

日本に就航しているLCCの手荷物の大きさ・重さ制限の一覧

海外旅行で機内持ち込み手荷物の制限

日本国内に就航しているLCCで、機内に持ち込める手荷物の大きさや重さ制限について調べてみました。

LCCではない、ANAやJALなどを含めた各国の航空会社がLCCよりも制限が低いということはまずありませんので、LCCが大丈夫であれば問題ないでしょう。

もちろん、海外の国内線などは手荷物も禁止など条件が厳しい場合もありますので、その辺りは臨機応変に行くしか無いですね。

航空会社名 サイズ制限 情報掲載の公式ページ
バニラエア 長さ55cmX高さ40cmX奥行き25cm以内
三辺の合計が115cm以内
身の回り品含めて2個で7㎏まで
バニラエア
春秋航空 長さ56cm×高さ36cm×奥行23cm以内
3辺の合計が115cm以内
身の回り品含めて5㎏まで
春秋航空
peach 長さ50cm×高さ40cm×奥行き25cm以内
3辺合計が115cm以内
2個の合計が10kgまで(※)
2018年10月28日から7㎏までに変更
ピーチエア
エアアジア 長さ56㎝ x 高さ36㎝ x 奥行き23㎝以内
合計重量は7kg
エアアジア
ジェットスター 長さ56cm高さ36cm×奥行き23cm
合計重量は7kg
ジェットスター
スクート 長さ54cm x 高さ38cm x奥行き 23cm
3辺の合計は最大115cm
2個合計10kg
スクート
タイガーエア台湾 長さ54cm×高さ38cm×奥行き23cm未満
2個合計重量が10kg
タイガーエア台湾
香港エクスプレス 長さ56x高さ36x奥行き23cm以内
手荷物1点7kg・身の回り品1点重量制限無し
ただし、2つの合計の大きさは56x36x23cm
香港エクスプレス
セブパシフィック 長さ56cm x 高さ36cm x 奥行き23cm以内の手荷物1個
重量は7㎏まで
35cm x 20cm x 20cm以下のバッグ1個
重量の記載無し

セブパシフィック
エアプサン 長さ55cm高さ40cm奥行き20cm=115cm以内
重量は10㎏まで
ハンドバックなど追加で携帯可能
エアプサン
ジンエアー サイズ記載無し
3辺の合計は最大115cm
重量は12㎏以内
ハンドバックなど1点追加で携帯可能
エアプサン
イースター航空 サイズ記載無し
三辺(横、縦、高さ)の合計が115cm以下
重量が7kg以下の手荷物1個
ハンドバックなど1点追加で可能
イースター航空
チェジュ航空 長さ 55cm、高さ40cm、奥行き 20cm以内
重量が10㎏以内の手荷物1個のみ
別で持っていると追加料金
チェジュ航空
エアソウル 長さ55cm, 高さ40cm, 奥行き20cm以内
3辺合計115cmまで
重量が10kgを超えないもの1点
ハンドバックなど追加で持込可能
エアソウル
ティーウェイ航空 長さ55cm、高さ40cm 奥行き20cm
合計が115cm以内、重さ10kg以下
追加でハンドバックなど身の回り品1点のほかに
パソコンなど1点のみ可能
ティーウェイ航空

ピーチエアが10㎏から7㎏になったのが個人的にはショックですね。

また、春秋航空が全ての合計5㎏とかなり少ないですので、手荷物バックパッカーには使いにくいです。

春秋航空さえ避ければ、どの航空会社でも7㎏であれば大丈夫ということです。

※十分に注意して調べていますが、海外資本のLCCのは理解が難しい日本語もありますので、正確な情報は各航空会社の公式ページをご覧ください。

 

バックパックはサイズがしっかりと分からないので多少越えても問題ない

 

どの航空会社も持ち込みできるバッグのサイズは3辺の和が115cmまでになっていて、サイズの基本は形がしっかりとしている持込可能なスーツケースなどが基準になっています。

ですので、荷物が少なければ小さく見えるバックパックは40Lくらいのサイズであれば5cmや10cmのサイズの違いで持ち込み不可になることはまず無いといえるでしょう。

私もサイズが越えた状態のバックパックで日本と海外をLCCで行き来したことは何度もありますが全然大丈夫です。

海外旅行に頻繁に行く私でも、サイズの確認をされたことは成田空港でバニラエア利用時に1回あるだけですし、その時も荷物が少なかったので問題無しでした。

パックパックであれば3辺の合計が115cmを越えていても、パンパンに詰め込んで膨れ過ぎていたり、よほど運が悪くない限りは問題ないということです。

 

ロク

ただ、絶対に大丈夫かと言えば運もありますので、出来るだけ機内持ち込みができるおすすめのバックパックを持ち込んだ方が良いでしょう。

 

バックパックはやっぱりブランド物が良い?

 

バックパックはブランドものとノーブランドがありますが、正直どちらでも良いものは良いですし、ハズレはハズレです。

しかし、やはり長年アウトドア系や登山系のバックパックを制作・販売しているブランドのものは耐久性もありますし、持っていてもリュックのバランスや機能性が良い確率が高いのでオススメです。

私は、フランス産まれのアウトドアブランドのMILLET(ミレー)の40Lバックパックを愛用していて、当時はよく知らずに18,000円位で購入しましたが、10年以上使っていてもまったく壊れる気配はありません。

しかし、別で購入した3,800円のノーブランドはバッグに付いている調節ベルトなどが2年で劣化してしまい、引っ張るだけでちぎれて使えなくなりました。

そういったことからも、それなりに名の通ったブランドのバックパックを購入した方がコスパが良いのは間違いないと思います。

ただ、バックパックの色は地味な方が安全という説が多いですが、正直に言って色や柄なんて気にする必要はありません。

泥棒や何かを仕掛けてくる人達は、バックパックの色ではありません。
隙がある行動をしていて、いけそうかどうかで判断していますので、バックパックの色が目立っても行動や言動に気をつけれさえいれば大丈夫です。

機内持ち込みができるおすすめのバックパックの基準

 

今回、おすすめするバックパックの基準をご説明しましょう。

1.リュックのサイズが機内持ち込み制限の長さ56cm x 高さ36cm x 奥行き23cm以内

2.リュックの重さが1.5㎏以内

⇒女性の場合は1.2㎏までが推奨です。

3.ポケットや収納が多い、荷物へのアプローチが簡単

4.ウエストハーネスが付いている(腰回りに付いているベルト)

⇒リュックの重みを身体全体に分散できるので、これがあると無いとで長時間歩く際に大きく変わります。

5.ショルダーハーネスとバックパネルがメッシュで通気性が良い

⇒要は、肩紐と背中がメッシュになっていてムレにくい

 

機内持ち込み手荷物のおすすめ基準を全てをみたしているバックパック

 

まずは、おすすめの基準を全て満たしているバックパック5つをご紹介します。

女性が利用しているバックパックもありますが、主に男性用なので女性の方はこちらもご参考にどうぞ。

女性がリュック1つで海外旅行するのにおすすめのバックパック5選 機内持ち込み手荷物のリュック1つでバックパッカーとして海外旅行したいのは、男性だけではなく女性も同じですよね。 ...

Osprey farpoint 40 オスプレイ・ファーポイント

容量 42L
サイズ 54×35×23(cm)
重さ 1.44kg

オスプレイのファーポイントは、中身を圧縮するためのコンプレッションベルトが表面にあるのが特徴です。

しかも、外側だけでなくバックの中にも圧縮ベルトがついているので嵩張るのに軽いダウンジャケットや服などを押し込むのに非常に便利です。

1.44kgと言えば実際には1.5kgはあるので少し重いのが難点ですが、とても使いやすいバックパックですね。

GREGORY COMPASS 40 グレゴリー・コンパス

容量 42L
サイズ 55×32×25(cm)
重さ 950g

形が長方形なので、収納がやりやすいですし、バカっと蓋を開けるように利用できるので荷物の出し入れが簡単です。

また、上部のポケットの使い勝手が非常に良い上に、メインポケットが背面にあるのでスリ対策などには最高ですね。

高品質・高機能なグレゴリーのコンパス40ですが値段が高いのが難点ですね。

身長が160cm以下の女性にはちょっと大きすぎるでしょう。

 

MILLET ミレー UBIC 40

容量 40L
サイズ タテ53cmxヨコ28cmxマチ22cm
重量 1.21kg

ミレーは丈夫で使いやすいということで、アクティブなアウトドア派に好まれるブランドです。

このリュックも冬山も意識して製作デザインされているので、寒い国へ行く予定が有る人にはおすすめです。

反対に言えば、暑い国しか行かない人には向いてないとは言いませんが、若干ムレるかも知れません。

ミレーは全般的に素材に使われている生地も厚めなので、耐久性は抜群です。

 

MILLET VENOM ミレー ベノム 30

容量 30L
サイズ タテ56cmxヨコ22cmxマチ15cm
重量 940g

細身で背中のリュックがボテッとしない、スタイリッシュなモデルです。

機内持ち込みの基準よりは少し小さいですが、実際には7kgだと30L位でも十分です。

飛行機に乗って旅行を続けるのであれば、現地でたくさん荷物を増やすこともできないので、このサイズでも大丈夫です。

 

Mountaintopマウンテントップ バックパック 40L

容量 31L~40L
サイズ 53 x 29 x 25 cm
重量 950g

バックパック旅行は今回だけかも知れないから高いのは必要無いという方にオススメなリュックです。

完全防水ではありせんが、撥水加工を施したナイロン生地を利用しているので、耐久性や通気性がよく、ちょっとした雨であれば問題ありません。

バランスや耐久性など細かい面からみていけば、有名ブランド品には劣りますが、価格からするとコストパフォーマンスは高いという声が多いですね。

 

機内持ち込み手荷物のおすすめ基準を一部満たしていないバックパック

 

次に、一部おすすめの基準を満たしていないバックパックをご紹介します。

サイズ的には満たしていませんが、微妙な違いなので重量さえ越えなければ、余程運が悪くない限り問題ないバックパックですね。

 

CABIN ZERO CLASSIC 44L キャビンゼロ クラッシック

容量 44L
サイズ タテ55cmxヨコ40cmxマチ20cm
重量 730g

キャビンゼロはイギリス発祥のブランドで、バックパッカーでもあるデザイナーが旅先での利便性を考えてデザインしたリュックです。

リュックの上部とサイド部分にも持ち手が付いているので、飛行機のキャビンなどに入れる際も扱いやすい構造になっています。

さらに、たった730gですので、その分たくさんの荷物を入れることができて最高です!

しかし、ウエストハーネスが付いていないこと、四角いデザインはバランスが良くないことを考えると、旅先でトレッキングをする人や1日中歩き周る人には向いていません。

背面にメッシュ加工はありませんので、長時間の歩き周るのには適していません。

 

Hynes Eagle ハインズ・イーグル 3way

容量 40L
サイズ 約タテ51cmxヨコ34cmxマチ25cm
重量 1.1kg

上部、サイドにも取っ手が有る3Wayタイプのリュックです。

スーツケースのようにガバっと蓋が開く用になっているので、収納が簡単で、出し入れもしやすいですね。

ただ、四角いように形づくってあるだけで、実際には何も入れていなければ薄くなりますし、見た目に反して少し柔らかいのでどっしりと自立するということは無いです。

また、キャビンゼロと同じでウエストハーネスが無く、四角い作りですので、長時間の街歩きやトレッキングなどには向いていません。

背面にメッシュ加工はありません。

 

patagonia MLC パタゴニア

 

アウトドアブランドであるパタゴニアの名作の一つがこのリュックです。

しかし、アウトドアというよりも、どちらかと言えばソフトなスーツケースといったイメージで、背負って歩き回る人ではなく、ビジネスで海外に行く人などに向いていると言えますね。

上部、サイドにも手持ちが付いているので3Wayバッグとして利用できます。

背面メッシュ加工無し、ウエストハーネスもありません。

 

Alchemy Equipmentアルケミーエキップメント Carry On Black

容量 45L
サイズ 高さ55cm幅35cmマチ 25cm
重量 1.4kg

ニュージーランドのデザイナーが手がけたブランドで、価格は高いですが、高いだけあり、収納から使い勝手の全てを高品質にまとめた3Wayバックで、名前のCarry onの通り機内持ち込みサイズです。

撥水、耐水性にも優れ、防水性も高い安心仕様となっており、衝撃を吸収する機能などありとあらゆることが詰まっていますね。

欲しいところに収納の出し入れができるチャックがあり、よく使うものをすぐに取り出せるポケットなど、使い勝手は言うことなしですね。

アジア圏などではなく、おしゃれな国にスマートに持っていきたいバックパックです。

 

旅専用じゃなく街中でも普通に使いたいバックパック(基準は無視)

 

旅用だけではもったいないので、街中でも普通に使えるバックパックもご紹介しましょう。

機内持ち込みは出来ますが、おすすめの基準は一切無視で、オシャレに旅をしたい人におすすめです。

 

INCASE TRAVEL BACKPACK インケース

容量 約26L
サイズ H55 x W38 x D13cm
重量 1.4kg

INCASEは何の変哲もない普通のバックパックに見えますが「Appleが唯一認定しているブランド」ということで人気があります。

Apple認定だけあって、見た目は何の変哲もなくても、中身は機能性に溢れた一品です。

スーツケースのようにガバっと開くので収納も簡単、取り出しも簡単ですし、360度のジッパーを開くことで深さのサイズを大きくすることもできます。

ガジェットを守るためのデザインだけでなく、シンプルなおしゃれ感が良いですね。

 

機内持ち込み手荷物で重量オーバーしそうな時の対策

 

今回ご紹介したバックパックは全て機内持ち込み可能ですが、サイズは大丈夫でも重量がやはり不安ですよね。

特に、初心者が初めてバックパック旅行する場合に多く入れてしまうのが「保険としての服」なのですが、服は基本的に2日から3日分あれば良いと考えましょう。

毎日洗えば良いですからね。

それでも「やばいなーちょっと超えちゃうなー」という時の対策はこちらです!

1.服を着る余裕があるなら重ね着で着てしまう

2.身に付けられるモノは全て身につける

3.服のポケットに入るものは入れてしまう

4.軽い服は中に入れて重量のある服を着て出国する

5.現地で買えるような日用品は最低限以上に持たない

慣れないうちはついつい、あれもこれもと入れたくなります。

しかし、一般人が行かないような秘境や何も買えないような物資の無い国に行かない限りはどの国でも大体のものが買えます。

日本でしかどうしても手に入らない物だけ優先して持っていくようにしましょう。

ショルダーバッグとリュック!海外旅行の街歩きに最適なのはどっち?
ショルダーバッグとリュック!海外旅行の街歩きに最適なのはどっち?海外旅行では、現地で街歩きする時に持ち歩くバッグがどんな物が良いか気になりますよね。 街歩き用のバッグとしては「ショルダーバッグ」「リュック」が一般的ですが、どちらも安全上のメリットやデメリットなどもありますので、街歩きようにはリュックとショルダーのどちらが良いかまとめました。...
女性がリュック1つで海外旅行するのにおすすめのバックパック5選 機内持ち込み手荷物のリュック1つでバックパッカーとして海外旅行したいのは、男性だけではなく女性も同じですよね。 ...
海外旅行や留学で必須の持ち物1位
留学でも海外旅行でも絶対に忘れてはいけないのが「無料付帯の海外旅行保険付きクレジットカード」です。エポスカードは数ある無料クレジットカードの中でも、海外旅行保険の無料付帯が最強の一枚です。万が一のときも持っているだけで保険が使えますので必ず所持したいクレジットカードです。マルイでのショッピングや海外キャッシングにも便利ですね。
年会費 永年無料
発行に掛かる時間 ネットで通常1週間・マルイ店頭受け取りなら即日発行
海外旅行保険 自動付帯・海外旅行で所持しているだけ大丈夫※VISA
ポイント 200円ごとに1ポイント・プリペイドへのチャージも可能
ロク

クレジットカードなんて1~2枚あれば良いと思っていませんか?海外では事故で搬送されたら100万なんて普通です。
クレカの保険は複数枚あれば加算して使えるので万が一に備えましょう。

 

 

海外旅行に出る前にチェックすべきサイト1位

KKdayは、日本人に人気の「台湾」「タイ」「バリ島」「ベトナム」「香港」などのアジア圏だけでなく、「ハワイ」「オーストラリア」「ニューヨーク」などの格安の現地オプショナルツアーや現地で必須になる交通手段、現地Wi-Fiなどを割引価格で事前に申込みができるとても便利なサイトです。旅行前や旅行中にチェックしておくだけで、数%から数十%の割引が利用できるので使わないと損です。
特徴① 直前や当日でも購入して利用できる割引クーポンが多数ある
特徴② 1人参加でも割高にならない格安のオプショナルツアーが多数ある
特徴③ クレジットカードが使えるのでポイントGETで更に割引

 

海外旅行のホテル探しに便利なサイト1位
ホテルズコンバインドは、あらゆるホテル予約サイトを一括して検索して最安値のホテル予約サイトを見つけることができるめちゃくちゃ便利なサービスです。いちいち、アゴダ、ブッキングドットコム、ホテルズドットコムなどを見て回らなくて良いので本当に楽です。
便利度