ベトナム

あまり良い格安ホテルがないホーチミンで厳選したおすすめTOP3!

ベトナム・ホーチミンへの一人旅で移動に便利なホテルやコスパの良い格安ホテルなどをご紹介します。

正直に言って、ホーチミンは30,000円を越えるような高級ホテル以外の全体的なレベルが低いので、あまり期待はしない方が良いかも知れません!

 

ベトナム旅行は海外用のレンタルWi-Fiは必要?・ボッタクリ天国
ベトナム旅行は海外用のレンタルWi-Fiは必要?【無いと困る】ベトナムに旅行するのにWi-Fiをレンタルしたいんですが、どこでレンタルするのが良いですか?ベトナムってWi-Fiは必要ですか?そこで、ベトナムでレンタルWi-Fiが必要な理由と日本の空港や自宅への宅配でレンタルすることができて、よく利用されている人気の5社のレンタルWi-Fiルーターをまとめました。...

ホーチミンの観光拠点になるエリア

ホーチミン市街地にある観光スポットは大まかに分けて3つです。

その気になれば端から端まで歩ける距離ですので、最初の拠点から往復する気持ちで観光すれば全て徒歩で周れます。

ホーチミンの中心地ドンコイ通り周辺

プチパリと呼ばれるホーチミン随一の通りで、オシャレなオープンカフェやレストラン、雑貨店など観光客に必要な要素が全て詰まっている通りです。

ベトナムの中心地なのでローカル感はありませんが、発展するベトナムが感じられるエリアです。

ブイビエン通り周辺

ベトナムで一番カオスな通りと言われるブイビエン通りは昼も夜も多くの人で賑わっていますが、夜になるとホーチミンで沈没しているバックパッカーがたくさん現れます。

高級感あふれるドンコイ通りとは正反対のチープ感が多くの旅人を魅了しています。

ビールを飲んで友達作りは良いですが、誘われて人気の無い店や知らない場所に着いていくのは犯罪被害似合う確率が高いので止めておきましょう。

ナイトマーケットも楽しめるベンタイン市場

雑貨、食品、屋台などなんでも揃っている大きなマーケットです。

値段が決まっているお店も増えていますが、基本は値切り交渉で買い物することになりますので、マーケットに行く前に街中のお店である程度相場を把握しておくと良いですね。

マーケットは昼を過ぎるとすごい人出になりスリなども多発するので注意が必要です。

空いている時間に行くのがオススメですが、マーケットの熱気を感じたければ人が多い午後からの方が楽しめるでしょう。

夜になるとベンタイン市場が閉まった後に周辺にはナイトマーケットが出るのでそちらを楽しむのも良いですね。

ホーチミン最大級のナイトマーケット「ハントンタイ市場」

ここは宿泊の拠点とは関係ありませんが、ご紹介します。

ホーチミンのナイトマーケットと言えば「ベンタイン市場」のナイトマーケットです。

しかし、もっと規模が大きく本当にローカルしか集まらないホーチミン最大のマーケットは「Hanh Thong Tay(ハントンタイ市場)」で開催されれいるナイトマーケットです。

場所がホーチミン空港よりも更に北側になるので、タクシーで40分とアクセスは容易ではありませんが、観光客向けではない本当のホーチミンのマーケットが見たい人にはオススメです。

ただし、本当に観光客はいませんので、着飾って行かない、大金を持たない、目立たないということは頭に入れておきましょう。

もちろん、英語も通じませんので値段が無い買い物は電卓などで交渉になります。

お手頃価格でホーチミンを遊び尽くせる好立地のホテル

いつもかなりいろんな角度からホテルをチェックします。

しかし、ホーチミンの市街地にある安宿は3,000円以下だと「ここは大丈夫」とおすすめできる宿がほとんど見当たらず、現地の友人に聞いてもあまり良い知らせはありませんでした。

特にドミトリーの格安宿については「全てがベテランの旅人向け」と言った内容で、はじめて一人旅をする人や格安ドミトリーに慣れていない人には少し厳しい内容でしたね。

3,000円~4,000円でもそれなりと言ったところで「このホテルは料金以上でコスパが良い!」という宿もホトンド無い状態で難しいです。

そんな数少ないおすすめ宿の中から厳選してご紹介します。

ザ ドーム (The Dorm)

宿泊料金:1,300円から
朝食:無し
エアコン:有り

The Dormはシェラトンホテルの隣、ドンコイ通りのど真ん中で観光の立地としては最高の場所にあります。

共用バス・トイレですが、ドミトリーが嫌いな人にもシングルルームが1,500円程度であるのが良いですね。

安宿と言っても出来たばかりですし、ホステルのようなついでの宿ではありません。


きちんとホテルをビジネスとして営業しているので、ホテルなりのサービスが受けられます。

ドンコイ通りにあり、ベンタイン市場やバックパッカーズストリートからは少し距離がありますので、夜中もベトナムのカオスを味わいたい人には向いていません。

もちろん、バスやタクシーなどを利用すればすぐに行けます。

>>最安値が多いアゴダでホーチミンのホテルを検索する

>>他のホテル検索に無いホテルが見つかる海外ホテル検索、Booking.com

ジャン ホステル (Jan Hostel)

宿泊料金:3,000円から
朝食:有り
エアコン:有り

Jan Hostelはブイビエン通りまで200mの好立地にあり、バックパッカーズストリートまでも徒歩5分ほどで行けます。

ホーチミンのカオスな夜を楽しみたいけど、騒がしいところで泊まりたい訳ではないという人には繁華街とのちょうどよい距離感があっておすすめです。

ベンタイン市場までは1kmほどなので十分に徒歩圏内と言えますが、ドンコイ通り付近まで行くのであれば、タクシーやバスに乗った方が便利です。

市街地にある3,000円代のホテルの中では一番コスパが良いと言えるでしょう。

>>最安値が多いアゴダでホーチミンのホテルを検索する

>>他のホテル検索に無いホテルが見つかる海外ホテル検索、Booking.com

ボホランド ホステル (Boholand Hostel)

宿泊料金:2,500円から
朝食:有り
エアコン:有り

Boholand Hostelはバックパッカーズストリートまで徒歩3分、ベンタイン市場まで徒歩10分程の好立地にあります。

ホストマザーが日本語が少し話せるので助かること、そのホストマザーの人柄が良いことで人気がある宿です。

ホステルと言っても、ホテル業が専門ではなく部屋を貸し出している大きな家に泊まらせてもらうという形です。

ホテルのようなサービスは期待しない方が良いですし、部屋も広くはありません。

>>最安値が多いアゴダでホーチミンのホテルを検索する

>>他のホテル検索に無いホテルが見つかる海外ホテル検索、Booking.com

Hotel Majestic Saigon

格安ホテルとは別で、ホーチミンに行くなら一度は泊まってみたいという「ホテルマジェスティックサイゴン」をご紹介します。

宿泊料金:14,000円から
朝食:有り
エアコン:有り

ホテルマジェスティックサイゴン(Hotel Majestic Saigon)は古くからある歴史ある5つ星ホテルです。

ホテル自体が観光スポットになっているくらいにホーチミンでは有名ですが、ホテルへの宿泊も高すぎる訳では無いので多くの人が利用しています。

一番安い部屋では無理ですが、眺望がある部屋を選べばメコン川を望むこともできます。

ただし、古くて趣があるホテルが好きな人には最高のホテルですが、近代的に快適なホテルが好きな人は止めた方が良いかも知れません。

ホテルの古さや設備の古さは直接現地に行けばすぐに分かりますが、写真で撮る分には分かりませんので、インスタ映えは最高です(笑)

ベトナム旅行は海外用のレンタルWi-Fiは必要?・ボッタクリ天国
ベトナム旅行は海外用のレンタルWi-Fiは必要?【無いと困る】ベトナムに旅行するのにWi-Fiをレンタルしたいんですが、どこでレンタルするのが良いですか?ベトナムってWi-Fiは必要ですか?そこで、ベトナムでレンタルWi-Fiが必要な理由と日本の空港や自宅への宅配でレンタルすることができて、よく利用されている人気の5社のレンタルWi-Fiルーターをまとめました。...
ホーチミン空港から市内への移動
ホーチミン空港から市内へのタクシー・バスの料金は?深夜も行ける?ベトナムのような発展途上国への旅行では到着したホーチミン空港(タンソンニャット国際空港)からホーチミン市内へ行く方法やタクシー、バスの料金が気になりますよね。最近は深夜に到着するLCCはなどもあるので、深夜でもからホーチミン市内への移動も心配です。そこで、ホーチミン空港から市内へ向かう方法や料金をまとめてみました。 ...