フィリピン

フィリピン人も怖がる?セブ市内から魔女の島シキホールへの行き方

 

黒魔術を使う魔女がいる島としてフィリピン人にも恐れられるシキホール島をご存知でしょうか?

 

さらに、シキホール島には「ラブポーション(惚れ薬)」があることでも有名で、恋愛だけでなく仕事でも成功したい人が手に入れたい秘薬です(笑)

 

そんな胡散臭いシキホール島ですが、手付かずの自然や綺麗な海が知られ始めて徐々に訪れる人が増えていますので、今回はセブ市内からシキホール島への行き方をまとめてみました。

 

シキホール島の場所はどこ?

 

まず、シキホール島がどこにあるかと言えばこちらです。

 

 

正直言って陸路では少し面倒くさいですが、シキホール島への行き方をご紹介しましょう。

 

セブ市内からシキホール島への行き方は3通り

 

まず、シキホール島への行き方は主な手段で3通りあります。

 

●セブ市内からバスとフェリーで移動

●セブ市内からフェリーを乗り継いで移動

●セブ空港から飛行機とフェリーで移動

 

セブ市内からバスとフェリーで移動

 

セブ市内からシキホール島へバスで行く場合は「サウスバスターミナル」から出発します。

 

・所要時間:6時間~7時間

・交通費:約550ペソ(片道)

 

セブ市内からサウスバスターミナルへ

 

まずは、セブ市内からサウスバスターミナルへはタクシーかジープニーで向かいますが、さすがにジープニーはかなり土地勘が無いと難しいのでタクシーを利用しましょう。

 

配車アプリのGrabも利用できますし、セブ市内からであればタクシーはほぼ間違いなくメーターで走ってくれます。

 

マクタン空港から直接サウスバスターミナルへ向かう場合は350ペソ~400ペソで約1時間ほどでいけます。

 

時間が掛かってもチープな旅が好きであれば空港から出ているMybus(マイバス)40ペソでSM Cityまで行き、SM Cityからコロン行きのジープニー(10ペソ)に乗り、そこからタクシーに乗れば合計で120ペソ程度で行けますが、所要時間は2時間から2時間30分は必要です。

 

サウスバスターミナルからドゥマゲッティへ移動

 

サウスバスターミナルからはドゥマゲッティ行きのセレスバスに乗りますが、早朝に出ておかないと渋滞に巻き込まれて悲惨なことになりますので、午前3時頃にはサウスバスターミナルへ到着する位で向かいましょう。

 

料金はバス代が260ペソ、ドゥマゲッティに渡るフェリー代が70ペソで合計330ペソです。

 

所要時間は約5時間ほど考えておけば良いでしょう。

 

ドゥマゲッティからドゥマゲッティポートへ移動

 

ドゥマゲッティに到着したら次はドゥマゲッティポートに向かいます。

 

周辺にいるトライシクル(三輪バイク)に複数の人とシェアして乗車すれば8ペソ、1人で乗車するとスペシャル代金として60ペソ~100ペソほど要求されるので一人旅なら「no special」と伝えれば大丈夫です。

 

ドゥマゲッティポートからフェリーでシキホール島へ移動

 

最後に、ドゥマゲッティポートからフェリーでシキホール島へ移動します。

 

ドゥマゲッティポートからは普通のフェリーと高速フェリーがでています。

 

普通のフェリーの料金は120ペソからで約2時間、高速フェリーの料金は210ペソからで約1時間となります。

 

1時間の差は大きいですので、迷いなく高速フェリーをオススメします。

 

別途ターミナルフィーとして25ペソ必要です。

 

フェリーの運行時間は05:45~19:00で約1時間おきにどこかのフェリーが出港しています。

 

セブ市内からフェリーを乗り継いで移動

 

次はフェリーを乗り継いで行く方法です。

 

セブ市内からシキホール島へは直接行けるフェリーが運行しています。

 

ルートとしては、セブの「Peir1(ピア1)」→ボホール島→ドゥマゲッティ→シキホール島と港を巡りながら向かいますが、指定席で映画などを見ながらいけますので、船が大丈夫な人であればバスよりも断然楽です。

 

船にはトイレなども付いていますし、超危険な運転のバスよりもフェリーの方が安全です。

 

所要時間もバスよりも早く5時間ほどで到着しますが、料金は片道1,600ペソほどになりますので、バスよりも3倍ほど高くなりますね。

 

Powered by 12Go Asia system

 

セブ空港から飛行機とフェリーで移動

はっきりと言って一番簡単で、コスパが良いのは空路です。

 

セブ空港からドゥマゲッティ空港までの所要時間は約50分ですし、料金も片道1,500ペソ前後ですので、フェリーを利用する料金と変わりません。

 

もちろん、バスで行く場合の合計約600ペソにはコストで負けます。

 

しかし、1ペソ2.1円と計算すればバスなら約1,300円、飛行機なら3,100円で、たった1,800円の違いで約5時間は節約できると思えば安いものでしょう。

 

ドゥマゲッティからはジンベイザメのオスロブも近い

 

シキホール島へ行くのであれば、ドゥマゲッティから近いオスロブでジンベイザメと一緒に泳ぐツアーにも行くのがおすすめです。

 

セブ市内からのオプショナルツアーでも行くことができますが、ドゥマゲッティまで行くのであれば、1日目はドゥマゲッティで1泊して、2日目はオスロブが最高のプランですね。

 

飛行機なら早朝5時頃の便がありますので、早朝からドゥマゲッティへ移動してシキホール島を楽しんだ後にドゥマゲッティへ戻って1泊し、2日目の早朝からオスロブへ向かえば午後には余裕を持ってセブ市内へ戻ることができますよ。

 

ドゥマゲッティのホテルであればお手頃価格でピックアップサービスも利用できるので便利です。

ドゥマゲテ市内発-オスロブ行き:貸切チャーター車片道送迎+フェリー乗船チケット