海外で日本のテレビ

海外からJ SPORTSオンデマンドを見る方法

 

タマ

J sportsオンデマンドを海外から見る方法はありますか?

 

検索してこのページを見ている人は分かると思いますが、海外から日本のJ SPORTSオンデマンドやJスポーツが配信されている動画などは日本国内専用なので視聴することができません。

しかし、VPNサービスを利用して、簡単な方法で海外からJスポーツオンデマンドを見られるようにできます。

バスケット、ラグビー、野球、サイクルスポーツなどを放送しているJスポーツオンデマンドを海外から見られるようにしてしまう方法をご紹介します。

もちろんパソコンでもスマホでも使える方法です。

 

スポーツチャンネルであれば最強はDAZNです。

DAZNは30日間無料体験で視聴できますのでついでにどうぞ。

J SPORTSオンデマンドの内容

 

J Sportsオンデマンドでは、基本的にアマチュアを中心に国内のマニアックな試合を配信していることで有名ですね。

大きなイベントが有る場合はワールドカップや世界大会系も放送されますので、ラグビーのワールドカップ開催中は視聴者がかなり伸びたようです。

 

●日本の高校、大学のバスケットの試合

●サッカー日本代表の試合やフットサルの試合

●プロ野球中日ドラゴンズを中心に侍ジャパン、大学、社会人野球も放送

●高校から大学、日本代表ラグビーの試合

●あらゆるサイクルスポーツ

●SUPER GT、WEC,WRC、SBK、スーパーフォーミュラ、エアレースなどモータースポーツ

スポーツ関係では大学や社会人だけでなく高校の試合まで放送するので、本当にマニアックな番組構成ですね。

料金はチャンネル毎に月額料金がバラバラですが、見たいチャンネルが2つ以上ある場合は全ての番組を見られる総合パックが2,400円(税抜き)で見ることができます。

また、25歳以下は50%OFFの月額1,200円になるのでかなりお得ですね。

海外からJ SPORTSオンデマンドを見る方法

 

海外からJ SPORTSを視聴しようとすると、下記の画像のように公式サイトのトップページに接続すらできない状態になります。

画像:J SPORTS

日本で有料会員になっていて、海外でも見れると思っていると接続できなくて悲しい思いをしますね。

しかし、そんなJスポーツの公式サイトもVPNサービスを通せば簡単に見られるようになります。

 

海外からJスポーツオンデマンドにアクセスできない理由

 

海外から日本に接続できない理由としては、国外からのIPアドレスを弾いているからです。

IPアドレスというのは、簡単に言えば一人ひとりの機器に割り当てられた住所のような物で、IPアドレスが分かれば個人を特定できてしまうモノです。

そこで便利に使えるサービスがVPNサービスと言うわけです。

VPNサービスというのは、日本向けの動画配信サイトに海外からアクセスした場合に、その配信サービスが海外からのIPアドレスを拒否するのであれば、海外からの接続として発信されているIPアドレスを日本のIPのアドレスに変更してしまおうというサービスですね。

なんだか犯罪じみたように聞こえるかも知れませんが違法性はなく、VPNサービスを提供しているインターリンクのVPNでも20年以上続く優良なサービスです。

VPNとはVirtual Private Networkの略で仮想プライベートネットワークのことです。
インターネット接続の際の安全性と匿名性を高めるため通信手段ですが、これを利用することで海外からの接続を日本からの接続に変換することが可能になります。

この方法は違法動画などを助長している内容ではなく、純粋に海外に住んでいて日本の番組を見たい方へ向けた内容です。

だいたい分かったという人は、現時点で動画配信に強いNordVPNを試してみて下さい。

ただし、VODなどは規制が掛かるタイミングが分かりませんので、とりあえず1ヶ月または長くても1年にしておきましょう。

NordVPNは長期契約すればするほど費用が格段に安くなります。

 

海外からJスポーツオンデマンドにアクセスする方法

 

海外から日本国内線用のJスポーツオンデマンドにアクセスする方法は3つあります。

1.VPNサービスを利用する

2.日本国内の自宅にあるTVに外部機器を接続して、インターネットで外部機器に海外から接続する

3.海外に日本のIPアドレスが利用できる外部機器を設置して利用する。

この3つの方法があるのですが、断然オススメは1番です。

2番と3番は接続方法としては安定するものの機器を揃える初期費用が数万円と高いです。

さらに初期費用以外にも月額などの費用が掛かる場合があることを考えれば利用価値は低いですね。

2番と3番はVPNが個人で気軽に利用できなかった一昔前に機械を使った接続はとても便利な方法でした。

しかし、インターネットが世界中に普及していて、1ヶ月たった1,100円~1,300円程度でVPNを利用できる今の時代には機器を利用した方法はまったく必要無いサービスといえるでしょう。

Jスポーツオンデマンドを海外から利用できるVPN

 

海外から日本向けに提供されているJスポーツオンデマンドの動画配信を利用できるサービスで一番よく使えるのが、海外では人気のNordVPNかインターリンク社が提供しているセカイVPNかです。

ざっくりと説明しておくと、インターリンクのセカイVPNは、日本・アメリカ・ドイツ・台湾・韓国にサーバーがあり、NordVPNは日本を含む世界59箇所にサーバーがあります。

選択すれば日本だけでなく、日本には提供されていないネット上のサービスや番組配信にも接続することができます。

例えば図で説明するとこうなります。

この図のように、海外から一旦日本のサーバーを経由してIPアドレスを変更すれば、日本から接続しているのと同じですので簡単にJスポーツオンデマンドの日本向けサービスに繋げることができます。

最近では海外からの視聴に規制が厳しくなっていて、NordVPNでもセカイVPNでも視聴できるVODが限られて来ています。

以前は、インターリンク社のマイIPがオススメでしたが、現在は規制されてしまっているVODが多いです。

 

VPNを利用して視聴できるオンデマンド配信

 

Jスポーツオンデマンドの日本向けサービスを利用するだけであればセカイVPNでも良いですが、長期契約で安くできることや全体的に考えればNordVPNの方が用途は多いですね。

NordVPNセカイVPN
DAZN(ダゾーン)
Hulu(フールー)
アマゾンプライムビデオ
Tver(ティーバー)
アベマTV
U-NEXT(ユーネクスト)
GYAO(ギャオ)
FOD(フジテレビ)

 

他にも視聴できないサービスはありますが、これらの有名所もすでにマイIPでは規制対象になっていますので、利用しても海外から視聴することができません。

どちらも、視聴できる番組が分かれていますが、少しでも多くの動画配信を見るのであればNordVPNがおすすめでしょう。

 

NordVPNの料金と返金保証期間

先にも書いていますが、NordVPNは無料体験期間はありませんが、30日間の返金保証期間があります。

使ってみて不要だと思えば解約することができますし、解約しなくても1,300円ほどの出費ですのでその点は心配する必要がありません。

NordVPNには「1ヶ月」「1年」「2年」「3年」のプランがあり、3年プランであれば1ヶ月たった3.49ドルですので、いろんなVPNサービスの中でも最安値クラスになります。

1ヶ月11.95ドル 割引無し
1年6.99ドル  41%お得
2年4.99ドル  58%お得
3年3.49ドル  70%お得
すべてのプランで30日返金保証が適用されます。

 

Jスポーツオンデマンドのサービスだけではありませんが、海外からIPアドレスを利用してオンデマンドの動画配信サービスなどを利用していると突然視聴制限される場合があります。いつ制限が掛かるか分かりませんので、慎重に考えて1ヶ月にするか長くても1年の契約をオススメします。

 

ロク

まずは、返金保証期間を上手に利用してNordVPNを試してみましょう。

 

Jスポーツオンデマンドを海外から見るのに推奨の回線速度は?

 

私の場合はネット回線が遅いフィリピンに在住していますので、速い時で5Mbps、平常時は1Mbps~2Mbps程度の速度です。

平均2Mbps程度ではJスポーツオンデマンドは厳しく、3Mbpsになるとたまに止まる程度で視聴することができます。

他の動画配信サービスは低画質であれば3Mbpsで止まることはあっても十分に視聴できる範囲ですが、やはり1Mbpsは読み込みが長いので、低速回線では厳しいかなと言ったところです。

海外から視聴するのであれば最低でも平均して5Mbpsは欲しいですね。

 

NordVPNで日本から海外の動画配信サービスに接続できる

 

海外から日本国内向けのJスポーツオンデマンドのコンテンツに接続できるということは、VPNを利用すれば同じように日本から海外でしか提供されていないサービスも利用することができます。

例えば、日本では放映権がないために放送されない韓国ドラマや海外ドラマなども、クレジットカードなどの登録が無ければ見ることができます。

もちろん、海外の番組なので日本語があるわけ無く基本はその国の言語になりますが、英語・韓国語・台湾語・ドイツなどそれぞれの番組を見たい人が、日本語を求めていることは無いですよね。

特に語学を勉強している人にとっては、海外向けに放送されている番組ではなく国内向けに放送している番組を見ることができるので、とても良い勉強になります。

ただし、現地のクレジットカードなどの登録が必要な場合は日本から海外の動画配信サービスを見ることが出来ません。

 

海外でJスポーツオンデマンド・まとめ

 

Jスポーツオンデマンドに海外からアクセス出来ると言っても、自分が滞在している国や回線スピードで本当に日本国内向けのJスポーツオンデマンドを利用できるかどうかは不安ですよね。

しかし。

ロク

NordVPNは30日の返金保証がありますし、セカイVPNは60日間の無料体験があります。

 

使ってみて自分が利用できないと思えば解約すれば良いだけですので、試してみるデメリットはありません。

A国で使えるVPNがB国では使えないということもあります。

NordVPNの場合、アップルストアからアプリ経由で購入すると返金手続きがNordVPNではなく、アップルとの話になるのでややこしくなります。
申込みはNordVPNの公式サイト経由でしましょう。

どちらにしても、最初は1ヶ月で申し込みをしておけば返金手続きしなくても最悪1,100円~1,300円ほどの出費で試す事ができますね。

NordVPNを使えばJスポーツオンデマンドの日本向けサービスだけでなく、他のメジャーな無料動画配信なども海外から見ることができます。

日本でしかダウンロードできないスマホアプリも全て使えるので本当に便利ですね。