英語学習

英語の初心者が多読をするのにおすすめのサイト・効果的な勉強法

英語の習得には多読が良いってホント?

洋書を多読するのが英語上達の近道って書いてるけど難しすぎて読めないんだけど?

私も英語の習得に多読をすることは強くお勧めしますが、残念ながら英語の初心者が使えるような洋書はなかなかありません。

中には幼児用の童話などを進める方もいますが、薄いのに無駄に高いですからね。

そこで、英語の初心者でも使える多読用の無料サイトと1日15分の多読方法をご紹介しましょう。

この記事は、中学3年間の文法は大体理解している英会話の初心者向けの内容になります。

英語の初心者向けの多読ができるサイト

まず、英語の初心者におすすめの多読が出来るサイトはコチラです。

http://eslyes.com/nyc/contents.htm

このサイトはどこのどなたが作っているのか良くわかりませんが、約1分150wordsで構成された文章が1,000以上あるという素晴らしいWEBサイトです。

しかも内容がすべて子供向けのグレードで表示されているので、簡単に選べるのも非常に便利ですね。

サイトの作りは古いかも知れませんが、中身はありがたいとしか言いようがありません。

このサイトの中で超簡単な文章でも、さすがに中学レベルの文法力はないと厳しいですので、英語を話せるようになりたいのであれば何をするにもまずは中学文法は勉強しましょう。

多読をしながらリスニング力とスピーキング力も上がる方法

せっかく多読をするのであれば、リスニング力とスピーキング力も上がるように利用しましょう。

このサイトにはネイティブ音声でリスニング用のデータも掲載されているので、それを上手に活用しない手はありません。

とは言ってもやることは単純です。

1.まずどの文章でも良いので1回黙読で読みますが、知らない単語は飛ばしましょう。

2.読んで理解できない単語を調べます。

3.3回黙読しながら文章の内容をしっかりとイメージします。

※ここから大事なことは必ず文章の内容を常にイメージすることです。

4.3回声に出して音読します。慌てずにはっきりと大きな声で読み上げましょう。

5.1回リスニング用のデータを聞きながら黙読します。

6.簡単な文章でも初心者にとって1分間に150wordsはかなり早いですので、データをダウンロードしてGOMプレイヤーなどスピード調整ができるアプリで利用します。

7.リスニング用の音声を自分がついていける速さにスピード調整して、音声に合わせて音読します。

ゆっくりのスピードから徐々に速くしていけば、慌てずにスムーズに読むことが出来るようになります。

スピードだけでなく、イメージを忘れずに、リズムや抑揚なども真似して音読するようにしましょう。

8.スムーズに音読ができるようになったら、スマホで録音して自分の声を聞きます。

※録音したデータが1分以内に収まるくらいのペースで読み上げられるように練習しましょう。

この流れで練習するだけで効果的にリーディング力、リスニング力、スピーキング力を上げることができます。

1日1話で良いので、毎日繰り返せばかなりの力が付きますし、TOEICのリーディングなどの読解力も付きますね。

すべての文章が1分で150word位ですので、スピード的にはTOEICのリスニングより少し遅いかなというところですが、初心者から中級者までは十分に使えるサイトです。

ちなみにネイティブの平均スピードは1分間に200wordと言われていますので、このサイトのスピードで早いと思っている限りはネイティブの英語は聞き取れません。

このサイトの中にある文章がどれも読むのも聞くのも簡単過ぎるとなった時には、一般的な洋書に手を出して良いタイミングと言えるでしょう。