台湾

台湾旅行の予算はどれくらい?台北の物価と最低賃金からチェック

台北の物価や最低賃金

これから台湾旅行だけど予算はどれ位いるんだろう?

台北って物価はどれ位なんだろう?

台湾って最低賃金とかいくらくらいなのかなぁ?

ここでは、台湾旅行前に知っておきたい物価についてまとめてみました。

 

台湾のレンタルWi-Fiが1日531円・食べ歩きで店探しに便利
台湾のレンタルWi-Fiが1日531円・人気の6社の料金を比較台湾に旅行するのにWi-Fiをレンタルしたいんですが、日本でレンタルするのと現地でレンタルするのはどちらが良いですか?台湾では食べ歩きをする時のお店探しに地図を見るのにWi-Fiがかなり便利ですね。日本のレンタルWi-Fiルーターと、現地で受け取りして現地で24時間いつでも返却できるレンタルWi-Fiをまとめました。...

 

台湾旅行の予算はどれくらい?

台北観光ではローカルフードであれば食べたいものを遠慮なく食べて、1日食べ歩きしても500元もあれば大丈夫ですね。

朝食なんて35元の飯糰1つでお腹いっぱいになりますし、豆漿50元でも十分です。

小籠包も100元以内で食べられるお店が普通にありますし、魯肉飯におかずを足しても100元あれば余裕です。

かき氷など観光客向けのスイーツ店で食べると高くなりますが、ローカル向けなら半額程度で済みます。

それなりに贅沢に過ごしても、食事だけで1日1,000元も使うのは、毎回鼎泰豊などの高いレストランに行かないと中々難しいでしょうね。

せっかくの台湾旅行だと考えて、かなり余裕を持った予算でも1日1,000元(約3,600円)あれば楽勝ですよ。

ローカルフードにこだわれば1日300元でも十分過ぎると言えますね。

もちろん、毎日マッサージなどをすればもう少し必要になりますよ。

 

台湾の最低賃金はいくら?

 

まず2019年の台湾の最低賃金は以下の通りです。

●月給の最低賃金 23,100台湾ドル(約83,100円)

●最低時給 150台湾ドル(約540円)

※1台湾ドル=3.6円で計算

東京の最低時給985円と比べれば約54%、沖縄の761円と比較すれば約71%位といった所ですね。

当たり前ですが、台湾でも毎年徐々に人件費は上がっているようです。

ちなみに、こちらが世界で有名なマクドナルドの求人です。

台湾の物価や旅行の予算

正社員の月給が36,000台湾ドル(約129,600円)ですね。

時給は150元~159元なので最低時給に近く、深夜は205元~214元なので良い方です。

月給は最低賃金より大幅に上を行っているところを見ると、バイトと正社員ではかなりの差があるのかも知れません。

次は日本人観光客に有名な度小月の求人です。

さすがに月給はマクドナルドよりも安いですが、バイトの時給は良いです。

地方に行くと月給が最低賃金なども有るのかも知れませんね。

1ヶ月の食費は手取りの15%位が目安と言われていますので、月給が30,000元(約107,000円)だと考えると、月16,000円程が食費です。

簡単に計算すれば16,000円÷30日=533円(約148元)が一般的な台湾人の1日の食費となりますね。

 

台北の物価はどれくらい?

台湾を旅行する観光客向けの物価とローカルの物価差があります。

実際に現地で見てみると観光客もローカルのお店を探して行くので、高級レストランに入らなければそう大差ない物価と言えますね。

台湾人が良く利用するこういった丼物などのファーストフード的なお店では、魯肉飯や鶏肉飯などは30元から買えます。

鶏肉とご飯だけですが、これも立派な台湾人のソウルフードです。

もう少し彩りのある食事になると65元から80元程ですね。

写真の右側の丼物で50元で鶏肉が50元です。

普通に食べるだけであれば、丼物だけで十分にお腹がいっぱいになりますよ。

もう一つのソウルフード「魯肉飯」も小が30元、中が40元、大が50元です。

写真の魯肉飯は小サイズで30元、量的には小さいお茶碗に軽く一杯です。

これだけをメインにするにはかなり少ないですが、大を選べば十分に量がありますね。

ローカル向けの人気食堂のメニューですが、1品40元から60元が平均です。

こちらのお店は店構えがしっかりとしている家族向け食堂といった感じでしたが、60元から100元と言った感じですね。

台北で人気の杯骨炒飯は140元なので、物価からすると少し高めです。

次は台北駅の中にある牛肉麺のチェーン店を見てみましょう。

急に高くなりましたね。

160元から250元なので、日本でラーメン1杯食べるのと大差ありません。

ただ、牛肉麺はローカルで人気のお店に行っても結構高いので、少し贅沢な食べ物扱いと言えるでしょう。

ちなみに小籠包で人気の杭州小籠包はこちらです。

スタンダードな豚肉の小籠包が150元、蟹が220元、餃子やシュウマイも150元から200元程ですね。

色々合わせて一人の予算は300元~400元程になるでしょう。

 

3泊4日の台北旅行でいくら両替すれば良い?

 

3泊4日の台北旅行でいくら両替が必要かと言えば、もちろん予定によりますよね。

一般的に主な観光地は全て行くとして、入場料が必要なのは故宮博物院(350元)と台北101(600元)くらいです。

龍山寺、中正紀念堂、台湾総統府、孔子廟などは全て無料です。

夜市ももちろん無料ですし、夜市なら食べ物が全て安い上にすぐにお腹いっぱいになりますのでお金も余り使いません。

九份は交通費が往復で200元ほど掛かるだけで無料、十份もランタン上げに150元ほど使ったとしても、十份大瀑布も無料です。

こう考えると台北旅行に掛かる費用の大半は食べ物ですね(笑)

3泊4日で節約旅行なのであれば10,000円で十分ですし、かなり贅沢に楽しむのでもお土産代を含めて30,000円あれば余裕でしょう。

あまり贅沢できない人は30,000円も両替してしまうと結構余ってしまうと思いますので、あいだを取って20,000円両替が良いですね。

 

台湾のレンタルWi-Fiが1日531円・食べ歩きで店探しに便利
台湾のレンタルWi-Fiが1日531円・人気の6社の料金を比較台湾に旅行するのにWi-Fiをレンタルしたいんですが、日本でレンタルするのと現地でレンタルするのはどちらが良いですか?台湾では食べ歩きをする時のお店探しに地図を見るのにWi-Fiがかなり便利ですね。日本のレンタルWi-Fiルーターと、現地で受け取りして現地で24時間いつでも返却できるレンタルWi-Fiをまとめました。...
台湾一人旅|台北観光でお得なおすすめスポットの割引クーポンまとめ台湾・台北旅行に行く前にお得なクーポンや割引チケットが気になりますよね。 こういったクーポンなどの情報は知っているのと知らないのとでは、旅の充実度が全然変わってくるので重要です。 そこで台湾一人旅でも便利に利用できる割引チケットやクーポン情報をいくつかご紹介しましょう。...