海外送金

日本からマレーシアへ海外送金・安全で安い業者を比較してみた

タマ

マレーシアに留学で長期滞在することになったので、留学費用を日本からマレーシアに海外送金したいんですが、どの銀行を使えば一番損をせずに済みますか?

マレーシアへは留学で行く人もいますし、リタイアしてマレーシアへ移住して生活している日本人も多いので、日本で受け取っている年金をマレーシアへ送金しながら生活している人もいますよね。

留学生でも移住者でも、マレーシアで生活出来る人は比較的余裕のある人が多いので、数千円の送金手数料程度に拘らないかも知れません・・・。

しかし、せっかくなのでお金を無駄にしないために、日本からマレーシアへの送金で安全で安いと言われる銀行や業者を比較してみましょう。

日本からマレーシアへの送金で手数料が安い銀行は?

まず、日本からマレーシアへの送金で安全で手数料が安いと言われる業者はこちらの4社です。

●楽天銀行

●PayForex(ペイフォレックス)※口座不要

●FSA(Funds Sending Agency)※口座不要

●Transfer Wise(トランスファーワイズ)

楽天銀行は、日本にある銀行の中では海外送金の手数料が一番安いことで有名ですし、ペイフォレックスは外国資本ですが日本で営業認可を受けていて、FSAは日本の資金移動業者では唯一マレーシアの全銀行に送金が可能です。

中でも、トランスファーワイズは海外送金の仕組みに革命を起こしたことで、年々世界中にサービスが拡大して通貨取扱量も増えているフィンテック企業ですね。

楽天銀行はもちろんですが、FSA,ペイフォレックス、トランスファーワイズも日本で資金移動業者として認可を受けている立派な企業ですので安心して利用することができます。

特にトランスファーワイズは認可を取れば世界的な信用に繋がると言われるイギリスで認可を受けていますので、十分に信用できるサービスです。

トランスファーワイズの詳細はこちらをどうぞ。
トランスファーワイズは評判悪い?海外から日本へ送金に手数料が安い

日本からマレーシアへの送金手数料を比較しました

むやみに「手数料が安い」「安全」と言われても納得出来ないと思いますので、ご紹介した4つの海外送金サービスの手数料を比較してみました。

2019.5.8に比較 楽天銀行 ペイフォレックス FSA トランスファーワイズ
日本円送金額 10万円 10万円 10万円 10万円
Yahooの為替レート MYR=0.03775円 MYR=0.03775円 MYR=0.03775円 MYR=0.03775円
TTSレート
(両替レート)
MYR=0.03520円 MYR=0.03636円 MYR=0.03716円 MYR=0.03775円
送金手数料 1,750円 1,980円 1,470円 1,273円
振込手数料 無し 324円
銀行による
324円
銀行による
324円
銀行による
マレーシア側で受取りできる額 3,458.40MYR
(91,515円)
3,564.30MYR
(94,318円)
3,662.02MYR
(96,904円)
3,726.00MYR
(98,597円)
手数料合計 8,485円 6,006円 3,096円 1,727円

※手数料調査のソースはそれぞれのサイトにあるシミュレーターを利用しています。
トランスファーワイズ
楽天銀行
FSA(Funds Sending Agency)
ペイフォレックス

楽天銀行は日本の銀行の中では手数料が安くて海外送金では便利だと言われていますが、1位のトランスファーワイズと最下位の楽天銀行で7,000円近い差があると、日本の銀行を使うのは本当にバカらしくなりますね。

それでも、銀行の方が安心だからという根拠の無い理由で、何も知らない人が大損しながら信用の高い日本の銀行を利用しているのも事実です。

ただ、マレーシアに口座が無い場合は他の資金移動業者と比較してもFSAが一番損が少ないですね。

マレーシアから日本への送金で手数料が安いのは?

次は反対にマレーシアから日本の送金に掛かる手数料をチェックしてみましょう。

まず、日本からマレーシアで1位だったトランスファーワイズは残念ながら利用できません。

もちろん、楽天銀行を含む他の資金移動業者も日本の業者なのでマレーシアから日本への送金には利用することができません。

マレーシアから日本に送金するには、マレーシアの銀行から日本の口座へ送金する、もしくはマレーシアでマレーシア・リンギットを日本円か米ドルに両替して日本に持ち込むという方法になります。

銀行送金でも、日本円やドルへの両替でも7%~11%程度の手数料が必要になるので、永住を考えていない限りはマレーシア・リンギットを無駄に多く持たない方が良いでしょう。

他にも、日本で利用できるデビットカードを作って、日本のATMで引き出すという手もありますね。

日本人の学生が留学した時に親からデビットカードを渡されて海外のATMでお金を引き出すのと同じですが、どうしても毎回手数料が掛かるのでお得とは言えませんが、マレーシアから日本への送金は他に手段がないので仕方がないですね。