英語学習

ビジネス英語ってどのくらいのレベル?【そんな英語は無い】

ビジネス英語ってどれくらいのレベル?

 

アヤ

仕事で英語を使う必要があるのでビジネス英語を身に着けたいのですが、ビジネス英語におすすめのオンライン英会話はありますか?

 

ビジネス英語を身に着けたいという社会人の英語学習者は多く、世の中にはビジネス英会話専門のオンラインスクールやコーチングスクールがたくさんありますね。

しかし、残念ながらビジネス英語という言葉は便宜上で使っているだけで、ビジネス英語なんて英語は存在しません。

私がカウンセラーをしている時もビジネス英語のことについては良く質問がありましたが、ここではビジネス英語なんてない理由とビジネス英語を学ぼうとする勘違いについて深掘りしてみましょう。

 

ビジネス英語ってどのくらいのレベル?

 

まず、最初にお伝えしたようにビジネス英語なんてものはありません。

ビジネス英語というのは英語を商売にしているどこかの誰かや英会話スクールが勝手にそう読んでいるだけで、実質的にビジネス英語と呼べるものなんて無いのです。

 

ロク

英語で良く使われる「英語脳」と同じですね。
実証されてもいないけど誰かが言ったことを適当に宣伝に使っているんです。

 

簡単に言ってしまえば、日本語でビジネスをしている私達日本人にビジネス日本語があるかと言えばそんなモノありませんよね。

社会人として仕事をする上で敬語は場合によって使い分けますが、それがビジネス日本語かと聞かれれば全然違います。

敬語は物心ついた頃から先生、先輩、目上の人に対して話す時に自然と学んできた日常会話であって、ビジネスをするから学ぶモノではありません。

もちろん中にはまともに敬語を使えない社会人もいますが、そんな人でも学ぶのはビジネスマナーであって、ビジネス日本語ではありません。

それと同じで、日常生活で使う英語が当たり前に話すことができれば、ビジネスで使う英語も話せて当たり前ということになります。

ビジネス英語がどれくらいのレベルというよりも、日常英会話がどれ位のレベルで話せるかということがビジネスレベルの英語になると考えれば良いですね。

 

英会話スクールでビジネス英語なんて学べない

 

これも当たり前のことですが、ビジネス英語なんて英会話スクールに言ったところで学べません。

なぜなら、数千というビジネスの業種がある中で、それぞれに専門性が高い内容に対応できる訳がないからです。

例えば「エンジニアの英語」「マーケティングの英語」「現場作業管理者の英語」「工場管理の英語」「各種販売員が使う英語」「各種営業が使う英語」など専門の講師が対応しますなんていう凄まじい英会話スクールがある訳ないのは簡単に想像が付きますよね。

また、良くビジネス英語のスクールではこれらが学べると宣伝しています。

電話対応

会議を運営する英語

会議に参加する英語

プレゼンの方法

面接の受け方

商談やビジネスシーンで使う英語

このようなビジネス英語が学べるというのですが、こんな内容はその辺りで販売されているビジネス英語の教材を買えば全て書いてありますよね。

しかも、これらのことを学びにスクールに行って何をするかと言えば台本を持って役柄を演じる「ロールプレイ」です。

もう完全に子供の遊びです。

ほんの60分ほどロールプレイをして、演劇のような練習をしただけで、雰囲気に慣れて英語が話せるようになるのであれば何の苦労もしませんよね。

例えば「テーマを決めて1週間掛けて役柄を替えながら毎日同じ内容を議論する」という内容であれば反復練習があるので多少は実戦形式の練習になると思いますが、それでもビジネス英語というよりも空気感と英会話に慣れる練習というだけです。

 

ロク

そんななんだかやった気持ちになるだけの子供の遊びをしているくらいなら、日常英会話の訓練をした方がよっぽど効果がありますよ。

 

書けないことは話せない!ビジネス英語の最短の学習法はライティング 海外に移住して外国人と仕事をしていると「スタッフが場の空気を読んで動いてくれる」ということは、かなり関係性ができていない...

 

ビジネスで必要な英会話力は定形パターンでは使えない

 

ビジネス英語というと、いろんな状況に合わせたパターンの英語を身につければ話せるようになるというような宣伝で売られています。

ビジネス英語でよく行われる「プレゼンテーション」や「スピーチ」ができるようになれば、さもビジネス英語が身についたような気分になりますが、現実にはそうは行きません。

時間を掛けて作ったパターンが100%無駄とは言いませんが、定形パターンの通りに会話が進むことがないのは、考えなくても分かることです。

しかし、英会話スクールなどでは、いかにも英語力が伸びたようにビフォア・アフターとして話せるようになりました的な動画で宣伝しているので、それに騙された人が無駄な大金を払ってレッスンを受けているのが現実です。

もちろん、中には本質的なレッスンを提供しているスクールもあるので、そういったことをしっかりと提言しているスクールを選ばないといけませんね。

 

ロク

スピーチ動画やインタビュー動画なんて、数日練習すれば誰でもできるので何の参考にもなりませんよ。

 

ビジネス英語より日常英会話が遥かに難しい

 

ビジネス英語を学びたいという人の多くはこう考えています。

ビジネス英語なんだから難しい言い回しが必要
ビジネスなんだから難しい単語を使った方が良い
ビジネスなんだからもっとしっかりとした敬語を使わないといけない

基本的なことを言えば、これらはビジネスコミュニケーションとしては全て間違った方向へ向かっています。

そもそも、限られた専門用語さえ理解していればなんとかなるビジネス英語の方が簡単で、どんな会話にでも対応しないといけない日常英会話の方が遥かに難しいです。

 

ビジネス英語なんだから難しい言い回しが必要

 

ビジネス英語というと急に訳の分からない難しい言い回しを使いたがる人がいますが、それは人とのコミュニケーションとして大間違いですよね。

例えばお互いがそのビジネスの専門家で当たり前のように使っている言い回しであれば良いです。

しかし、始めて仕事をする人や自分のビジネスを相手に売り込む時に、専門家でないと分からないような言い回しをしていてはビジネスが成立する訳がありません。

例えば、非ネイティブの方が遥かに多い英語話者との国際ビジネスの共通語として提唱されている「グロービッシュ」では、英語話者が世界の英語に合わせようという提唱がされて世界に広まっています。

難しい単語は使わず、複雑な文法は排除し、簡単な文章で分かりやすく話すのが今の国際ビジネスの主流としての考え方で、反対に誰でも理解できない英語を話す人の方がビジネスができない人と考えられてしまいますね。

 

オンライン英会話などでネイティブから授業を受けてみれば分かりますが、先生のような人とのコミュニケーションを仕事にする人は、こちらが希望して教えてもらわないと訳の分からない言い回しは使いません。

 

効果なし!お金の無駄!フィリピン留学でビジネス英会話なんて無理 「単純に英語力を上げたいだけならフィリピン留学は必要ない」 これが、自分自身がフィリピン留学をして、フィリ...

 

ビジネス英語なんだから難しい単語を使った方が良い

 

これも難しい言い回しや複雑な文法と同じで、難しい単語を使って話すよりも、何も知らない人に分かりやすい言葉に置き換えて伝えられる英語力の方が遥かに重要です。

もちろん、知っているに越したことはありませんし、使えた方が良いです。

例えばビジネスで「B to B(企業間取引)」「B to C(企業対消費者取引)」というような略語も良く聞きます。

しかし、これから取引をして行きたいと思う相手の担当がその言葉を知っているかどうかも分からずに、専門用語を当たり前に使ってしまうと取引が失敗する確率が上がるのは言うまでも無いでしょう。

 

営業さん
営業さん
弊社は日本でBtoBとBtoCの2つの事業を行っています
取引先
取引先
BtoBとBtoCってなに?なんだか何言ってるのかわからないし付き合いにくいな。

 

日本語でコミュニケーションを取る時に、相手によって話し方を変えるのは当たり前ですが、母国語ではない英語でそのようなレベルになることは至難ですよね。

まずはどの様な会話でも簡単な英語に置き換えて当たり前に話せるようにしておいて、慣れてきたら徐々に相手と状況によって言い換えが出来るようにしていくところから始めるのがベターな方法と言えるでしょう。

 

ロク

大抵の人は、ビジネス英語ができないから難しい話ができないと勘違いしていますが、簡単に話すことすら出来ていないのが現実ですね。

 

まとめ

 

よく言われることですが、英語は外国人と仕事をする上で重要ですが、あくまでコミュニケーションツールの一つでしかありません。

もちろん、ビジネスにも色々あるので全てが簡単な英語で大丈夫とは言いませんが、きっちりとした日常英会話さえできればどんな状況にも対応可能です。

まずは、訳のわからない言い回し、慣用句などを使おうとする前に、会話の引き出しを多くして、簡単な英語で会話を続けることができる練習するのがおすすめです。

新しい英語を身につけるのも楽しいですが、今持っている英語力を無駄なく使えるようにする練習の方が数倍大切ですね。

そういった本質的な練習をしていれば、本当に必要な単語や言い回しは勝手に身につくようになりますよ。

 

ビジネス英語はネイティブから学ぶ
ビジネス英語はネイティブから学ぶ・フィリピン人は初心者向けオンライン英会話でフィリピン人の先生とビジネス英語を勉強しているんですが、やっぱり料金が高くてもネイティブの先生が良いですか? 先に結論から言ってしまえば、ビジネス英語を学びたいのであれば、まず間違いなくネイティブの先生から学んだ方が良いですね。ここでは、ビジネス英語をネイティブから学ぶ理由をまとめています。...