カランメソッド

カランメソッドのステージ12が終わると英語が話せるようになる?

カランメソッドはステージ12まですると話せるようになる?

 

アヤ

カランメソッドのステージ12が終わると英語が話せるようになりますか?

 

カランメソッドは全部で12冊のテキストがあり、ステージ1からステージ12というようになっていますが、終わらせれば話せるようになるのかは多くの人が気になることですね。

カランメソッドのステージ12を終了させるには約160時間必要で、毎日25分のオンライン英会話なら1年以上はカランメソッドを継続する必要があります。

それだけ頑張るんだから、もちろん英語はペラペラに話せるようになるであろうことを期待してしまいますよね。

しかし、カランメソッドなどのダイレクトメソッドを提供する側にいた私の経験上の結論を先に言ってしまいましょう。

カランメソッドのステージ12まで頑張ってもペラペラにはなりません。

どちらかと言えば、相当苦労して学習効果の低い時間を過ごしていたと言えますし、むしろ、カランメソッドをステージ12まですることの価値も相当低いと言えます。

 

ロク

私の場合は、ステージ7以上は先生のトレーニングのために何度か読んだことがあるだけで、自分のためのレッスンではやっていませんが、英会話には何の問題もありませんよ。

マキ

でも、やるならやった方が効果はあるんじゃないの?

ロク

こういっては何ですが、やり遂げた充実感を満たすため以外には価値を感じませんので、その理由について少しお話してみましょう。

 

カランメソッドをステージ12まで終わるのに掛かる時間

 

カランメソッドは、1~12の全ステージを終了させるのに160時間必要となっています。

オンライン英会話で受講した場合は、1レッスン25分として約384レッスンです。

1日2コマ(50分)を毎日受講したとして、192日なので約6ヶ月と少しということです。

ただし。

相当頑張ってこのペースで終わったとしても、身に付く英語はそれほど大したことは無いでしょう。

しかも。

頑張ってそれをすることが出来る人は、カランメソッドを受講する前からかなり英語力が高い人くらいです。

例えば、TOEIC800点以上持っている人レベルでないと、一般的にはステージ5から6ほどでかなり苦戦します。

ステージ7から上の難易度はあまり変わりませんが、中学英文法レベルの英語力ではそう簡単には先へ進めなくなります。

いくらカランメソッドが1つのトピックについて3回は復習できるようにプログラムされているとしても、ステージ6からは無駄に長い文章が多いです。

それらの文章を頭に残して、使いこなせるように身に着けるには3回の復習では全く足りません。

 

ロク

そんな状態で先に進んでも何も頭に残らないのは考えるまでもありませんね。
ステージ12まで制覇を目指して頑張れば頑張るほどペラペラは遠ざかります。

 

カランメソッドをステージ12までするメリット

 

カランメソッドをステージ12までやり遂げればこのようなメリットがあります。

・たくさんの英語表現を学べる

・単語力が身に付く(約5,000個)

 

マキ

ほら!やっぱりステージ12までやった方がいいんじゃない。

ロク

いえ、実はこれらが日本人がいつまでも英語を話せない理由の1つでもあるんですよ。

マキ

たくさん表現身に付けて、単語力を付けることのどこが悪いのよ!

ロク

いや・・・悪いとは言っていません。でも、それらを身に着けることと英会話力を身に着けることは優先順位が間違っているんです。

 

カランメソッドのステージ7以上は話せるようになった人向け

 

カランメソッドのステージ7以上は、カランメソッドを始める段階ですでに英会話がペラペラ話せる人向けです。

要は今英語が話せる人が英語力をキープするためや、新しい表現を身に着ける為に練習する応用的な内容だということです。

それを英会話の基礎が身についていない人がしても、オーバーロード(過負荷)になってしまうだけで、デメリットにしかなりません。

何が言いたいかと言えば・・・

 

ロク

そんな難しいことするよりも、話せるようになるためにもっと簡単な基礎を当たり前に使えるようになる練習をしましょう!

 

もし、今ステージ4以上の練習をしていて、ステージ12まで終わらせればペラペラになれるのかどうか悩んでいるのであれば、迷うこと無くストップして大丈夫です。

カランでステージ12を目指すよりも、次のステージに行くためにライティング&スピーキングの学習をすることを強くおすすめします。

 

英語を書く力をつける意味
英語を書く力に意味はある?【書けない人は話せない】英語を書く力をつける意味がよく分かりません。英語なんて話せれば書く力なんて必要ないと思うんですが。結論から言えば、ペラペラになりたいのであれば「話す練習」だけでなく「英語を書く力」がとても大事です。ここでは、英語を書く力を付ける意味と必要性などについてチェックしてみましょう。...

 

カランメソッドはステージ4まであれば日常会話ができる

 

日常英会話がペラペラと話せない人がすることは、新しい知識を増やすことではなくステージ4までのような基礎的な部分をペラペラと話せるようになることに集中することです。

それが出来ていないのに面白くないからと、ステージ12まで終えることを目的に先へ進んでしまうからいつまで経ってもペラペラになれないという訳です。

カランメソッドはステージ4までを使いこなせるようになれば、本当に簡単な英会話が出来るようになります。

むしろ、一刻も早く英会話を身に着けたいのであればステージ1とステージ2だけでも良いくらいですね。

私の友人に本当に1年で英語がペラペラになった人がいますが、彼はカランメソッドはステージ4までしかしていないのに、カランメソッドの学習時間は200時間もあります。

ステージ12まで終わらせるのに160時間とされているのに、一番簡単なたった4冊に200時間掛けた彼の頑張りは凄いですね。

学習に掛かる時間の目安としてステージ1とステージ2は共に10時間となっていますが、最低でも全て10周は繰り返したと言っていました。

もちろん、1周目より2周目、2周目より3周目の方がどんどんと早く終わるようになるので、合計が10周程度では済まないことはすぐにわかりますよね。

また、この練習時間はすべてを先生との授業で学習している訳ではなく、カランメソッドの音声データなどを使って一人で繰り返し練習していた時間も含みます。

なので、実際に授業として受けている時間よりも自習で練習している方が断然長いですね。

 

ロク

ちなみに超初心者だった私の場合はカランメソッドの合計学習時間は3ヶ月で約250時間でステージ1をからステージ4を徹底的に繰り返して、並行してSide by Sideもやっていました。

マキ

それで、どれくらいで話せるようになったのよ!?

ロク

ステージ4を2周くらい終えた時くらいからでしょうか?
本当に突然でしたが非ネイティブが話す英語であればすべて聞き取れるようになり、簡単な日常会話で困ることは無くなりました。

マキ

とにかく、ステージ12が終わっても話せるようになる訳では無いし、そんなことよりももっと簡単な練習を繰り返してやった方が良いってことね。

ロク

その通りです!
大事なのは終わらせることではなく、話せるようになることですからね!

 

カランメソッドでペラペラに話せるようにならないならどうする?

 

マキ

でも、カランメソッドをステージ12まで頑張ったところで話せるようにならないのは分かったけど、ある程度話せる場合はどうすればいいのよ!

ロク

すでにステージ1~4程度のレベルなら充分に使いこなせるということですね?
そうであれば、私が次におすすめするのはペラペラ話せるようになるためのライティングです。

 

ライティングは「難しそう」「話せれば良いから関係ない」「スピーキングの方が楽しい」などという理由で避けられますが、本当に話せる人はライティングもできる人ばかりです。

普通に考えれば分かることですが、文章を頭の中で作ってそれを書き出せない人が、頭の中で文章を作って話せる訳が無いということです。

英文は書けるけど話す練習をしたことがない人は練習すればするだけペラペラになります。

しかし、書けないのに応用レベルの英語を話す練習をどれだけしたところで、覚えられるレベルの短い一文だけの英会話から脱出できません。

 

 

ビジネス英語のライティングができるスクール
ビジネス英語のライティングができるスクール・書けない英語は話せないビジネス英語のラインティングができるスクールを探していますが、どんなスクールがありますか?ビジネスでは英会話よりも文章で伝えるライティングの方が間違えることができないので断然重要です。ここでは「ビジネス英語のライティングができるスクール」などについて書いていきます。...