タイ

【タイ】カオサンからドンムアン空港へローカルバスでの行き方

カオサンからドンムアン空港
アヤ

カオサンロードからドンムアン空港にバスで行きたいんですが、1番安い方法はどれですか?

カオサンからドンムアン空港までは何通りかの方法があります。

ただ、この記事にたどり着かれているということは、すでにカオサンにいてドンムアン空港まで安く済ませるために移動手段を探していて、バスでの移動を考えている人が多いと思います。

それを含めてカオサンロードからドンムアン空港への行き方をローカルバス、エアポートバスなどそれぞれチェックしてみましょう。

ドンムアン空港からカオサンへの行き方はこちらの記事をどうぞ。

 

ポケットWi-Fiはバンコクでレンタルすれば便利に使える【タイ】
ポケットWi-Fiはバンコクの空港でレンタルすれば便利に使える 初めての海外旅行でタイのバンコク、プーケット、チェンマイなどを旅行するのに、いつでも自由に使えるWi-Fiがあるのと無いのとでは...

カオサンからドンムアン空港への移動手段

カオサンは一昔前に比べればかなり減りましたが、今でも多くのバックパッカーが立ち寄る場所です。

しかし、BTS(バンコク・スカイトレイン)、MRT(地下鉄)などからは距離があるので交通の便が良くありませんね。

その為、カオサンロードからドンムアン空港へ行くには下記の方法が主な手段となります。

ドンムアン空港までローカルバスの59番

まず、この記事を見ている方が一番知りたいであろう「最安」の方法をご紹介します。

ロク

結論から言えば、かなり時間が掛かるのでよほど時間に余裕がある人でないとおすすめしませんが、安いのは安いです。

カオサンからは59番のバスのみがドンムアン空港へ行き、料金は6.5バーツです。

ただ、エアコンのある無しやバスの色合いで料金が変わりますが、59番はエアコン無しでした。

私が見た限り59番はエアコン無ししか走っていませんでしたが、エアコンバスも「白青」「オレンジ黄色」のカラーリングで料金が変わりますので、詳細は不明です。

赤色が距離に関わらず6.5バーツ、白青がエアコンで10バーツから18バーツ(距離による)、オレンジ黄色がエアコンで11バーツから23バーツになっています。

59番が他にも色があるのかはよく分かりませんので、最高でも23バーツ程度だと思えば良いでしょう。

ドンムアン空港へのローカルバスの乗り場はこちら。

乗り場は、カオサンストリートをバーガーキング側に抜けると「Tanao Road」に出るので、Tanao Roadを南へ向います。

すると、すぐに大きな道路「Ratchadamnoen Klang Road」に出ます。

出たら少し左側に「セブンイレブン」があってその周辺にバス乗り場があります。

バスが来たらしっかりと乗ることをアピールしないと待ってくれないので注意しましょう!

乗れば集金の人が来るので行き先を告げれば料金を教えてくれます。

タイのローカルバス

バスがいつくるかは運でしかないのですが、待ったとしても30分に1本程度は来ます。

私が待っていた時は10分程度でしたけどね。

ちなみに、59番は24時間営業のバスですので深夜でも利用できますが、深夜に走っているかどうかは現地で確認していません。

距離的にはカオサンからドンムアン空港まで40分-50分あればと思える距離感です。

しかし、飛行機の出発まで3時間なんで楽勝だと思って行きましたが、実際には渋滞を含めて1時間40分掛かりました。

さらに、バス停で降りてから空港の入り口までも距離があるので、危うくチェックインに間に合わないところでした。

バンコクの渋滞

空いている時間だと1時間20分位で着くらしいですが、バンコクは渋滞が酷いので常に2時間は余裕を持って考えておいた方が無難です。

ロク

ローカルバスを使うのであれば4時間前に空港に向かってちょうど良いくらいです。

カオサンからビクトリーモニュメントへ行き乗り継ぐ方法

ローカルバスには他にもルートがあります。

まず、カオサン近く「Democracy Monument (Suksapan)」から172番、187番、204番などに乗って「Victory Monument」(ヴィクトリーモニュメント)まで向かう方法が1つ。

もう一つは、カオサン近くの仏教寺院「Wat Chanasongkram」側から503番に乗る方法です。

「Wat Chanasongkram」側にも59番が止まりますので、見つけたらそのまま空港までいけますね。

ヴィクトリーモニュメントには少し前までは、バスターミナルがあって便利な場所だったのですが、今はありません。

ヴィクトリーモニュメントからは、187番に乗り換えて空港へ向う方が本数が多くて早かったりもします。

しかし、カオサンからの59番が30分に一本程度は走ってますので、59番に乗るのが一番簡単ではありますね。

どの方法を使うにしても心配であれば乗る前に周辺の人に「Victory monument?」や「Airport?」と聞けば英語なんて話せなくても誰かが教えてくれるので心配は不要です。

エアポートバス A4 (Airport Bus) BMTA

エアポートバスの運行時間は07:00~23:00、カオサンまでは料金は50バーツです。

エアポートバスのルートはA1からA4まであり、カオサンを経由するのはA4です。

空港からサナームルアン(Sanamluang)まで出ているので、空港からカオサンへ行く際も同じA4に乗れば大丈夫です。

乗り場は上で紹介したローカルバスの59番と同じなので、どっちに乗っても空港へは行けます。

これも30分に1本くらいの割合で運行しています。

エアポートバスの乗り方もローカルバスと同じで、乗ってから係員に支払えば大丈夫ですので、50バーツを用意してそのまま乗り込みましょう。

エアポートバスは高速道路を走るので、ローカルバスよりも断然早く1時間みておけば良いでしょう。

リモバス(LIMOBUS)

次はとにかく料金が高いので不評のリモバス(LIMOBUS)です。

空港からカオサンへの直行便のバスですが、同じくカオサンから空港へも行けます。

バスと言っても、少し大きめのバンと言った感じです。

運行時間がエアポートバスよりも遅く、カオサンからドンムアン空港の最終便が深夜1時までありますので、エアポートバスに乗れなかった場合に助かりますね。

ただ、無料Wi-Fi付きで直行便だとしても、料金は150バーツ(約450円位)なので現地の感覚で考えればかなりお高いです。

もちろん、日本の感覚で考えれば安いですけどね。

リモバスの運行時間

リモバスはカオサンからの乗り場がわかりにくい

リモバスは「乗り場が分からなくて乗れなかった」という声も多いです。

一応、リモバスの地図を見てみるとこんな感じです。

リモバスのルート

この地図を見てもどこから乗るのかはさっぱり分かりませんね。

最新情報はLIMOBUSの公式ページをご参照ください。

ちなみに、カオサンからのリモバス乗り場はこちらのリンク先になります。

ちょっと分かりにくいですが、Google street mapで拡大すれば「LIMOBUS」という文字が見えます。

もちろん、現地に行けばバス停に「LIMOBUS Pick Up Point」の看板があるので分かります。

カオサンストリートからは歩いても微妙に遠いですね。

カオサンからタクシーでドンムアン空港まで移動

この記事を読んでいる人は誰も興味はないと思いますが、タクシーでの移動が一番簡単です(笑)

欧米人などは案外普通に使っていますが、日本人はあまり使いませんね。

カオサンから空港まではメーターで350バーツ程で空港乗り入れ料50バーツです。

高速道路を利用すればさらに70バーツ程が加算されます。

だいたい、合計で約500バーツ位は掛かります。

タクシーを少しでも安くする方法

気持ち程度ですが、空港行きのタクシーを安くする方法があります。

少しでもタクシーを安く済ませたいのであれば、空港ではなくその目の前にある「Don Mueang Railway Station」まで行ってもらうようにすれば、空港乗り入れ料の70バーツが不要です。

しかし、駅から空港まで20分ほどは荷物を持って歩かないと行けませんのでめちゃくちゃ面倒です。

カオサンからはエアポートバス A4が一番楽に行ける

とにかく安く済ませたい人は59番の市バスですが、混雑時間に大きな荷物を持って移動するのは大変ですし、渋滞が酷いと時間がさっぱり読めません。

その点、エアポートバスであれば、ほぼ空港に行く人しか乗っていませんので現地の人で混雑することも少ないです。

また、高速道路を走るので渋滞も大きく関係なく移動できますので、利用するのであれば断然エアポートバスがオススメです。

リモバスについては、エアポートバスとルートも被る上に150バーツと高いので利用する価値はあまりないかと言えますね。

どうしても、空港に到着するまでにWi-Fiが必要な人以外、リモバスは不要でしょうね。

 

ポケットWi-Fiはバンコクでレンタルすれば便利に使える【タイ】
ポケットWi-Fiはバンコクの空港でレンタルすれば便利に使える 初めての海外旅行でタイのバンコク、プーケット、チェンマイなどを旅行するのに、いつでも自由に使えるWi-Fiがあるのと無いのとでは...

 

海外旅行や留学で必須の持ち物1位
留学でも海外旅行でも絶対に忘れてはいけないのが「無料付帯の海外旅行保険付きクレジットカード」です。エポスカードは数ある無料クレジットカードの中でも、海外旅行保険の無料付帯が最強の一枚です。万が一のときも持っているだけで保険が使えますので必ず所持したいクレジットカードです。マルイでのショッピングや海外キャッシングにも便利ですね。
年会費 永年無料
発行に掛かる時間 ネットで通常1週間・マルイ店頭受け取りなら即日発行
海外旅行保険 自動付帯・海外旅行で所持しているだけ大丈夫※VISA
ポイント 200円ごとに1ポイント・プリペイドへのチャージも可能
ロク

クレジットカードなんて1~2枚あれば良いと思っていませんか?海外では事故で搬送されたら100万なんて普通です。
クレカの保険は複数枚あれば加算して使えるので万が一に備えましょう。

海外旅行に出る前にチェックすべきサイト1位

KKdayは、日本人に人気の「台湾」「タイ」「バリ島」「ベトナム」「香港」などのアジア圏だけでなく、「ハワイ」「オーストラリア」「ニューヨーク」などの格安の現地オプショナルツアーや現地で必須になる交通手段、現地Wi-Fiなどを割引価格で事前に申込みができるとても便利なサイトです。旅行前や旅行中にチェックしておくだけで、数%から数十%の割引が利用できるので使わないと損です。
特徴① 直前や当日でも購入して利用できる割引クーポンが多数ある
特徴② 1人参加でも割高にならない格安のオプショナルツアーが多数ある
特徴③ クレジットカードが使えるのでポイントGETで更に割引
海外旅行のホテル探しに便利なサイト1位
ホテルズコンバインドは、あらゆるホテル予約サイトを一括して検索して最安値のホテル予約サイトを見つけることができるめちゃくちゃ便利なサービスです。いちいち、アゴダ、ブッキングドットコム、ホテルズドットコムなどを見て回らなくて良いので本当に楽です。
便利度