英語学習

英語の勉強をしてるのに英会話力が伸びない原因が分かるおすすめ本

英会話中級者向けの必読本

英語の勉強をしてるのに英会話力が伸びない原因に悩む人はものすごく多いです。

特にTOEICで言えば800点位はあるのに話をさせたら全然話せない人などがそうですね。

そんな英語力はあるのに英語が話せない人向けに「話せない原因」に気づくことができる超おすすめの必読書をご紹介しましょう!

TOEICは600点から700点あれば会話には十分

TOEIC800点はどらくらいのレベルかと言えば、ようやく英会話ができるようになるための基礎を身に着けたレベルです。

よくTOEICのスコアは高いけど話せないという人がいますが、800点を取れる=英語が話せるではないのは当たり前のことです。

しかし、英会話ができるかできないかの基準であればTOEICなんて高くても700点あれば十分ということも事実です。

何故かと言えばTOEIC向けの学習をしなくても、普通に文法を勉強して、普通に英作文のドリルをこなすだけでTOEIC700点までは取れるからです。

そこからはTOEICのスコアを取る為の勉強をするか、英会話力を上げるための勉強をするかで変わります。

TOEICの点数が欲しい人は別に読まなくて良いですが、TOEIC600点から700点は取れる自力を付けて、これからは英会話力を上げたいと思う人がこの段階で必ず読むべき本がこれらの本です。

ハートで感じる英文法

この本は典型的な受験英語から卒業するためには必読の1冊です。

すでに発売してから時間が経っている本ですが、内容には全く関係ありません。

この本を読むことによって、受験や学校で勉強した様な「決まりごとを丸暗記」する方法ではなく、英語をイメージで捉え、その英語に含まれている本質を「あーなるほど!」と理解できるようになります。

本も優秀ですが、通勤通学時間にCDで授業を聞いているだけで話せる気にさせてくれるほど効果が高いですよ。

ただ、、ちょくちょくこれを早期の段階で理解するべきと、初心者に勧めているブログがありますが、これは初心者用ではなく中級者向けです。

書いていることは本当に目からウロコの内容ですが、この本を読んで目からウロコになる人は伸び悩みを感じる程度にそこそこ英語学習をしたレベルの人からです。

私も三単現のSを理解できていない初心者の頃におすすめ本として英語がペラペラの人から「もう要らないから」とこの本を譲り受けたんですが、全然ハートで感じることはできませんでしたね。

たった40パターンで英会話

これから英語の学習を始める人にとてもおすすめのアプリであるスタディサプリ ENGLISHの動画にも登場するニック・ウィリアムソンさんが書いた本です。

この著者の本はどれも良書が多いですが、受験英語から抜け出すのに一番おすすめな本がこの「たった40パターンで英会話!」です。

何と言っても無駄に難しい単語を覚えなくても、簡単な英語でドンドンと使い回しができる方法を教えてくれるのがこの本の素晴らしい所です。

下記の動画を見ても分かるように著者は常に「時制・肯定・否定・疑問」この4つさえしっかりと抑えればネイティブのように会話をすることができると提言しています。

やはり日本語が話せるネイティブスピーカーの上に言語学習にこだわりを持っているので、ただの英語を話せる外国人ではない気付きがたくさんありますね。

特に前半部分は「TOEICの点は高い」「英語の知識はある」なのに英会話になるとグダグダになる方には立ち読みしてでも読んで欲しいですね。

とにかく会話用の基本文型を身に着ければ、どんな英語でもシンプルな英語に言い換えられることが良くわかります。

この本で勉強して簡単過ぎると思うけど話せない人は、そんな簡単なことも話せないからこそいつまでも英会話ができないことに気付かないとダメですね。

一億人の英文法

紹介するまでも無い「一億人の英文法」です。

英文法の本といえば「一億人の英文法」か「Forest」が有名ですが、「Forest」がテスト対策用だとすると、「一億人の英文法」はタイトルの通り「話すため」の文法になっています。

英語を勉強する人には必読の本として言われていますが、この本も「ハートで感じる英文法」と同じで「一生懸命文法などを勉強したけど話せない」という人向けです。

中学レベルの文法も身についていないレベルでは読んでも意味がない本ですね。

同じ著者が書いている「ハートで感じる英文法」に比べれば難しく感じるかも知れませんが、著者が同じだけあって基本的には「英語を感じる」「ネイティブの感覚」を理解することに重点を置いています。

ただ、700ページとかなりボリュームがあるので情報過多になってしまいますから、1度だけでなく2度、3度と通読するとなお良いですね。

とにかく英語を感じる方が会話力に繋がる

何でも理論武装が好きな日本人には難しいことですが「英語を感覚」で掴めるようになれば、小難しい言い方をしなくても簡単に伝わる英語で話す事ができるようになります。

子供のような簡単な英語だけではビジネスで通じないなどという人もいますが、簡単なことが極当たり前にペラペラ話せない人が気にすることではありません。

基本となる型を身に付け、それを使いまわし出来るようになり、簡単なことであればペラペラと会話で使えるようになれば、その上にある難しい会話も必要に応じて身に付くようになります。

まずは会話しながら「ここではinかな~?onかな~?」なんてことを考えていたら、会話になりませんからね。

英語の勉強は本よりもアプリの方がコスパが良い

私は英語の本で勉強をするのも好きです。

じっくりと読めますし、最後まで終わった時の達成感もモチベーションを保つのに重要だと思っています。

しかし、最近ではスマホアプリの性能が高すぎてあまり本を使わなくなりましたね。

特に「スタディサプリ ENGLISH」は、内容も良い上に料金も安く、毎日飽きない工夫がされているのでかなり維持になって遊びながら学習しています。

どうしても本は眠たくなる人もいますし、つまらないから続かないという人もいますしね。

なかなか面白いですし、かなりの優良アプリなのでおすすめできますね。

ホントにゲーム感覚でスキマ時間を使って学習できるので「さぁやろう!」と意気込まなくても効率の良い学習ができるために継続しやすいです。

続けることが重要な英語学習には最適なアプリと言えるでしょう。

無駄に教材を買って読まない、使わないよりも毎日必ず手元にあるスマホで勉強するアプリの方が向いている人も多いですしね。

⇒英語力が伸びない中級者はライティングができない・話すだけじゃダメ