海外送金

トランスファーワイズは日本からフィリピンの送金手数料が安い?

日本から海外への送金手数料が安くて評判が良いトランスファーワイズ
送金したい人

フィリピンへの送金ってトランスファーワイズを使えば手数料が安く済みますか?

フィリピンで仕事をしていても主な収入は日本で日本円支払いされていたり、フィリピンにいる家族に日本からフィリピンに仕送りのために送金しないといけないという場合もあります。

そんな時に、送金手数料が安くて有名なトランスファーワイズは日本からフィリピンに送金で使えるのかどうか?その他の送金方法と比較してみました。

日本からフィリピンへの送金サービス手数料を比較してみる

日本で働いているフィリピンの人達がたくさんいるので、日本からフィリピンへに住む家族への仕送りで海外送金はよく利用されていますね。

他にも、フィリピン人彼女へのお小遣いで毎月少額送金をしている人も居たりします。

セブン銀行のフィリピン送金サービスで送金

enRemitでMoneyGram経由の送金

●フィリピン専門の送金サービスGCASHを使って送金

トランスファーワイズで送金

ゆうちょ銀行

PNB(フィリピンナショナルバンク)

セブン銀行、ゆうちょ銀行、PNB以外は銀行ではなく資金移動業者です。

日本人は海外への出稼ぎ労働者がとても少ないのでマイナーなサービスですが、出稼ぎ労働者の多いフィリピンや東南アジアの国々ではどのサービスも有名でよく利用されています。

セブン銀行のフィリピン送金サービスで送金

セブン銀行では資金移動業者としては世界最大のWestern Unionと提携して海外送金サービスを行っていますが、利用者の多いフィリピン向けには専用アプリを使ったフィリピン送金サービスを提供しています。

フィリピン限定ですが、Western Unionを使った送金サービスよりも専用アプリを使った送金の方が手数料が安いです。

 セブン銀行
(オンラインアプリ)
送金額300,000円
送金手数料2,000円
実際の送金額298,000円
Yahoo為替レート
(調査時のレート)
1ペソ=2.13円
為替手数料
(TTSレート)
1ペソ=2.17円
(約2%上乗せ)
中継銀行手数料
(仲介手数料)
無し
口座登記料無し
受取り銀行手数料無し
送金日数
(口座がある状態)
最短10分以内
受け取れるフィリピンペソ136,990PHP

enRemitでMoneyGram経由で送金

enRemitは世界200ヶ国でのサービス提供と約32万箇所の受け取り拠点があるMoneyGramと提携している資金移動業者です。

MoneyGramは日本では知られていませんが、同じ資金移動業者のWestern Unionに次いで利用されていますので、利用することの安全性には問題ありません。

 enRemit
(MoneyGram経由)
送金額300,000円
送金手数料一律1,380円
実際の送金額298,620円
Yahoo為替レート
(調査時のレート)
1ペソ=2.13円
為替手数料
(TTSレート)
1ペソ=2.18円
(約2.3%上乗せ)
中継銀行手数料
(仲介手数料)
無し
口座登記料無し
受取り銀行手数料無し
送金日数
(口座がある状態)
最短10分以内
受け取れるフィリピンペソ136,598PHP

フィリピン専門の送金サービスGCASHを使って送金

GCASHはフィリピンではスマホ決済ができるのでフィリピンでもよく利用されているサービスです。

フィリピンへの送金サービスの中では手数料が安いので、日本で働く出稼ぎフィリピン人にはよく利用されています。

 GCASH
(オンライン)
送金額300,000円
送金手数料一律1,350円
実際の送金額298,650円
Yahoo為替レート
(調査時のレート)
1ペソ=2.13円
為替手数料
(TTSレート)
1ペソ=2.17円
(約2%上乗せ)
中継銀行手数料
(仲介手数料)
無し
口座登記料無し
受取り銀行手数料無し
送金日数
(口座がある状態)
最短10分以内
受け取れるフィリピンペソ137,169PHP

トランスファーワイズでフィリピンの銀行口座へ送金

トランスファーワイズはベンチャーのフィンテック企業で、海外送金手数料を大幅に安くすることに革命を起こした企業です。

詳しくは、こちらの記事を読んで貰えれば良いですが、海外送金を検討するのであれば一番最初にチェックすべきサービスです。

 トランスファーワイズ
(オンライン)
送金額300,000円
送金手数料一律2,117円
実際の送金額297,883円
Yahoo為替レート
(調査時のレート)
1ペソ=2.13円
為替手数料
(TTSレート)
1ペソ=2.13円
(上乗せ無し)
中継銀行手数料
(仲介手数料)
無し
口座登記料無し
受取り銀行手数料無し
送金日数
(口座がある状態)
初回申し込み 3日~10日
2回目から平均1営業日以内
受け取れるフィリピンペソ139,484PHP

ゆうちょ銀行からフィリピンの銀行口座へ送金

留学などでの海外送金では手数料が安いと利用者が多いゆうちょ銀行ですが、送金手数料が安いだけで独自に設定されている為替レートはそれほどよくありません。

送金手数料だけ気にして為替手数料に目を向けられていなかったような時代ではなく、ネットでレートを比較したりすることができるようになった今ではあまり利用価値は無いですね。

ただし、送金先の国によっては安い場合もあるので、一応調べておいても良いでしょう。

 ゆうちょ銀行
(オンライン)
送金額300,000円
送金手数料一律2,000円
実際の送金額298,000円
Yahoo為替レート
(調査時のレート)
1ペソ=2.13円
為替手数料
(TTSレート)
1ペソ=2.32円
(約8%上乗せ)
中継銀行手数料
(仲介手数料)
3USD
1USD=113.44 円
※Landbankは無料
口座登記料50ペソ~100ペソ
受取り銀行手数料銀行による
送金日数
(口座がある状態)
申込日+2日から4日営業日
受け取れるフィリピンペソ128,301PHP
ー中継銀行手数料340円
ー受取り銀行手数料
ー口座登記料50ペソ~100ペソ

>>>こちらでトランスファーワイズの手数料が簡単に見積もりできます。

PNB(フィリピンナショナルバンク)からフィリピンの銀行口座へ送金

PNBはフィリピンの国営銀行で、フィリピンではそれほど人気が無い銀行ですが、私は愛用しています。

何故かと言えば、口座の開設にいちいち細かいことを聞いてこないですし、ATMなどを利用する時に他の人気銀行のように長蛇の列に並ばなくて良いからですね。

PNBも手数料は安いのですが、為替手数料がよくありませんので利用価値はありません。

 PNB
(名古屋・東京のみ)
送金額300,000円
送金手数料2,000円
実際の送金額298,000円
Yahoo為替レート
(調査時のレート)
1ペソ=2.13円
為替手数料
(TTSレート)
1ペソ=2.19円
(約2.8%)
中継銀行手数料
(仲介手数料)
銀行による
口座登記料銀行による
受取り銀行手数料銀行による
送金日数
(口座がある状態)
PNB口座は当日
その他は翌営業日
受け取れるフィリピンペソ135,763PHP

日本からフィリピンへの送金手数料はトランスファーワイズが最安

フィリピンへの送金サービスの手数料を比較してみるとトランスファーワイズが最安ということが分かりましたね。

1位 トランスファーワイズ 139,484PHP

2位 GCASH 137,169PHP

3位 セブン銀行 136,990PHP

4位 enRemit 136,598PHP

5位 PNB(フィリピンナショナル銀行) 135,763PHP

6位 ゆうちょ銀行 128,301PHP

※TTSレートは日によって変わりますので2位~4位などは順位が入れ替わる可能性はあります。

フィリピン側に銀行口座があることが前提となりますが、口座があるならやはりトランスファーワイズの手数料の安さは見過ごせませんね。

フィリピンに銀行口座が持てない場合

フィリピンでは、観光ビザでも59日以上滞在する場合はACR-I CARDという外国人登録証の取得が義務付けられていて、その申請から約2週から4週ほどで登録証を得ることができます。

外国人からお金を取る為だけに作られているカードなので、外国人にとっては迷惑でしかない制度なのですが、長期滞在者にとっては銀行口座を開くことができるので便利です。

フィリピンは他国に比べれば簡単に口座を手に入れることができますので、長期滞在者や留学生であればトランスファーワイズを利用することは難しくありません。

しかし、59日以上も滞在しないけど現金が必要ということであれば、トランスファーワイズではなくセブン銀行、enRemit、GCASHなどを利用すると良いでしょう。

これらの資金移動業者であれば、日本から現金で送金して、フィリピンならどこにでもある窓口で受け取りをすることができるので非常に簡単です。

しかも、営業時間内であれば送金時間は10分以内で済むので緊急の送金にも助かりますね。