タイ

バンコク・チャオプラヤー川で3,000円からの格安ディナークルーズ

バンコク・チャオプラヤー川でのディナークルーズと言えば「そんなのどうせ高いんでしょ?」というイメージがありますよね。

しかし、実際にはネットで事前購入することで約3,000円からの格安でリッチな気分を味わえるディナークルーズを利用することができます。

そこで、現地で予約・購入するよりも安く利用できるバンコク・チャオプラヤー川でのディナークルーズ5選をご紹介します。

バンコクの交通の要チャオプラヤー川

チャオプラヤー川ディナークルーズ

チャオプラヤー川はバンコク観光へ行けば必ず利用することになるバンコクの交通の要です。

そして、チャオプラヤー川は夜になると豪華なクルーズ客船がたくさん出ますので、私も初めてのバンコクでは「お金持ちが楽しんでいるんだなー」と眺めていました。

たったの3,000円程度で楽しめることを知らずに。

ディナークルーズでは、ライトアップされたタイ王宮(Grand Palace)、ワットアルン(Wat Arun)、ワット・プラケオ(Wat Phrakeaw)など、とても綺麗な景色を堪能できますので、一度は体験したいですね。

チャオプラヤー川でのディナークルーズを利用する際の注意点

●ディナークルーズはほとんどがリバー・シティ・ピア(River City Pier)から出港し、リバー・シティ・ピアに戻ります。
●乗船の際はかなり混雑しますので、乗り遅れないように時間を厳守しましょう。
●乗船中はディナーブッフェ開始と同時に人が群がりますが、ある程度行き渡れば後からゆっくり選べますし、料理は無くなれば出てきますので慌てる必要はありません。
●下船してからホテルへ戻る際にリバー・シティ周辺にいるタクシーはボッタクリタクシーばかりです。

徒歩20分のフアランポーン駅でも通常50バーツ程度のところ、200バーツから300バーツ取られます。

ディナークルーズにホテル送迎オプションが有る場合は、利用した方が結果として安全で安く済みます。

現地で使えるSIMフリー携帯を持っているのであれば、配車アプリのGrabを利用することをお勧めします。

【AIS】タイ プリペイド SIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき

新品価格
¥250から
(2018/12/31 13:46時点)

チャオプラヤー・プリンセス号(CHAO PHRAYA PRINCESS)

チャオプラヤー・プリンセス号(CHAO PHRAYA PRINCESS)はディナークルーズでは安価で、観光客にも有名な船です。

ドレスコードも無いので気軽に利用することができ、船内では夜景を見ながら美味しいディナーやデザートと生演奏が楽しめます。

乗船人数は200名~480名と大きめですので、船内は明るく賑やかな雰囲気ですし、一人参加の人も多いです。

座席の指定はできませんが、KKdayでは申込み時にダメ元で「アッパーデッキを希望したら良い席だった」という声が多いですので、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

●料金:1名950バーツ※2019年1月10日
●料理:ブッフェ形式でタイ料理中心の多国籍料理
●アルコール:別途料金で現金のみ
●ドレスコード:無し
●乗船時間:約2時間
●乗船場所:リバー・シティ・ピア(River City Pier)
●アクセス:MRTフワランポーン駅(Hua Lamphong)からタクシー(約50バーツ)または徒歩(約20分)

ホワイトオーキッド号(White Orchid)


ホワイトオーキッド号(White Orchid)はディナークルーズの中で最安です。

タイ舞踊や生演奏、ニューハーフショーも開催されるので、船内は大盛り上がりになります。

料金が安いだけあり、客層にはタイ人や中華系の団体も多いので、騒がしいのが苦手な人には苦笑いになる可能性もあります。

●料金:1名894バーツ※2019年1月10日
●料理:ブッフェ形式でタイ料理中心の多国籍料理
●アルコール:別途料金で現金のみ
●ドレスコード:無し
●乗船時間:約2時間30分
●乗船場所:リバーシティ・ショッピング・コンプレックス(River City Shopping Complex)
●アクセス:MRTフワランポーン駅(Hua Lamphong)からタクシー(約50バーツ)または徒歩(約20分)

チャオプラヤー号(Chaophraya Cruise)

チャオプラヤー号では、他の船と同じようにタイ舞踊やライブミュージックが楽しめますが、ツアー終盤では船内がディスコ状態になるのが特徴です。

踊るのが好き、音楽が好きという方には他国の人と楽しめるのでオススメです。

もちろん、騒がしいのが嫌いな方は言うまでもありません。

●料金:1名1013バーツ※2019年1月10日
●料理:ブッフェ形式でタイ料理中心の多国籍料理
●アルコール:別途料金で現金のみ
●ドレスコード:無し
●乗船時間:約2時間
●乗船場所:リバーシティ・ショッピング・コンプレックス(River City Shopping Complex)
●アクセス:MRTフワランポーン駅(Hua Lamphong)からタクシー(約50バーツ)または徒歩(約20分)

ワンダフルパール号(Wonderful Pearl)


ディナークルーズの中でもひときわ目立つワンダフルパール号(Wonderful Pearl)は、2015年に就航したばかりで一番新しく、船内に噴水があったりする豪華な船です。

少し高めな分、中華系の団体も少なく欧米人が多いので、騒がしい感じはありません。

他の船と同じくタイの古式舞踊やライブバンドなど様々な催しがあります。

●料金:1名1602バーツ※2019年1月10日
●料理:ブッフェ形式でタイ料理中心の多国籍料理
●アルコール:別途料金で現金のみ
●ドレスコード:無し
●乗船時間:約2時間
●乗船場所:リバーシティ・ショッピング・コンプレックス(River City Shopping Complex)
●アクセス:MRTフワランポーン駅(Hua Lamphong)からタクシー(約50バーツ)または徒歩(約20分)

シャングリラ・ホライゾン号 (Shangri-La Horizon)

ホライゾン号は言わずと知れた高級ホテルのシャングリラが運行するディナークルーズです。

料金が他のディナークルーズの倍するだけあり、料理は豪華で客層もまったく違いますが、出す価値がある贅沢な体験ができます。

シャングリラが運行しているので、ドレスコードはスマートカジュアルです。

ショートパンツやタンクトップ、ノースリーブ、丈の短いスカート(ドレスを除く)サンダル、薄汚れたスニーカー等では乗船できないので綺麗な服装で行きましょう。

●料金:1名2,350バーツ※2019年1月10日
●料理:ブッフェ形式でタイ料理中心の多国籍料理
●アルコール:別途料金で現金のみ
●ドレスコード:有り スマートカジュアル
●乗船時間:約2時間
●集合場所:シャングリラホテル・バンコク(Shangri-La Hotel Bangkok)
●アクセス:BTSサパーンタクシン駅(Saphan Taksin)からすぐ