台湾

台北のおすすめ夜市TOP3・のんびりグルメを楽しむなら饒河街夜市

台北で一番おすすめの夜市は饒河街夜市

台北旅行で絶対に欠かせないおすすめのスポットが台北のあちこちに点在する夜市でしょう。

台北はどちらかと言えば夜が本番の街なので、夜になると人が増えてとても賑やかになりますし、毎日が日本の縁日のようでワクワクしてしまいます。

夜市の中でも私がグルメを楽しむのにおすすめなのは饒河街夜市なのですが、台北には10箇所以上に夜市があり、もちろん1泊~2泊の観光では全ていけませんよね。

そこで、台北へ行くならこの3つの夜市だけ行けば間違いないという夜市TOP3をご紹介します。

疲れるだけで一番グルメを楽しめない夜市が「士林夜市」

台北の夜市で一番おすすめしない士林夜市

まず、台北の夜市といえばほとんどの人が一番規模の大きな「士林夜市(シーリン夜市)」を紹介していると思います。

確かにお店も多いですし、訪れる人も多いので非常に賑やかでワクワクします。

しかし、私の中では行く度に疲れてがっかりする夜市No.1が「士林夜市」です。

何故かと言えば、混雑が酷すぎて並び疲れる上に、食べ歩きをするにもゆっくりと落ち着いて食べられないからです。

例えば、良く紹介されているお店で言えば、士林夜市で有名なフライドチキン士林豪大大雞排ですが写真の通り大行列です。

士林夜市で有名なフライドチキン士林豪大大雞排

午後9時の段階で約50人程の行列が出来ていましたね。

また、その近くにある同じくスパイシーなフライドチキンで有名な屋台なんて軽く100人を超える行列でした。

士林夜市で有名なスパイシーフライドチキンのお店

ちなみに「士林夜市」でしか買えないかと言えばそうではなく、他の夜市でも同じものが買える場合が多々ありますからね・・・。

他にもタピオカミルクティーで有名なお店も大混雑。

「士林夜市」のタピオカミルクティ有名店

もちろん、混雑は並んでいるお店だけではなく「士林夜市」そのものが大混雑です。

「士林夜市」は満員電車レベルの人混みで食べていられない

どこを歩いても満員電車状態の上に、その中で行列を作っているお店があるので詰まってしまって人も流れません。

良くブログなどでは、「士林夜市でB級グルメを堪能しよう!」などと掲載されていますが、人気店に並ぶだけで30分~1時間ですからね。

早い時間や遅い時間に行っても人気店は並んでいるので本当に疲れてしまいますよ。

そんな訳で、B級グルメを楽しむために「士林夜市」へ行くのはおすすめしません。

賑やかな夜市を楽しむのなら一番良いですけどね。

台北の夜市でグルメを楽しむのに一番おすすめの饒河街夜市

台北で一番おすすめの夜市は饒河街夜市

個人的に、台北でB級グルメをゆっくりと楽しむのに一番オススメな夜市が「饒河街夜市」です。

饒河街夜市は台北駅から少し離れた「松山駅」を降りてすぐにあります。

約400mほどの一直線の通りに屋台が立ち並んでいるので、迷うこと無くスムーズに進む事ができます。

とても人気の夜市ですが、台北駅から少し離れていることもあり観光客は思ったほど多く無いので、人気店でも並んで待つのが楽しめる程度の行列で済むのが良いですね。

饒河街夜市で一番人気の胡椒餅

饒河街夜市に入って一番最初に目につくのが一番人気の「胡椒餅」ですが、こちらも並んでいても20人ほどですし、どんどんと焼かれていくので待っても10分から15分ほどですね。

饒河街夜市は夜市でグルメを楽しむのにおすすめ

写真の様に適度な人なので、ゆっくりと屋台を見ながら好きなモノをゆっくりと選べますよ。

ちなみに「士林夜市」で100人以上の行列に並ばないと買えないスパイシーフライドチキンは、饒河街夜市であれば5分~10分で買えます。

饒河街夜市でもスパイシーフライドチキンが買える

外は甘辛でカリカリの皮で、肉はジューシーで美味しいです。

しかし、1枚がかなり大きいので一人で食べるとそれだけでお腹が一杯になってしまって食べ歩きどころでは無くなりますけどね。

「士林夜市」でおすすめのスパイシーフライドチキン

龍山寺すぐ近くにある台北の穴場的な夜市「華西街観光夜市」

ちょっと穴場な台北の夜市は廣州街觀光夜市

台北でちょっと穴場的でもあり、ディープな夜市が「華西街観光夜市」と「廣州街觀光夜市」です。

観光名所になっている龍山寺の直ぐ側にあり、穴場と言ってもそこそこ大きな夜市ですね。

「華西街観光夜市」と「廣州街觀光夜市」は別の通りなのですが、隣接しているので1度にまとめて行くことができます。

地図で調べても廣州街觀光夜市は出て来ませんが、夜に龍山寺観光と合わせて行けばすぐに分かるのでおすすめです。

ちなみに龍山寺側から夜市に入ると「艋舺夜市」という名前になっていますが、これは龍山寺近くに広がる「華西街観光夜市」「廣州街觀光夜市」「梧州街夜市」の3つの夜市をまとめた総称です。

台北で有名な夜市に比べれば人の通りは少ないですが、お店はかなりたくさん出ていますね。

観光客をあまり見かけないので、これがローカル向けの夜市の姿なのでしょう。

もちろん、人通りは少なくても人気のB級グルメはしっかりと並んでいますけどね。

饒河街夜市と同じで適度な列なので、どの店が美味しいのか分かりやすくて良いですよ。

廣州街觀光夜市では他の夜市よりも海鮮物が目立つのですが、ハッキリ言えば海鮮というよりもゲテモノが結構多いです。

さすがに屋台で生物は怖いですけどね。

華西街観光夜市は激安マッサージがたくさんある

華西街観光夜市は夜市というよりも、夜に営業している商店街です。

そこそこな食堂と激安な足裏マッサージがたくさんありますので、疲れたらここでマッサージを受けると良いでしょう。

艋舺夜市も一昔前は怖い、危ないというイメージだったようですが、夜市にはそんな雰囲気は全く無いですし、夜の龍山寺観光と合わせて行けば気軽に立ち寄れる夜市です。

ただ、龍山寺周辺はホームレスや胡散臭いおじさんのたまり場になっている公園があるので、治安が悪いと言われるのはそのせいでしょうね。

たしかに、雰囲気的には大阪であればあいりん地区、東京であれば上野の山谷のドヤ街と言ったような空気感はありました

台北駅から徒歩で行ける安定のおすすめ夜市「寧夏路夜市」

台北駅から徒歩で行ける気軽な夜市「寧夏路夜市」

「寧夏夜市」は台北駅から徒歩で行ける距離にあり、台北で人気の行列ができるお店が一通り揃っている安定の夜市です。

規模は200m程なので大きく無いですが、100軒以上の屋台が並んでいるので、正直この夜市だけでも台北のグルメは一通り楽しめますね。

ただ、ちょっと通路が狭いので歩きながら食べるのは厳しいでしょう。

もちろん、通りからすぐ外れることが出来るので買って外に出て食べて、また通りに戻れば良いだけですので、士林夜市の様に食べるところもない状態ではありません。

「頼鶏蛋蚵仔煎」のカキオムレツ「鶏蛋蚵仔煎」

屋台通りと同じ並びには店舗を構える店も並んでいて台北で超人気の「頼鶏蛋蚵仔煎」の牡蠣オムレツ「鶏蛋蚵仔煎」もこちらで食べることができます。

行列と言っても30人ほどなので20分から30分ほど待てば大丈夫ですね。

ぷりっぷりの牡蠣がゴロゴロと入っているオムレツは絶品です。

また「寧夏夜市」の近くには豆花で有名な「豆花荘」、マンゴーかき氷で有名な「冰讃」、魯肉飯で有名な「双連街魯肉飯」もあるので合わせて行ってみると良いでしょう。

台北で豆花が美味しいお店

台北でおすすめの夜市まとめ

正直に言ってしまえば、どこの夜市に行っても同じようなモノが食べられますし、ブログや雑誌で取り上げられているお店でも、マイナーなお店でも味にそれほど大きな差はありません。

わざわざ士林夜市に行かなくても台北駅から近い「寧夏夜市」や「饒河街夜市」でも、それほど並ばずに買える同じモノを買うことができます。

特に士林夜市は雰囲気を楽しむ場所として考えて、B級グルメを楽しむのは別の夜市にした方がゆっくりと夜市を楽しむことができますね。

ちなみに、饒河街夜市で大人気の胡椒餅も、士林夜市で人気のタピオカミルクティーも台北駅のすぐ近くにお店があるのでわざわざ夜市で並ぶ必要も無かったりしますよ(笑)

今日すぐに使える台北旅行を常に割引で楽しめるオプションツアーやレストランの割引券