海外送金

アメリカと日本で送金・仕送りは手数料が安いトランスファーワイズ

日本からアメリカに仕送りを海外送金する方法
ロク

アメリカから日本に資金を移すのにできるだけ安く送金したい

タマ

日本からアメリカにいる子供にできるだけ安く仕送りしたい

アメリカと日本で海外送金方法はたくさんありますが、本当に送金手数料が安く済む方法は2~3通りしかありません。

ここでは、アメリカから日本への海外送金、日本からアメリカへの仕送りなどで、手数料が最安クラスのトランスファーワイズ、海外送金の方法では有名なペイパル、簡単に送金が出来るので有名なMoneyGramの3社を利用した場合の手数料をまとめました。

結論から言えば、日本とアメリカ間の海外送金はトランスファーワイズ以外考える必要はありません。

アメリカから日本にトランスファーワイズとペイパルで送金

まずは、3,000ドルをアメリカから日本へ海外送金した際に必要な手数料と実際に受け取れる金額をトランスファーワイズとペイパル(PayPal)で比べてみました。

為替レートは1ドル=111.69円で計算しており、これはヤフーの為替レートなどと同じです。

トランスファーワイズの公式サイトで簡単見積もり計算をするとトランスファーワイズと同じレベルで手数料が安い「Worldremit」や「ペイパル」を比較して計算することが出来るので簡単です。

ちなみに、下の画像にWorldremitが無い理由は、Worldremitではアメリカから日本へ送金出来ないためですね。

トランスファーワイズの送金手数料が22.83ドル

ペイパルの送金手数料が4.99ドル

送金手数料は圧倒的にペイパルが安いですね。

しかし、肝心な3,000ドル送金して実際にどれだけ受け取れるかとなると全然違います。

Transferwiseで送金した場合に日本で受け取れる金額が332,535円

ペイパルで送金した場合に日本で受け取れる金額が324,358円

差額8,176円

トランスファーワイズの方が断然受け取れる額が大きいですね。

ブログなどで、海外送金や仕送りならペイパルが安くて便利と紹介されたりしているので、ペイパルの為替レートが悪いことを知らないまま、ペイパルの海外送金手数料だけみて安いと思って利用している人はかなりいます。

このように海外送金したい場合は、送金手数料だけでなく、ドルから円に両替される際の為替レートに一番注意しなければいけません。

トランスファーワイズの公式ページ
簡単手数料計算

アメリカから日本へMoneyGramで送金した場合の手数料

トランスファーワイズ MoneyGram
日本円受取額 300,000円 300,000円
ネットの為替レート 1USD= 111.136円 1USD= 111.136円
TTSレート
(為替手数料)
1USD= 111.136円
(為替手数料無し)
1USD=109.51円
(為替手数料 1.626円)
30万円を受け取る為に
必要な送金額
2,721.02 USD 2,739.42 USD
+18.4ドル多く必要
送金手数料 21.62USD 54.79USD
アメリカでの振込手数料 利用している銀行による 無し
手数料合計 21.62USD+振込手数料 54.79USD+18.4USD


※TTSレートは状況とタイミングで変動します。

日本で30万円受け取る為にMoneyGramで送金する費用 $2,794.21

日本で30万円受け取る為にTransfer Wiseで送金する費用 $2,721.02

差額 $73.1(約8,140円)

MoneyGramとペイパルを比較すれば同じような手数料ですが、やはりトランスファーワイズの手数料と比べれば断然トランスファーワイズが安いですね。

TransferWiseで日本からアメリカへ仕送りで送金する

トランスファーワイズを利用すれば、アメリカで仕事や留学をしている家族への仕送りで送金するのにも手数料が最安クラスになります。

いつもトランスファーワイズと最安値を競いあっている、Worldremitとは気持ちの差でトランスファーワイズの方が手数料が安いですね。

日本からアメリカであればWorldremitも利用できますが、Worldremitのサイトは英語しかありませんので、英語ができなかったり、預けたお金も万が一何の時に保証されるのかどうかで不安ですね。

もちろんWorldremitのコールセンターやサポートは英語のみですので、トラブルがあった場合は全て英語で対応しなくてはいけませんよ。

その点、トランスファーワイズであれば日本に支社があり、日本で営業認可を受けています。

コールセンターも日本語、問い合わせも日本語なので安心ですし、日本で関東財務局の営業認可を受けているということは万が一があった場合も預けた資金は保障されるので大丈夫です。

ペイパルは手数料が比較対象にもならないので、留学などの仕送りで使う理由がありませんね。

アメリカや日本でトランスファーワイズを利用するのに必要なこと

トランスファーワイズを利用する場合は、アメリカ側、日本側のどちらにも銀行口座が必要です。

アメリカで仕事をしたり、長期で留学していればSSN(米国社会保障番号)があり、銀行口座も所持できるので問題無いでしょう。

自分が銀行口座を持っていなければ友人の口座からという手もありますが、金額が大きい場合や頻度が高い場合は日本やアメリカで税務署の調査が入ってしまうことがあります。

利用させてもらった人に迷惑になる可能性があるので止めておきましょう。

また、アメリカであればトランスファーワイズが提供しているボーダレス口座が開設できます。

アメリカであればボーダレス口座を無料で作ることができるので、トランスファーワイズが利用出来る国であればどこにでも送金することが出来るようになるので非常に便利ですね。

ワーホリや留学にアメリカで使えるボーダレス口座・トランスファーワイズ 留学でも移住でも、現地でお金の管理をどうするかは本当に悩むところですが、アメリカだけではなく、オーストラリア...

アメリカから日本、日本からアメリカへ送金する際に必要な日数

アメリカと日本の間で送金する場合に必要になる日数は送金2回目からは1~4営業日ですが、大体の場合は2回目からであれば1営業日で到着するという声が多いです。

TransferWiseを初めて利用する場合は、口座開設から1回目の送金までに必要な日数は3~10営業日になります。

これは、日本の銀行でも口座開設や住所確認だけで1週間は必要ですのでどこでも同じでしょう。