LCC・格安航空の使い方

Trip.comは評判が悪い?航空券は座席指定できるの?

格安航空会社を比較検索できる便利なサイト「スカイスキャナー」を利用すると必ずと言って良いほど出てくる「Trip.com」という格安チケットがあります。

スカイスキャナーには、航空会社のサイトから格安チケット販売会社まで表示されるので、チケットは安くてもTrip.comがどんな会社なのかわからないと心配です。

ここでは、Trip.comの評判、座席指定の方法などをまとめてみました。

 

Trip.comはどんな会社なの?

 

Trip.comは元々はアメリカの旅行予約会社でしたが、中国の最大の旅行予約サイト「Ctrip」が買収しています。

規模的には世界で2番目に大きい旅行予約サイトと言われています。

Ctripは格安航空券検索サイトのスカイスキャナーの親会社でもありますので、スカイスキャナーで検索すればトリップドットコムが出てくるのは当たり前ですね。

世界的に見ると大きな会社ですし、日本でも近畿日本ツーリストの下請けをしていたり、大手航空会社とも提携しているので得体の知れない会社という訳ではありません。

 

Trip.comの評判はどうなの?

 

Trip.comだけではないですが、こういった海外の会社は予約変更、キャンセルなどがある場合には結構トラブルになる可能性が高いですね。

カスタマーサービスに繋がらない、日本語カスタマーサービスと言いつつ掛けてみると片言の日本語を話す中国人なので話が伝わらないといったトラブルは多いです。

キャンセルができない、カスタマーサービスが役に立たないなどは、少し調べればたくさんクレームが出てきます。

ただ、こういった格安サイトを利用する前提として、親切なサービスは求めてはいけませんし、変更やキャンセルが出る可能性が少しでもあるのであれば、料金が高くなっても日本のサポートを受けられる会社を選ぶべきですね。

 

Trip.comを使ってトラブルは?

 

幸い私はこれまでTrip.comを利用してトラブルにあったことはありませんし、うまく利用すれば航空会社の公式サイトで購入するよりも大幅に安く買えるので、結構利用しています。

しかし、トリップドットコムは2018年にホテルの部屋が無いのに架空販売をして大きなトラブルをおこしましたね。

航空券でのトラブルはあまり聞きませんが、ホテルの予約では架空販売以外でもかなりトラブルを起こしているようなので利用は避けたほうが良いです。

 

Trip.comで航空券を買って座席指定する方法

 

Trip.comを利用して航空券を購入して座席指定が出来るかどうかと言えば、問題なくできます。

しかし、座席指定はTrip.comのサイトで購入時にはできませんので、購入したチケットの航空会社のサイトで座席指定をしなければいけません。

それでは簡単に座席指定の方法をご紹介しましょう。

 

Trip.comからメールで届く予約番号を確認

まず、Trip.comで航空券を購入すると「航空券予約確認書」がメールで届きます。

その中に「航空会社予約番号(PNR)」がありますので、その英数字をコピーしましょう。

 

航空会社のホームページで座席指定する

今回は私が愛用するセブパシフィックのサイトで座席指定をします。

セブパシフィックであれば画面上部にある「予約確認」をクリックしましょう。

予約確認をクリックすると、英語のサイトになりますがこれは日本語には戻せません。

右下にある「Use your booking deatails」の箇所に先程の「航空会社予約番号(PNR)」と「名字」をアルファベットで記入します。

ちゃんと航空券が購入できていれば上のような画面になり、ここから座席指定、預入荷物、食事などが追加、選択できます。

この画面に入れない場合は予約が出来ていないということですので、購入からしばらくまっても画面が見れない場合はすぐにTrip.comの日本語カスタマーサービスに連絡をしましょう。

追加や選択は真ん中にある「Purchase Add-ons Change or Cancel Flight」からできます。

ここから座席指定であれば「Seat Selector」を選択すれば良いですね。

全て英語ですが、絵を見れば分かりますので英語は出来なくても大丈夫です。

追加する場合は支払いが必要になりますので、クレジットを手元に準備しておきましょう。

 

まとめ

 

先にも書きましたが、こういった格安チケット予約サイトを利用する時は、予約変更、キャンセル、入力間違いなどが起きないように十分に注意した方が良いですね。

安いには安い理由がありますし、海外の会社に日本のようなお客様サービスを期待していると痛い目に遭います。

そういったトラブルを避けたいのであれば最初から日本の企業が運営しているサイトを利用しましょう。

海外旅行や留学で必須の持ち物1位
留学でも海外旅行でも絶対に忘れてはいけないのが「無料付帯の海外旅行保険付きクレジットカード」です。エポスカードは数ある無料クレジットカードの中でも、海外旅行保険の無料付帯が最強の一枚です。万が一のときも持っているだけで保険が使えますので必ず所持したいクレジットカードです。マルイでのショッピングや海外キャッシングにも便利ですね。
年会費 永年無料
発行に掛かる時間 ネットで通常1週間・マルイ店頭受け取りなら即日発行
海外旅行保険 自動付帯・海外旅行で所持しているだけ大丈夫※VISA
ポイント 200円ごとに1ポイント・プリペイドへのチャージも可能
ロク

クレジットカードなんて1~2枚あれば良いと思っていませんか?海外では事故で搬送されたら100万なんて普通です。
クレカの保険は複数枚あれば加算して使えるので万が一に備えましょう。

 

 

海外旅行に出る前にチェックすべきサイト1位

KKdayは、日本人に人気の「台湾」「タイ」「バリ島」「ベトナム」「香港」などのアジア圏だけでなく、「ハワイ」「オーストラリア」「ニューヨーク」などの格安の現地オプショナルツアーや現地で必須になる交通手段、現地Wi-Fiなどを割引価格で事前に申込みができるとても便利なサイトです。旅行前や旅行中にチェックしておくだけで、数%から数十%の割引が利用できるので使わないと損です。
特徴① 直前や当日でも購入して利用できる割引クーポンが多数ある
特徴② 1人参加でも割高にならない格安のオプショナルツアーが多数ある
特徴③ クレジットカードが使えるのでポイントGETで更に割引

 

海外旅行のホテル探しに便利なサイト1位
ホテルズコンバインドは、あらゆるホテル予約サイトを一括して検索して最安値のホテル予約サイトを見つけることができるめちゃくちゃ便利なサービスです。いちいち、アゴダ、ブッキングドットコム、ホテルズドットコムなどを見て回らなくて良いので本当に楽です。
便利度