フリーランス

日本脱出するなら副業じゃなく複業・収入源を分ける


日本でも副業は話題になっていますが、これから日本脱出して海外へ出ようと思うのであれば「副業ではなく複業」が必須です。

タマ

副業と複業は何が違うんですか?

ロク

副業はあくまでオマケの仕事で、複業は全てが本業という考え方ですね。

海外で外国人が働くということは、よほど高スキルを持ち合わせていないといつクビを切られて仕事が無くなってしまうかも分かりませんので、会社以外の収入源を得るために複業を目指すべきです。

また、これから日本脱出して新興国などへ海外移住しようと思うのであれば、まず基本給が下がることは間違いないと思いますので、会社の給料だけに頼って生きようとするのは止めた方が良いのは間違いありません。

ここでは、日本脱出する前に収入源を分けるお話とその手段を掘り下げてみましょう。

日本脱出するなら副業じゃなく複業

日本では副業というとメインになる会社での仕事があって、空いた時間を使ってお小遣い程度の収入を得るという感覚ですが、ネットビジネスをしている人の中には副業が会社の収入を上回ることは特に珍しいことではないですし、結果として独立してしまう人はたくさんいます。

ブログやアフィリエイトで月収100万稼げるようになったけど、会社でしかできないこともあるので、そのまま会社員は続けている人もいますし、会社からの給料30万、ブログ30万で一生会社で働く分以上の昇給をブログから得て余裕の生活を送る人もいます。

ただ、2018年に全体で500万人程度のアフィリエイターがいる中で、ブログで月に10万円以上稼いでいる人は約30%と数字が出ています。

さらに50万以上となると全体の15%になりますので、さすがに誰でも頑張ればそんな状態になるという程あまくはありませんけどね。

そうやって大きく稼げる人は、稼げるように圧倒的な努力と勉強をしていたり、センスや着眼点が良かったり、タイミング的にラッキーだった人などそれなりの要素があります。

そんな自分にあるかないか分からない物に人生を掛ける訳には行きませんので、まずは5万円程度の現実的な収入を得られるレベルの複業を目指して行動をおこすと良いですね。

日本脱出ならパソコンだけで稼げる複業を2つ狙う

例えば、ネットだけで完結できる仕事はざっと考えただけでも14種ありますね。

1.アフィリエイター
2.ブロガー
3.Webライター
4.デバッガー
5.プログラマー
6.Webデザイナー
7.データ入力
8.せどり
9.FXや株でトレーダー
10.オンラインショップ
11.翻訳家
12.Youtuber
13.Youtuber狙いの動画編集者や画像編集者
14.文字起こし

もちろん、他にもいろいろあると思いますが、ネットだけで完結出来る仕事は結構多いですね。

こういった中から本業以外で最低でも2つくらいの仕事ができるようになれば、海外での生活での精神的なストレスは圧倒的に減ることは間違いありませんね。

ネット上で完結できる仕事を探すのであれば、リクナビNEXTに登録して「副業」「在宅勤務」「在宅ワーク」などをチェックしてみると良いでしょう。

海外で気軽に複業がしやすい仕事を探す「リクナビNEXT」

WEBライターは参入障壁も低く初心者でも始めやすい

私の場合は定番のアフィリエイター、ブロガー、WEBライターなどをしていましたが、WEBライターをするよりも自分のブログに注力した方が将来的に稼げることに気付いて今はしていません。

本当はライターとして経験を積んでからブログの方がスムーズだと思いますが、私の場合はブログが先だったので応募時の時点で「SEOの基礎知識があり、8万PVほどのブログを持っていて、旅、英語学習、留学などの海外系は強いです」という採用され易い強みがありました。

私は2時間程度で書ける2,000文字~3,000文字程度の記事で、文字単価が1円~1.5円程度でしたので特に単価が良いこともなく普通レベルでしたが、そのまま続けても仕事が切れなければ年収200万くらいにはなるかな?と言ったところですね。

1文字0.5円などの案件はしたことがありませんし、多分ブログ経験がある分だけライターとしての仕事は取りやすかったのだと思います。

ライターを本気でやって年収200万というと少ないですが、スキルが上がれば300万程度にはなるでしょうし、複業でも1週間に3本ほど書いて月に3万~4万程度の収入が得られるのであれば、無理無く出来てかなり良い仕事だと思います。

もし、海外で仕事が見つからないにしても、東南アジアであれば、ライターで200万稼げれば現地採用よりも高い収入を得て楽勝で生きて行けますしね。

ライティングを試してみるなら「サグーライティングプラチナ」というサービスがあり、このサイトで無料で受けられるテストに応募して合格すれば高単価の案件に応募できるようになっています。

基本的には、どのサイトで応募したとしても「受注前にテスト」が行われますし、テストと言っても面接があるわけでもなく、オンラインだけで終わるのでダメ元で試しで受けてみると良いですね。

テストを受けておけば、こういうことがライターとして求められるんだなと分かるという面でも勉強になります。

無料でサグーワークスのプラチナライターテストを受けてみる

他にもクラウドワークスやランサーズというサイトもあり、初心者やある程度経験のある人でもホトンドの人が利用しているのではないでしょうか。

CrowdWorks(クラウドワークス)

海外でするなら仕入れや在庫が無くパソコンだけで稼げる仕事をする

海外で物を仕入れてオンラインショッピングで販売したり、海外で仕入れた物をせどりで売ったり、ネット上で購入した物を転売するなどもできますが、基本的には在庫商売は止めた方が良いですね。

どれだけ自分は良いと思っていても売れなければただのゴミになってしまうので、仕入れの時点で3割~8割の出費が掛かってしまうようなことは避けるべきです。

アフィリエイター、WEBライター、ブロガー、データ入力などであれば本当にパソコンだけで出来ますし、固定費なんて毎月数千円で済んでしまいますので、圧倒的にリスクが低いですね。

こういった仕入れに固定費が掛からない仕事は失敗したとしても、何度でもやり直すことが出来るのも良いポイントです。

まとめ・日本脱出前に複業する

複業というと難しそうに感じたかも知れませんが、ブログとアフィリエイトを1年ほど毎日頑張れば月5万程度はかなりの高確率で稼げるようになりますし、しっかり勉強して作戦を立ててやれば6ヶ月で10万、20万という人も少なくありません。

ライターも月に3万~5万ほど稼げるようになれば、ブログとライターで月収10万は稼げるので、海外移住で仕事をして給料が下がったとしてもまったく問題なくなりますね。

少しでも早く日本脱出したい気持ちは非常に良く分かりますが、まずは6ヶ月から1年掛けて複業を進められるようにしてからにした方が良いです。

どうしても今すぐ日本脱出したい人は、現地で会社の仕事だけに注力せずに、余暇を使って複業できるように頑張ることを本気でお勧めします。

もし、帰国となった時にも複業があれば路頭に迷うこともありませんからね。