フィリピン留学

海外生活で必要な英語力は1ヶ月で身に付く・スタート地点によるけどね

アヤ

転職の間を使って1ヶ月のフィリピン留学を考えていますが、1ヶ月で海外生活に必要なレベルの英語力は身に付きますか?

結論から先に言えば、英語力が大学卒レベルであれば1ヶ月詰め込めば話せるようになりますが、留学をしたからと言って誰にでも簡単に英語が話せるようになる系の美味しい話はありません。

しかし、私のような英語を学校の授業ですらまともに勉強したことがない高卒レベルの場合は、1ヶ月の留学では一生懸命頑張ってもようやく先生の話す英語が理解できるかできないか程度のレベルになれる程度ですね。

留学して本当に1ヶ月でなんとか話せるようになった人は、だいたい元からの基礎力が高かったり、地頭が良い人ばかりなので間に受けない方が良いですよ。

ここでは「海外生活で必要な英語力は1ヶ月で身に付く」というのはどういうことか、留学業界でたくさんの留学生に関わってきた私の経験から掘り下げてみましょう。

海外生活で必要な英語力は1ヶ月で身に付く

ある程度の英語力ある人で、こんなことを言う人がいます。

マキ

私は留学して1ヶ月で海外の生活で困らない英語力が身に付きました。

あくまで「海外生活に困らないレベル」がどれくらいのレベルかによりますが、確かに1ヶ月あれば海外生活で困らないレベルの英語が話せるようになる人もいます。

しかし、当たり前のことですが、誰にでも当てはまる訳ではありませんし、むしろ出来ない人の方が圧倒的に多いというのが現実です。

1ヶ月で英語が話せるようになる人はスタート地点が違う

まず、1ヶ月で海外で困らないレベルの英語が話せるようになる人は、元から英語の基礎や地力がある人だけです。

地力があるというのはFランクだろうがなんだろうが大学を出ている人で、高校受験、大学受験を普通に経験した人達のことです。

たいした大学じゃないし、英語なんて全然勉強していないので関係ないと本気で謙遜する人がいるのですが、本気で英語の勉強をしていなくて何も分からない人というのは「私の名前は〇〇です。〇〇と呼んで下さい。」を英文に出来ない人のことを言います。

最底辺高卒レベルの私がこれまでに会った留学生で、本当に私よりレベルが低いと思った超初心者の日本人留学生はこれくらいのレベルでした。

ロク

She have a pen.を間違いを訂正して疑問文にして下さい

タマ

Have she a pen?

要は、中国語を勉強したことがない日本人が「シー ショウ ジィェン(トイレ)」と言われても何のことだかさっぱりと分からないというのと同じレベルということです。

ハッキリと言って、どんな大学であろうと大学受験を経験した人の基礎英語力のレベルは、中卒や高卒で受験を経験したことがない人と比べれば、少なくても500時間~1,000時間のアドバンテージがあります。

例え受験で英語を学習したのが10年~20年前の学生時代の話だったとしても、若い頃に身に着けたことは少し復習すれば思い出しますので、完全な0レベルになるなんてことはありません。

「She have a pen.」を「Does she have a pen?」と間違いを正して疑問文にできる人は初心者では無いのです。

そう言った、最初から中学英語の基礎程度のレベルがある人であれば、1ヶ月留学して本気で250時間くらい真面目に練習すれば海外生活で困らない最低限の英語は話せるようになるでしょう。

本気の初心者は1ヶ月で実用レベルにするのはまず無理

例えば、マンツーマンで効率よく英語にどっぷりと浸かれるフィリピン留学で1日8時間の授業+4時間の自習を行ったとして、1ヶ月(4週間)で平日だけで240時間、土日も遊ばずに勉強すればさらに約60時間の学習時間が積めるので、留学中に1ヶ月で300時間は勉強することができます。

東大を目指す大学生の学習時間が1日最低10時間が当たり前と言われていますので、それと同じ位の勉強量と思って良いでしょう。

そして、もし超初心者の人が300時間の学習を頑張ることが出来たとしても、辿り着けるレベルは大学受験を経験した人達が最初から持っているスタートラインの英語力以下ということは間違いありません。

ただ、それでも300時間頑張れば簡単な意思疎通なら困らないレベルになりますし、そのレベルでもお店のお客さんとしてお金を払って生活している限りは、アメリカでもイギリスでも何の問題も無いでしょう。

もちろん、何か個人的なトラブルが会った時は困ったことになるとは思いますが、そんなことはめったに無いことなので気にする必要もありませんね。

目標がサバイバルできる英語ということであれば、1ヶ月300時間で、よほど意味の無い学習をしない限り誰でもどうにかなる可能性はかなり高いですよ。

まとめ

日本人はとにかく自分を低く見せて、謙遜したふりをしながら自分に優位なように持っていこうとしますが、Fランクでも日本の大学を出ている時点でそれなりの学力があることは間違いありません。

ちなみに私の場合は、世間ではお金を出せば入れると言われ、ゴミカスと呼ばれるレベルのFラン大学2校にに引っかかりもしない出来の悪さでしたので、フィリピン留学をして苦労なく英語が聞き取れるようになるまで600時間は掛かりました.

ただ、今であればもっと効率よく学習する方法が分かっているので、頑張れば300時間で最低限の英語はどうにかなると言えますが、毎日12時間を1ヶ月続けられる人はホトンドいないのも事実です。

フィリピン留学を1ヶ月で海外生活で困らない英語は身につかない可能性が高いとしか言えませんが、英語を身に着けるまでの時間短縮をできることは間違いありませんので、留学を利用して缶詰学習をして足りない分はオンライン英会話で頑張ると良いですね。

英語の初級アプリ・無料で使える【でも有料アプリはやっぱり凄い】 私も同じですが、どんなことでも最初は無料でなんとかしたいですよね。 私がフィリピン留学の生徒さんに...
めちゃ簡単!英語の初心者がオンライン英会話を使って勉強する方法オンライン英会話のスクールを紹介するアフィリエイトサイトはたくさんありますが、英語の初心者がオンライン英会話を使ってどうやって勉強すれば良いかはほとんど紹介されていません。今回は初心者でも簡単にオンライン英会話で効果的に勉強できる方法をご紹介します。...