フィリピン留学

フィリピンの英語学校の良し悪しは先生の給料ですぐバレる?・月給安すぎ

アヤ

フィリピン留学ってどこの学校も「先生の質が最高」的なことを書いてるけど、みんな最高っておかしすぎだよ・・・

フィリピン留学で「先生の給料を高めに払ってるので良い先生が集まる」ということをWEBサイト上に書いてある学校がチラホラありますね。

私もフィリピン留学で働いていたので「先生の質が良い=学校が良い」という事はないのですが、採用時の給料で先生の質が違うのはほぼほぼ間違いありません。

そこで、マニアックなお話ですが、フィリピン留学で本当に良い先生を集めようとしている学校の調べ方をご紹介しましょう。

フィリピンの英語学校の先生の給料水準

フィリピン留学で働く英語の先生がどれくらいの給料をもらっているかと言えばコレくらいです。

※1ペソ=約2.15円

●新卒の経験無し 8,000ペソ~10,000ペソ

●先生経験3年 10,000ペソ~12,000ペソ

●先生経験5年以上 12,000ペソ~15,000ペソ

よほど先生がやる気があって向上心を見せることもない限り、同じ学校で何年も勤務していてもホトンド給料が変わらない場合もありますし、上がっても年間に500ペソ~1000ペソ上がるかどうかですね。

特に韓国系の学校では、5年や10年働いてたけど、給料は全然変わらなかったという人にもたくさんいました。

トレーナーやマネージャー的な立場になっても20,000ペソ前後が良いところなので、仕事内容からすると異常に安いです。

なので、古株の先生の中にはたった2,000ペソ~3,000ペソ程度の手当が付くだけで、仕事が大変になるのなら普通の先生で良いという先生が一般的です。

フィリピンの英語学校の良し悪しは先生の給料ですぐバレる?

フィリピン人が求職する時に何で探すかと言うと日本と同じで「求人サイト」を見ています。

フィリピンの求人サイトで有名なのは「Mynimo」「JobStreet」などがあります。

フィリピンの中でも語学学校の先生はいつも募集が掛かっているので、それらを見ればどこの学校がどれくらい払っているのかすぐにバレてしまいますね。

求人サイトを見ればすぐに分かるので詳しい学校名までは出しませんが、例えばざっと見たところこのような感じでした。

●語学学校A:セブで若い人に人気でよくエージェントのおすすめ校に掲載されている

・8,000ペソ~10,000ペソ
・無遅刻無欠勤で2,000ペソ

セブの語学学校では最低水準ですが、大型校や韓国系はほぼこの水準です。
給料的にはセブの最低賃金レベルです。

●語学学校B:TOEICで有名で給料が高いので先生の質が高いと書いてある

・12,000ペソスタート(無遅刻無欠勤でインセンティブ含む)
・優秀な講師にはさらにインセンティブ

最低より2000ペソ良いだけなので、高いというほど高くはありませんね。

●語学学校C:ボーディングハウスタイプの語学学校

・マンツーマン1時間100ペソ~でグループ追加で50ペソ
・無遅刻無欠勤でインセンティブ

これは、給料水準としては良いと言えますね。
ただ、時間給なのでパート扱いで仕事が無いと無給の可能性もあります。

●語学学校D:中級者から上級者向けで先生はかなり拘っている

・16,000ペソスタート(インセンティブ含む)

インセンティブなどいろいろ含んでいますが、ここが一番高いと言える額ですね。

他にも韓国系や聞いたことも無い学校などたくさん募集がありますが、だいたいホトンドの学校が8000ペソからの最低水準スタートで、良い先生が来たらインセンティブ含めて12,000ペソ程度で交渉といった感じですね。

ちなみに、先生には拘っていて給料も高い学校もありますが「新卒大歓迎」という学校ばかりですので、こだわりのレベルがだいたい分かります。

英語力としては、経験5年の先生より新卒の方が優秀な場合が多々あるので一概に言えませんが、8,000ペソレベルの新卒や1年目の先生が大量に居る学校は先生の質が期待できるわけありません

メジャーな学校はほぼ掲載されているので興味があれば一度覗いてみて下さい。
公式:Mynimo

まとめ

このように、最低賃金レベルの学校と高給を出しているという学校でも給料の差はたったの1万円程度です。

もちろん、フィリピン人にとって1万円の差はめちゃくちゃ大きいのですが、高給を出していると宣伝するほどの給料を出している学校は求人サイトに一つもないと言う結果となりました。

フィリピンで高給と言えるのは夜勤もあるコールセンターで平均して30,000ペソ、多いとインセンティブなどを含めて40,000ペソ~50,000ペソはあります。

しかし、深夜勤務もある上に、心的ストレスが酷いので給料が高いと分かっていても嫌がる人も多いですね。

どちらにしても、フィリピンの語学学校の給料は得ている収入に比較して低すぎると言って間違いありませんし、これから留学するのであれば学校選びの基準としてフィリピンの求人を見てみるのも面白いですよ。

ただし、中にはどう間違っても行かない方が良い最低な学校なのに、給料がやたらと良い学校もあったので要注意ですけどね(笑)