英語学習

英語がペラペラになる単語力はどれくらい?・軽く絶望な数ですよ

英語がペラペラになるのに必要な単語数
アヤ

中学英語を使いこなせれば英語は話せるようになると言われて頑張っていますが、単語がわからなさ過ぎて話になりません。
英語がペラペラになる単語力ってどれくらいなんですか?

私を含めて、英語は中学英語があれば日常生活に問題ないというのは良く言われますが、それは紛れもない事実です。

ただ「日常生活が大丈夫=英語ペラペラ」という訳ではありません。

ロク

日本の中学英語レベルなんてネイティブレベルからすれば3歳から4歳程度のレベルですからね。

ここでは、英語がペラペラになるにはどれくらいの単語力(語彙力)が必要かということについてチェックしてみましょう。

英語がペラペラになる単語力はどれくらい?

それでは、まずザッと英語力と単語力について実質的な数字を見てみましょう。

中学英語 800語~1,200語
高校英語 1,800語~3,000語
TOEIC600点 4,000語~5,000語
TOEIC800点 7,000語~8,000語
ネイティブ 一般成人 20,000語~35,000語
ネイティブ 優秀な人 35,000語~40,000語

現在は、小学校から高校卒業までに約5,000語を学べるようになっているようですね。

もちろん、学校にもよりますし、勉強するかどうかは個人の問題なので一概に言えませんが、普通に授業を受けていたとして全部の単語をしっかりと覚えていても高校卒までの10年間でたった5,000語です。

非ネイティブの英語学習者の平均が4,500語~5,000語となっていますので、あまり変わらないとも言えます。

しかし、ネイティブスピーカーの場合は平均すると4歳で5,000語、8歳で10,000語です。※2013年なので少し古い記事ですが、ソースはこちらです。

ロク

10年も掛けた学習がたった5,000語の語彙力では絶望的に話になりませんね。

日本人で英語がペラペラの人はどれくらいの語彙力なの?

日本人でも英語がペラペラだと思える人は10,000語~12,000語くらいはあるので、日本人のペラペラレベルはネイティブの8歳レベルとだいたい同じと言えます。

BBCのブログでも英語のニュースや新聞が見たければ8,000語~9,000語は必要だと言っていますね。

英検なら準1級、TOEICなら730点くらいが8,000語程度の語彙力で取れる点数となります。

ただ、TOEIC800点でもホトンド話せない人はたくさんいるので、あくまでペラペラになれる土台は持っていると考えれば良いでしょう。

結論からすると、英語がペラペラと言えるレベルになる土台を作るには、少なくても10,000語、TOEIC860点レベルの語彙力が必要だということです。

実際の話すれば、語彙力6000程度でもTOEICで800点以上は取れますけどね。

ロク

英検1級とTOEIC860点の語彙力が同じレベルで並べられていることがありますが、少し調べれば分かる通り、英検1級の方が断然上です。

練習不足な人が単語力だけ上げても無駄

アヤ

じゃぁ、10,000語覚えればペラペラになれるなら、とりあえず英単語1万個覚えます!

ロク

いやいや、英単語の試験を受けるならそれでいいですけど、語彙力だけ詰め込んでも英会話力には直結しないので無意味ですよ。

留学でも単語力が無いから思ったように話せなかったという感想をする人が多いのですが、大半の人が勘違いをしていますね。

例えば留学してTOEIC800点を取ったとしても話せない人はゴロゴロといます。

これは、何故かといえば知っている単語を使いこなせていないからです。

多くの人が高校レベルの約3000個の単語も使いこなせていないのが原因で、実際には3000語を使いこなせば日常生活の意思疎通に困ることはまずありません。

英語は言い換えや置き換え表現をすれば簡単!中学英語だけで話せる 中学英語の英語力でペラペラ話せる言い換え英語や置き換え英語って知ってますか? 言い換え英語、置き換え英語と...

語彙力を増やすことは大事ですが、英会話の習得が目的であれば、まず3000語を使いこなす練習をしましょう。

そして、表現に行き詰まったらインプット学習で5000語に語彙力を増やして、そこからまた使いこなす練習をするという繰り返しで学習した方が使える英語が身に付きますね。

ロク

ステップアップしながら使いこなしていかないと、テストでしか役に立たない無駄知識が身に付くだけになってしまいますよ。

高校レベルの3000語までは単語本で学習しなくていい

単語が重要なのは確かですが、だからといって英語の学習を始めたばかりの初心者には単語本なんて必要ありません。

何故かといえば、中学英語の教材や瞬間英作文などのドリル的な教材を学習しているだけで勝手に3,000語程度の単語力は身に付くからです。

普通に学習していれば自然と身に付く単語を別で学習する必要はありませんね。

そして、先にご紹介したように3000語を使いこなせるようになった段階で、次の5000語を目指して単語本を使った学習に入るのがおすすめです。

まとめ

英語の単語力が10,000語になったから英語がペラペラになるという訳ではありませんが、あくまで土台を作る目安として目標にすると良いかも知れませんね。

もちろん、何度も言うように普通にネイティブと話たりする程度であれば5000語もあれば十分です。

ただ、映画を字幕無しで見たいなど目標がある人は10,000語程度では話にならないので、20,000語やさらに上を目指して頑張ると良いでしょう。

ちなみに私達日本人の成人は約50,000語の語彙力があるそうですので、やはり学習するには日本語の方が難しいのかも知れませんね。

英語力ゼロの私が英語を話せるようになった方法【高卒でも出来た】 私は、自他ともに認める最底辺レベルの高卒です。 しかし、そんな私も中学1年生レベルの英語も分からない状態から英語が話せるよ...
初級者から中級者が使える英語学習サイト・簡単で無料のおすすめ40選 私は中学1年の英語も理解できない超初心者から英語の勉強を始めましたが、当時はまともにネットが普及していな...