フィリピン留学

初心者が英語を話せるようになるには短期集中・長期戦は挫折間違いなし

初心者が英語をはなせるようになるためには短期集中
アヤ

3ヶ月の留学をしてみて分かりましたが、こんな短期間で英語が身につく訳が無いですよね。
英語なんて生涯学習なんだから焦らずに長い目で学習を続けることにして気が楽になりました。

皆さん留学前は「失敗したくないし留学期間で成果を上げたい」と意気込んでいて、とにかく「最大限効率よく学習できる」ことを求めます。

しかし、私が留学カウンセリングをしていた時に実際に現地での学習の進捗を聞いてみるとこの様に答える人は案外多いですね。

ロク

ただ、思うように伸びなくて路頭に迷う気持ちは分かりますが、本当に話せるようになった留学生の結果を見る限り、英語は出来る限り短期戦で身につけるのを強くおすすめします。 

ここでは、英語は可能な限り短期集中で身に付けるのがベストだという理由をまとめています。

英語を話せるようになりたいのに勉強できない

アヤ

初心者が3ヶ月で英語を身につけるなんて無理だと1ヶ月で気付きました。

ロク

そうなんですか?今どれくらい勉強してますか?

アヤ

最初の2週間は勉強に慣れるのに必死だったんですが、学校のペースに慣れても、思ったより集中して自習ができないんですよね。

ロク

じゃぁ、あまり自習はしていないってことですね?

アヤ

自習をやらなきゃいけないのは分かっているんですが、授業と課題で疲れてしまって、やろうと思ってもできないんです。

このように、留学前はやる気満々だった人が、留学が始まってしばらく立つと学校の授業を受けているだけで疲れてしまって、自習での予習や復習が出来ないという人は本当に多いです。

ただ、今までの生活で1日1時間も英語の学習をしていなかった人が、いきなり毎日6時間~8時間のマンツーマン授業をするんですからこのようなことが起きて当然なんですけどね。

ロク

私の経験上で言えば、どれだけ事前に現実的な話を交えてカウンセリングをしても、全体の2割ほどの人しか目標としていた学習は出来ていないと言ったところですね。

こういってはなんですが、要は自分ができないことを「英語は短期間で身につかない」ということにすり替えて、自分を正当化しようとしてしまっている人はかなり多いです。

基本的にこのような状態になるのは「英語を習得する目的がない人」や「慌てて英語を習得する理由がない人」に見受けられます。

初心者が英語を話せるようになるには短期集中

英語学習は短期集中がベスト

正直に言って留学期間中にもがくことを諦めて、長期戦で英語を身につければ良いと言っ他人で本当に英語が話せるようになった人は極わずかです。

むしろ、思い出して数えられる程度の人しかいませんね。

それは何故かと言えばいくつかの理由が考えられます。

毎日何年も英語を勉強するほど学習熱は続かない

これが、可能な限り短期間で集中して英語を身に着けた方が良い一番大きな理由ですが、英語を身につけないといけない確固たる目的がない人が、何年も英語学習を続けるための学習熱を保つのはほぼ無理です。

学生時代の部活動のように一つのことに打ち込める環境であれば出来るかも知れませんが、仕事をして、日常生活を送って、その中でする必要がない英語学習を何年も続けることは本当に難しいですね。

ロク

私なんて、海外で生活していてもっと英語力を上げれば、英語版のブログや英語のカウンセラーとしてもビジネスチャンスが広がると分かっていても別のことに時間を取られてやる気が起きませんからね。

日本で普通に生活している限り英語を身につける必要が無い

どうしようもない事実ですが、いくら外国人が日本に増えたからと言っても、日本では自分から英語を使える環境に入っていかない限り英語なんて必要無いですよね。

そのような環境では英語を話せるようになる理由が無いために、英語の学習を続けることはかなりハードルが高いですね。

残念ながら、わざわざ留学してまで英語を身に着けに行って、最高の環境にいるのに勉強出来なかった人が日本で学習を続けられる可能性は限りなく低いですね。

1年間1日1時間を続けた結果を知って挫折する

1年間毎日1時間の英語学習を続けていけば、それなりに英語力も伸びるだろうと考えるかも知れませんが、現実的に言ってたいして伸びません。

もちろん、初心者がするのか上級者がするのか、どういった学習をするのかで変わるので一概に言えませんが、特に初心者だとすると伸び率はたいしたこと無いのは間違いありませんね。

1年365日毎日学習したとしても365時間です。

そして、初心者が1年365時間で得られる結果がどの程度のモノかと言えば「中学レベルの極簡単な短文で意思表示はできるけど相手が言っていることは半分くらいしか理解できない」くらいでしょう。

このレベルの英語は、英語学習の中で一番簡単に伸びる期間に身に付くことなので、ハッキリ言って、フィリピン留学であれば1ヶ月もあれば到達できるレベルですね。

さらに言えば、そのレベルから次の段階に進む方が、効率よく学習しても3倍(1000時間)ほどの時間が必要になります。

ロク

1年もコツコツと頑張った結果が、その程度だと気づいた時には心が折れて挫折すること間違いなしです。

初心者は3ヶ月で最低限の英語を身につける

なんだかんだと言っても、英語を長期戦でするのは個々それぞれの自由ですが、挫折している人が圧倒的に多いのは紛れもない事実です。

何度でも言いますが、本当に身に着けたいのであればやはり短期集中がベストです。

手段は留学でも、オンライン英会話を使った留学でも何でも良いですが、1年で365時間の努力をすることを考えれば3ヶ月だけ頑張るのはそう難しくありません。

留学で1.5ヶ月、オンライン英会話で3ヶ月で300時間の努力をする方が英語が身につく効率は数倍は違います。

本当にペラペラになるには300時間では全然足りませんが、初心者が最低限の英語を身につけるための最短の学習時間は最初の300時間をどれだけ短期間で達成するかに掛かっていると考えても良いでしょう。

この300時間をやり抜くことができれば、英語が話せるようになっている実感を得ることができて、次のステージへのモチベーションになりますね。

ロク

初心者と言っても中学文法もしっかりと理解していない超初心者の場合は500時間は必要ですよ。

アヤ

じゃぁ、最悪でも500時間頑張れば英語は話せるようになるんですね?

ロク

500時間で身に付くのはあくまで簡単な短文を繰り返す程度の英会話力ですけどね。
次のステージに上るには1000時間の壁が待ち受けてます笑

まとめ

根本的な話をすれば、1年間365日コツコツと勉強できるような人は、留学しても1日10時間以上の学習を続けられる人なので挫折することはありません。

しかし、留学して1ヶ月や2ヶ月で長期戦に方向転換してしまう人の多くは高確率で英語が話せるようになりませんので、これから留学しようとする人は意地でも短期戦にしがみついてもがくことをおすすめします。

また、現在1日1コマ25分の英会話を続けて「いつか話せるようになるだろう」と思っているような人でも、考えを切り替えて可能な短期間で必要なレベルの英語を身につける方向にすればもっと楽になれますよ。

カランメソッドは短期集中が効果ある?本当に学習時間を短縮できる? 英語を身に着ける学習時間が350時間から80時間で、4分の1になると宣伝されているカランメソッドですが、本当にそれほど学習時間を...
英語の初心者が海外一人旅で困らない英会話が最短で身に付く方法海外を一人旅したいと思っているけど英語が全然話せない初心者なので無理なんじゃないか? ちょっとは英語が話せないと危ないんじゃないか...