40代からの転職

40代の未経験がWEBライターになれる?・最初は絶望です

40代の未経験がWEBライターになれる
自由に生きたい人

もう会社勤めが嫌なので転職を考えているんですが、40代の未経験でもWEBライターとしてフリーランスになれますか?

ライターはフリーランスとして一番なりやすい職業ですし、免許、資格、年齢、学歴など何も関係ありませんので自分で「職業はライターです」と名乗った瞬間からライターになることができます。

仕事を得ることができる有名どころで言えば、クラウドワークス、ランサーズ、ココナラなどを利用すれば初心者歓迎の案件もたくさんありますし、たいていの仕事には記事の方向性の指示、タイトルや見出しなど全てマニュアルがあるので未経験でもなんとかなります。

それでは、40代未経験がWEBライターとして転職する方法とどれくらいの稼ぎになるのかなどについてチェックしてみましょう。

40代の未経験でもWEBライターになれる

ロク

最初に結論から言えば、40代から未経験でWEBライターをした私の経験で言えば、40代の未経験でもWEBライターになれます。

自由に生きたい人

どうやってWEBライターになったんですか?

ロク

WEBライターといっても本格的にはやっていませんが、ライターを募集しているサイトに応募して、自分のブログなどを見せればすぐに仕事ができました。

私の場合は、WEBライターとしての仕事は初心者でしたが、すでに自分で運営しているブログがいくつかあったので、それをプロフィールとして添えて応募したところすぐにWEBライターとしての仕事をもらうことができました。

ブログも40代から未経験から始めましたが、3万PVから5万PVのサイトを作れるようになってからWEBライターにチャレンジしようと決めていましたので、ある意味で作戦は成功だったと思います。

初心者WEBライターの収入は絶望的

初心者WEBライターが仕事をするとなると、クラウドワークス、ランサーズ、ココナラなどを利用して、0.3円や0.5円の格安案件から始めるのが一般的です。

0.5円としても1000文字書いて500円ですが、初心者が書き慣れない内は2時間ほど掛かってしまうこともあるので、時給で言えば300円から500円程度になるでしょう。

本業として頑張って行きたいのであれば、1日10時間で10,000文字程度書いたとして、日給は5,000円、30日間で毎日頑張っても15万円にしかならない絶望的な収入になります。

私はブログを始めた最初の頃は2000文字に4時間掛かることが当たり前にありましたが、書き慣れてくる内に1時間で1500文字から2000文字は書けるようになっています。

しかし、毎日10,000文字となると頭が沸騰してしまうくらい辛いですね。

もちろん、初心者向けの案件の場合は、ブログのタイトル、見出し、構成などマニュアルとして全てが用意されているため難しくは無いですけどね。

依頼する側も、1文字0.3円~0.5円の初心者ライターに多くは期待していませんので、単価は安くても依頼主からの指示や希望を聞きながら書くことは良い練習になるのは間違いありません。

また、毎日同じだけ仕事があるとは限りませんので、初心者のWEBライターの収入と言えば、通常は1ヶ月10万円ほどになれば良いところでしょう。

ロク

私の知り合い関係でWEBライターとして働いている人の年収は200万~300万ですが、雑誌などの紙媒体にも書いている人は400万~500万稼いでいる人もいます。

初心者WEBライターには、自分の実力に沿ったレベルで自分を売ることができるココナラが便利です。最初は自分ができる範囲で売って経験を積むのも大事ですね。

ココナラの詳細を見てみる

40代がフリーランスのライターになるための準備

フリーランスのWEBライターになるのは本当に誰でもなれるので難しいことではありませんが、ライターになるハードルが低い分だけライバルも多いので、未経験の初心者がいきなり案件を受けるのはそれほど簡単ではありません。

そうなると、激安単価で安売りするしかなくなって、全く稼げずに疲弊していくのは目に見えています。

WEBライターとして自分の価値や単価を上げるのであれば単純に2つの準備をするのがおすすめです。

自身のブログを運営して1万~3万PV程度のブログを持つ

WEBライターとしてフリーランスになるのは簡単なので、同じく未経験の初心者のライバルはたくさんいます。

ライターとしての仕事に応募する時に、何の武器も持たずに応募するのと、自分の文章や方向性を紹介できるブログを持って挑むのとではどちらが良いかは明白ですよね。

ブログであれば、よほど内容の薄い無計画なブログでもない限り、100記事から150記事も書けば1万PV~3万PVに届きますので諦めなければ誰でもできます。

仕事を辞めて専業として始めるのも良いですが、いますぐ辞めたいほど切羽詰まっていないのであれば、とりあえず空き時間を利用して3ヶ月で1万PVを目指して100記事書くことを頑張ってみましょう。

専業として頑張るのであれば最低でも雑記ブログ1、特化ブログ1というような感じで、2つほどのブログを毎日更新して行けば良いですね。

ただし、100記事だからといっても1ヶ月で100記事詰め込んでもPVは一気に伸びません。

トレンドブログや中古ドメイン利用などではなく、0から始めた普通のブログであれば4ヶ月目になったくらいから検索流入が増え始めますので慌てずに行きましょう。

もちろん、専業の人がそれだけでは仕事として少なすぎますので、並行してプログラミングスキルを身につけるなど複業できるような動きをするのが当たり前です。

ロク

自身のブログが150記事、200記事になるころには0.3円や0.5円の単価で働かなくても、1文字1円や2円の案件が受けられますし、ブログの方でもアフィリエイトの収入が出てきますね。

WEBライターは自分のブログも成長させる

自分のブログが1万PV以上や数万PVになった時には、WEBライターとしての案件も受けやすくなります。

そうなれば複業として80時間~100時間使えばWEBライターだけでも月10万円程度は稼げるようになるでしょう。

1文字1円の記事だとしても、1日4時間~5時間を20日間で10万ほどの収入になります。

決して多くはありませんが、最低1文字1円になればフリーランスとして生きて行くことはできるようなりますね。

これが、1文字2円の案件になれば半分の労力で月に10万円稼げるようになりますので、同じ時間働けば収入は一気に20万円になります。

そんなに甘い話はゴロゴロないと思うかも知れませんが、実力を付けてWEB媒体ではなく紙媒体になれば1文字3円から5円の仕事も普通にありますからね。

もちろん、単価を上げるには専門的な知識だけでなく、コミュニケーション能力、営業力も必要になるので甘くはありません。

しかし、ライターとして仕事ができるようになっても、自分のメディアを育てておけばそれを営業ツールにして更に単価を上げることもできます。

そうなると、クラウドワークスなどを利用しなくても、依頼主が直接高単価で仕事を依頼してくれるようになってきますね。

同時にアフィリエイトの方でも収入が増えますので、目の前の確実にもらえる時間給に囚われないのがおすすめです。

40代の未経験がライターになる・まとめ

何度でも言いますが、40代の未経験からライターになることは難しくありません。

ただし、仕事が出来ても出来なくても給料が貰える会社員とちがって、フリーランスはどれだけ仕事をしてもお小遣い程度の給料しか入ってこないこともありますし、毎日確実に仕事がある訳ではありません。

しかし、40代からフリーランスとして仕事をしている実感としては「頑張れば頑張るだけ収入は青天井の可能性がある」ということも強く感じていますので夢がありますね。

ココナラに登録してWEBライターとしての仕事をチェックしてみると良いでしょう。

初心者でも仕事が受けられるココナラ

海外移住ならフリーランスになる
海外移住なら無料のプログラミングスクールでフリーランスになろう フリーランスの中でもプログラミングスクールを利用して、プログラミング技術を身に着けるのが海外移住を成功さ...
40代でも留学後は就職に有利になる?
40代でも留学後は就職に有利になる?英語はあまり話せない 今40代でこれまでは物流、事務、営業などで働いていましたが、仕事を辞めて金銭的に余裕がある内に夢だった留学と海外就職...