海外で日本のテレビ

海外からTVer(ティーバー)で日本のドラマやテレビ番組を見る方法

海外からTVer(ティーバー)で日本のドラマやテレビ番組を見る方法
マキ

TVerなら無料で日本のテレビ番組が見れると聞いて、海外からTVerに接続したのに見れなくてがっかり!

 

TVer(ティーバー)は日本の民法キー局が共同で立ち上げた広告付きの無料動画配信サービスですが、残念ながら普通の方法では海外から視聴することができません。

しかし、海外に住んでいるとストレス解消のために日本のドラマやテレビ番組が見たくなる人もたくさんいますよね。

ここでは、海外からTVerで配信されているドラマやテレビ番組を見るためにVPN接続を使った方法をご紹介しましょう。

 

ロク

もちろん、この方法はパソコンでもスマホでも使えます。

 

海外からTVerで日本のテレビ番組を見る方法

 

TVer(ティーバー)は、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビが共同で立ち上げたサービスなので、各TV局で放送された番組を無料で見逃し配信してくれる貴重なサービスです。

基本的には、違法動画サイトを見るくらいなら広告付きの公式サイトで堂々と見て下さいということです。

 

ロク

ある程度見れる番組は制限されますが、見逃しても放送されたドラマを無料で見られるのは嬉しいですね。

アヤ

けど、TVer海外から見れないんですけど?

ロク

それは大丈夫です!TVerを海外から視聴する方法はいくつかあるので、1番簡単でコスパが良い方法をご紹介しますよ。

 

TVerはどんな番組が見られるの?


画像:TVer

 

TVerで日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビの全ての番組が見られる訳ではありませんが、メジャーなドラマはだいたい見ることができます。

ドラマ、報道、バラエティ、アニメ、スポーツ、ドキュメンタリーなど何でも視聴できますし、関東、関西、中部、東北などのご当地番組まであります。

 


画像:TVer

 

また、TVer(ティーバー)にはNHKも参入すると言われていて、「TVerを見ているだけで視聴料金が取られるのか?」という話になっています。

しかし、NHKについては海外から見るのであれば何の関係もありませんね。

TVerを視聴できるデバイスは、パソコン、アンドロイド、iPhone、タブレットなので、ほぼ何でも見ることができるということです。

しかし、残念ながら日本地域限定のサービスなので、普通にアクセスしても海外からTVerで放送されている日本の番組を見ることはできません。

無料で見る代わりに広告配信もされるのですから、ケチなことを言わずに外国からも見せてくれれば良いのにと思いますが、違法動画が山ほどあるので仕方ないのでしょう。

 

TVerは海外から普通にアクセスして見ることはできない

 

ここから本題に入りますが、TVerのホームページから配信されている動画を見ようとするとこのような画面が表示されますよね。


画像引用:TVer

日本人向けのサイトなので、外国人にさえ意味が分かれば良いのでしょう。

「あなたがいる地域は制限があるので見れません」というようなことを素っ気なく書かれていて、とても残念ですね。

もちろん、これはティーバーだけでなく、アマゾンプライムビデオ、Hulu(フールー)、DAZN(ダゾーン)、Gyao(ギャオなど)どの動画配信サービスでも同じことになります。

 

海外からTVer(ティーバー)に接続できない理由

 

ティーバーが海外から日本に接続できない理由としては、国外からのIPアドレスを弾いているからです。

IPアドレスというのは、簡単に言えば一人ひとりの機器に割り当てられた住所のような物で、IPアドレスが分かれば個人を特定できてしまうこともあるモノです。

 

ロク

そこで、そのIPアドレスを海外からではなく、日本から接続しているように改変してしまおうというのがVPNを使ったサービスですね。

 

そして、VPNというのは、日本向けの配信に海外からアクセスして、海外からのIPアドレスを拒否されるのであれば、海外からのIPアドレスを日本のIPのアドレスに変更して使えるようにしてくれます。

なんだか犯罪じみたように聞こえるかも知れませんが違法性はなく、インターリンクのVPNサービスでも20年以上続く優良なサービスです。

VPNとはVirtual Private Networkの略で仮想プライベートネットワークのことです。
インターネット接続の際の安全性と匿名性を高めるため通信手段ですが、これを利用することで海外からの接続を日本からの接続に変換することが可能になります。
この方法は、違法動画を助長する方法ではなく、純粋に海外から日本の番組を見たい方に向けた内容です。

 

ティーバー海外から接続する3つの方法

 

海外から日本国内線用のTVerを見る方法は3つあります。

1.VPNサービスを利用する

2.日本国内の自宅にあるTVに外部機器を接続して、インターネットで外部機器に海外から接続する

3.海外に日本のIPアドレスが利用できる外部機器を設置して利用する。

この3つの方法があるのですが、断然オススメは1番です。

2番と3番は接続方法としては安定するものの機器を揃える初期費用が数万円と高いこと、さらに初期費用以外にも月額などの費用が掛かる場合があることを考えれば利用価値は低いですね。

VPNが個人で気軽に利用できなかった一昔前に機械を使った接続はとても便利な方法でした。

しかし、インターネットが世界中に普及していて、1ヶ月たった1,000円程度でVPNを利用できる今の時代には機器を利用した方法はまったく必要無いサービスといえるでしょう。

もう特に説明は要らないという人はさっそく無料体験してみましょう。

NordVPNは使えなければ30日返金保証で長期契約することで最安値クラスになります。

ただし、VODなどは規制が掛かるタイミングが分かりませんので、とりあえず1ヶ月または長くても1年にしておくのが良いでしょう。

 

ティーバーが見られるVPNサービス

海外から日本で配信されているTVerに繋げるサービスで一番よく使えるのが、海外では人気のNordVPNかインターリンク社が提供しているセカイVPNかです。

ざっくりと説明しておくと、インターリンクのセカイVPNは、日本・アメリカ・ドイツ・台湾・韓国にサーバーがあり、NordVPNは日本を含む世界59箇所にサーバーがあります。

選択すれば日本だけでなく、日本には提供されていないネット上での番組配信にも接続することができます。

例えば図で説明するとこうなります。

この図のように、海外から一旦日本のサーバーを経由してIPアドレスを変更すれば、日本から接続しているのと同じですので簡単にTVerに繋げることができます。

最近では海外からの視聴に規制が厳しくなっていて、NordVPNでもセカイVPNでも視聴できるVODが限られて来ています。

インターリンク社のマイIPがオススメでしたが、現在は規制されているVODが多いです。

 

VPNを利用して視聴できるオンデマンド配信

 

ティーバーを視聴するだけであればセカイVPNで良いですが、全体的に考えればNordVPNの方が視聴できる番組は多いですね。

NordVPNセカイVPN
DAZN(ダゾーン)
Hulu(フールー)
アマゾンプライムビデオ
Tver(ティーバー)
アベマTV
U-NEXT(ユーネクスト)
GYAO(ギャオ)
FOD(フジテレビ)

 

他にも視聴できないサービスはありますが、これらの有名所もすでにマイIPでは規制対象になっていますので、利用しても海外から視聴することができません。

どちらも、視聴できる番組が分かれていますが、TVerが主体ならNordVPNがおすすめでしょう。

 

NordVPNの料金と返金保証期間

先にも書いていますが、NordVPNは無料体験期間はありませんが、30日間の返金保証期間があります。

使ってみて不要だと思えば解約することができますし、解約しなくても1,300円ほどの出費ですのでその点は心配する必要がありません。

NordVPNには「1ヶ月」「1年」「2年」「3年」のプランがあり、3年プランであれば1ヶ月たった3.49ドルですので、いろんなVPNサービスの中でも最安値クラスになります。

1ヶ月11.95ドル 割引無し
1年6.99ドル  41%お得
2年4.99ドル  58%お得
3年3.49ドル  70%お得
すべてのプランで30日返金保証が適用されます。

 

TVer(ティーバー)だけではありませんが、海外からIPアドレスを利用してオンデマンドの動画配信サービスなどを利用していると視聴制限される場合があります。いつ制限が掛かるか分かりませんので、まずは長期契約よりも1ヶ月毎の契約をオススメします。

 

ロク

まずは、返金保証期間を上手に利用してNordVPNを試してみましょう。

 

NordVPNの口コミや評判はどうなの?

 

海外では中々日本のような高速回線は期待できませんが、平常時は1Mbps~2Mbps程度の私の回線速度でもティーバーを視聴することはできています。

正直なところ、TVerを見るには2Mbpsは出ないと見れるとは言えませんが、止まることを少し我慢すれば1Mbps前後でも視聴することができるのでTVerは低速回線にも強いと言えるでしょう。

 


VPNサービスを通すと速度が遅くなると言われていますが、どちらかと言えばVPNサービスの問題ではなく、自分側の回線速度が速ければ問題ではないと思います。

ネットが遅くても、回線速度が2.5Mbps~3Mbpsほど出ていればそれほど止まること無く快適に見ることができますので、多くの国で視聴することができますね。

ただし、我慢するしかないのですが、TVerの動画は低画質で問題なく見れるのですが、TVerの運営資金になる広告はむやみに高画質ですので、低回線の場合は広告の場面でやたらと止まりますね。

★回線速度を遅くしない裏技★

1.VPNを利用してTVerに接続する
2.TVerで番組を見られる状態になったらVPN接続をOFFにする

TVerの接続判定は最初に接続する時だけなので、接続してからVPNを切れば問題ない。
注意:いつまでこの手が使えるか分かりません。

 

NordVPNで日本から海外の動画配信サービスに接続できる

 

海外から日本のTVerに接続できるということは、VPNを利用すれば同じように日本から海外でしか配信されていない海外のテレビ番組を視聴する事ができます。

例えば、日本では放映権がないために放送されない韓国ドラマや海外ドラマなども、クレジットカードなどの登録が無ければ見ることができます。

もちろん、海外の番組なので日本語があるわけ無く基本はその国の言語になりますが、英語・韓国語・台湾語・ドイツなどそれぞれの番組を見たい人が、日本語を求めていることは無いですよね。

特に語学を勉強している人にとっては、海外向けに放送されている番組ではなく国内向けに放送している番組を見ることができるので、とても良い勉強になります。

ただし、現地のクレジットカードなどの登録が必要な場合は日本から海外の動画配信サービスを見ることが出来ません。

 

TVerティーバーを海外から見る方法のまとめ

 

もう一度、TVerを海外から視聴する方法をまとめてみましょう。

要チェック!

●海外からTVerを視聴するならセカイVPNかNordVPNを利用する

このように海外からTVerを見るのは特に難しいこともなく簡単なことですが、自分が滞在している国や回線スピードで本当にTVerが視聴できるかどうかは不安ですよね。

 

ロク

NordVPNは30日の返金保証がありますし、セカイVPNは60日間の無料体験があります。

 

使ってみて自分が利用できないと思えば解約すれば良いだけですので、試してみるデメリットはありません。

NordVPNの場合、アップルストアからアプリ経由で購入すると返金手続きがNordVPNではなく、アップルとの話になるのでややこしくなります。
申込みはNordVPNの公式サイト経由でしましょう。

どちらにしても、最初は1ヶ月で申し込みをしておけば返金手続きしなくても最悪1,000円ほどの出費で試す事ができますね。

NordVPNを使えばTVerだけでなく、他のメジャーな無料動画配信なども海外から見ることができますし、日本でしかダウンロードできないスマホアプリも全て使えるので本当に便利ですね。