英語学習

シャドーイングでは英語力は伸びない・あなたにはまだ早い?

英語が話せるようになるにはシャドーイングが最強
タマ

英語の勉強をしているんですが、いつまで経っても思ったことをスムーズに話せないし、ネイティブのスピードにも全然ついていけないのはどうすれば良いですか?

英語の学習法には色々ありますが、その中でも中級者レベルから効果が非常に高い学習法がシャドーイングです。

ただし。

先にネタバレをしてしまうと、シャドーイングは最低でもある程度話せるようになった中級者以上向けの練習方法で、初心者が普通のシャドーイングで練習しても英語力は伸びません。

ただし、中級者レベル以上の人が英語がペラペラに話せるようになるためにかなり効果的な方法なので、シャドーイングの学習方法についてチェックしてみましょう。

この記事の内容

・シャドーイングはスピーキングもリスニングも伸びる

・シャドーイングは役者になった気分で行うと良い

シャドーイングでは英語力は伸びない

シャドーイングは、英語の通訳者などが行う訓練方法ですが、その名の通り聞こえてくる英文を影のように追いかけて話す練習方法ですです。

簡単に言えば、誰かが話していることを真似して話すということですね。

何度もしっかりと真似して繰り返すことで、確実にスピーキング力、リスニング力が身につきます。

もう一つまだやり方がよくわかってない人は、適当な日本語の動画を見てその人が話していることをまるまる真似して話してみて下さい。

日本語であれば、初めて見た動画でも簡単に真似して話すことができると思いますが、シャドーイングは、それを英語でするだけの訓練方法です。

シャドーイングは初心者には向いていない

ただし、真似をするだけと言うのは簡単ですが、行うのは結構難しいので初心者には向いていません。

全く何を言ってるか分からないぐらい聴き取れていないことを一生懸命練習しても意味がありませんので、 できれば TOEICのリスニング程度であれば400点ぐらいのレベルは欲しいですね。

初心者の場合はまずは基礎のリスニング力を上げて、 TOEIC などの試験で出てくる音源であればよく理解できなくても音としては全て聞き取れるくらいになってからシャドーイングをしましょう。

まずは、受けるレッスンがそのままシャドーイングになっているカランメソッドやDMEメソッドは、初心者でも簡単なレベルから練習できて、自然にリスニング力をつけることができるのでおすすめです。

ただ、シャドーイングの練習は全て理解できないレベルじゃないとやってはいけないというルールはないですし、知らない言い回しや単語などは練習しつつ覚えればいいだけですのでハードルは低いです。

初心者の学習方法はこちらをご参考にどうぞ。

⇒めちゃ簡単!英語の初心者がオンライン英会話を使って勉強する方法

シャドーイングのやり方

まず、シャドーイングは何度も何度も繰り返す練習なのであまり楽しくありません。

ですので、せめてシャドーイングに選ぶ音源は自分が興味のある題材を選ぶといいですね。

自分の趣味の話や仕事の話など、日常生活に置き換えてそのまま使えるような内容であれば、どれだけ時間をかけても無駄にはなりませんよね。

よく使われるのはTEDトークなどの音源ですが、好きな映画やドラマなどでもいいですしょう。

ただ、シャドーイングに使う題材はあまり長くても時間がかかりすぎるので、最初は話している時間が1分程度の音源で良いでしょう。

シャドーイングの流れ

まずは簡単に、シャドーイングの流れを見てみましょう。

1.字幕を見ながら動画を見る

とりあえず最初は、どんな内容を話しているのか2~3回見て確認しましょう。

ネイティブの音源を使っていれば簡単な英語でも聞き取れないのは当たり前なので、それほど意識する必要はありません。

そういった聞こえない音を聞こえるようにするための訓練でもあるので、あまり簡単なものを使うのもよくないですね。

2.字幕を見ながら1文づつ聞き取れるか確認する

ここでは、字幕を見ながらでいいので1文ずつ音声を止めながら、内容を確認します。

字幕を見ながら、1文ずつ何度も繰り返し聞いて内容をしっかり自分の中に落とし込みましょう。

3.字幕を見ながら2~3文つづ真似をする

次に字幕を見ながらでいいので、2~3文つづに区切ってシャドーイングします。

慌てる必要はないので少しできた程度で先に進まずに、出来るまでしっかりとやりこむようにしてください。

4.字幕を消して1文づつ真似をする

次は字幕を消して1文ずつシャドーイングします。

ここでついていけないと最終的には意味がないので、 まず字幕を消した状態で一部ずつ着いていけるように頑張ってください。

できるのであればこの段階で2~3文つづ区切っても構いません。

5.字幕を消して、通して真似をする

次は字幕を消した状態で、通しでシャドーイングを行います。

後はもう何度も完璧になるまで練習するだけですね。

シャドーイングはただ真似するだけではない

シャドーイングはただ真似するだけではない

シャドーイングで一番大事な部分はただ聞こえた声を真似するだけではないということです。

シャドーイングをするのであれば、完全にその人になりきるということが重要です。

その人のアクセント、リズム、声のトーン、語尾の上げ下げなどを真似することも大事ですし、 どういった感情で話しているかという部分まで真似するとより良いですね。

他にも、息継ぎの場所なども全て取り入れましょう。

そうすることによって、よりネイティブの音を聞き取る訓練になりますし、ネイティブ特有の話し方が身に付きます。

まとめ

シャドーイングの練習を人前でする人はなかなかいないと思いますので、気にせずその人になりきった気分で本気で取り組むと良いですね。

特にシャドーイングは英会話スクールなどで受ける授業とは違って、常に自分のターンですので学習効率も最強です。

ただ、先にもお伝えしたように、いくら効果が高いからといっても初心者の人がやってもあまり効果はありません。

初心者の場合は慌てずに初心者向けの学習から始めてください。