フィリピン留学

フィリピン人のTOEICスコア・英語力=TOEICではない証拠

フィリピン人のTOEICスコア・英語力=TOEICではない証拠
タマ

フィリピン人の先生って、英語ペラペラなんだからやっぱりTOEICのスコアも高そうですよね。

マキ

やっぱりどうせ教えてもらうならTOEICのスコアが高い先生がいいわよね。

フィリピンの語学学校で数百人の面接を行った私の経験から、フィリピン人の先生のTOEICスコアについて、現実のお話しましょう。

このお話のポイント

・フィリピン人のTOEICスコアは新人の方が良い確率が高い

・TOEICスコアは英会話力には関係ない

フィリピン人のTOEICスコア

まず、フィリピンで数百人の先生を面接した際に、100人のスコアを計算したことがあるのでそのTOEICの平均点の結果がこちらです。

約730点。

ちなみに、2019年3月のTOEIC平均スコア(受験者数142,105人)はこちらです。

リスニング
セクション
(Listening)
リーディング
セクション
(Reading)
トータル
(Total)
最高スコア
(Maximum Score)
495 495 990
最低スコア
(Minimum Score)
5 5 10
平均スコア
(Mean Score)
319.7 259.6 579.2

参照:IIBC

全受験者の平均が579.2点で、フィリピン人で先生希望で応募してきた100人の平均が約730点です。

単純にTOEICのスコアだけを見ればやはりフィリピン人は高いと言えますが、これが英語を教える先生レベルだとしたら「低いんじゃないの?」と思いますよね。

私も、面接をしていてびっくりしたことは何度もありますが、どこかの学校で5年教えていたという先生でも800点を越える人は多くありません。

「TOEIC900点以上しか採用していません」という学校で働いていたトレーナークラスの先生のスコアが810点だったという笑えない話はフィリピンでは極普通のことです。

さらに言えば、経験の長い講師の方が点数が低く、21歳など新卒で先生経験の無い人の方がTOEICのスコアは高い場合が多かったですね。

これは単純に現役の方が基礎的なテスト向けの内容を良く覚えていて、講師歴が長ければ長いほどテスト向けの学習はしなくなるからとも言えるでしょう。

日本人でも経験で仕事のテクニックは身についていても、中学生の入試問題がさっぱり分からないということと似ていると思います。

もちろん、TOEICのスコアが900を越えているから良い先生なのではなく、あくまで良い先生になれる資質の1つがあるとしか言えませんけどね。

さらに言えば、意識が高い先生は常に勉強しているので、TOEICはいつでも900以上でIELTSもオール8以上などの先生もいますが、感覚で言えば全体の5%もいないでしょうね。

フィリピン人はTOEICと英会話力は直結しない証明

ロク

TOEIC900点でも英語が話せない人がたくさんいるのは周知の事実ですよね。

フィリピン人の先生はTOEIC600点台でも、非ネイティブレベルではかなりのレベルで英語がペラペラですので、TOEICのスコアは関係ないという確実な証明になると言って良いでしょう。

もちろん、文法間違いなどを指摘してしまえば「??」と思うことはありますが、文法なんてネイティブでも間違えますし、ネイティブ相手でも普通に伝わるのでまったく問題無いレベルです。

また、フィリピン人講師のTOEICスコアは平均すると確かに高いとは言えませんが、非ネイティブがなんのTOEIC対策をせずにTOEICのスコアが取れる限度が700点位ですので、ギリギリまでスコアを取っているとも言えます。

フィリピン人の先生のスコアが低い低いとバカにする人が多いですが、授業の空き時間などに1ヶ月もTOEIC対策してもらえば確実に100点~150点程度は上げてきますよ。

フィリピン留学するなら必ず専門校へ行くこと

ただし、英会話力にTOEICが関係ないと言っても、教えてもらうという立場からすればレベルが高い先生の方が良いに決まっています。

日本語が話せるから日本語が教えられるという話ではないのと同じで、英語がペラペラだから教えられる訳ではありませんしね。

フィリピンだけでなく英語の留学で学校を選ぶ際の注意点が「専門校」を選ぶことです。

例えば「美味しいハンバーガーが食べたい」と思った時に「レストランのハンバーガー」を選ぶ人はなかなかいないでしょう。

普通は、最低限でもマクドナルドやモスバーガーなどに行きますし、人気のハンバーガーショップに行くのが当たり前です。

留学もそれと同じで、自分の目的に沿ってより専門性の高い学校を選んだ方が良いに決まっています。

フィリピン留学には1つの学校の中に「日常英会話コース」「TOEICコース」「IELTSコース」「医療英語コース」「シニア留学コース」「ゴルフ留学コース」「ヨガ留学コース」「親子留学コース」「IT留学コース」などなど最近のフィリピンには何でもあります。

しかし、言い換えれば何でもあるけど1つ1つの質が高くない学校ばかりです。

要は、こういったコースが全て揃っている学校よりも「○○に強い」と明確に提示している学校を選ぶのが一番ですね。

教えるカリキュラムが絞られている方が先生の専門性も確実に高まりますからね。

ただ「スピーキングに強い」なんていうのはどこの学校にも書いていますので、その場合は明確にどういった授業を提供しているのか「説明」と「動画」の両方を掲載している学校を選びましょう。