フィリピン留学

フィリピン・サウスピークの評判【退学ってマジ?】

フィリピン・サウスピークの評判

 

タマ

本気で英語を身に着けたいのでフィリピンのサウスピークを考えていますが、評判はどうだろうと調べていると悪い評判も目立ちます。サウスピークは実際にはどうなんですか?

 

私がフィリピン留学で働いている間でも、一般の学校とまったく違う手法を使っている学校として一躍有名になり、今ではセブで最大規模の学校の一つになっているのがサウスピーク
です。

たくさんのブログや口コミがあるのでもちろん良い評判も悪い評判もありますが、どうしても悪い評判や口コミが目立ちます。

1人でTOEICの自習をするだけなら日本でもできる

スタッフの態度が悪い

料金からすると施設がボロすぎる

生徒をお客さんと思っていないので扱いが悪い

高いお金を払って授業が1日3コマってなに?

ご飯が不味いからスタッフすら外食してる

このような評判は語学学校で働いている頃から何度も聞きましたね。

しかし、サウスピークはフィリピン留学業界でも成功を妬んで評判を下げにかかる敵も多い学校なので、あまり留学業界を知らなければ本質を見抜くのは難しいです。

さらに、サウスピークはインフルエンサー留学などでブロガーを多数活用しているので、情報の取捨選択ができないと鵜呑みにしてしまって失敗する人もいるので要注意です。

ここでは、フィリピン留学にあるTOEICに強い学校で有名なサウスピークの評判や口コミについて深堀りしてみました。

 

 

フィリピン・サウスピークの評判

フィリピン留学の語学学校で働いていた私が知る事実からすると、サウスピークはフィリピン留学の中でも間違いなくTOP10に入る優良な学校です。

現実的には、留学を何を基準にして考えるかによりますが「留学した結果、英語力があがったか?」という結果に評価を絞るのであればサウスピークは確実にTOP3に入るでしょう。

もちろん、学習法の好みやペースは人それぞれなので一概に誰にでも良いとは言えませんが、手法が合う人にはダントツで1位の学校になる可能性もありますね。

 

フィリピン留学は1ヶ月でもTOEICのスコアが上がる
フィリピン留学は1ヶ月でもTOEICのスコアが上がる【専門性で勝負】フィリピン留学を1ヶ月すればTOEICのスコアはあがりますか?フィリピン留学を1ヶ月してTOEICのスコアが上がるかどうかといえば多くの人が上ると言って良いでしょう。ここでは、フィリピン留学の1ヶ月でどれくらいの学習をすればTOEICのスコアが上がるのかについてまとめています。...

 

サウスピークの評判は悪いのか?

 

サウスピークは非常に良い学校なのですが、サウスピークの評判を調べているとこんな検索内容が出てきます。

サウスピーク 悪い

サウスピーク 退学

サウスピーク 失敗

サウスピーク ひどい

サウスピーク 辛い

普通の学校を調べていても中々こういった悪い検索結果は出てきません。

サウスピークでそれなりにトラブルが遭った人がいて、それを気にして調べている人が多いのは確かなのでしょう。

 

退学にさせられた

 

サウスピークを退学になったという話は少なからず聞きますね。

サウスピークでは勉強に集中するために厳しい規則を設けているので、それが守れなければ1発で退学ということになります。

ひどい渋滞にハマってしまって門限に間に合わず退学にさせられた

このような話もあり、多くの人が「それは無いよね」という話になりましたが、最初から学校の規則に書いてあるので当然といえば当然の対応とも言えます。

サウスピークの規則が厳しいと分かって留学しているのですから、最初から門限にギリギリになるような行動をしなければ良いと言う話です。

ちなみにサウスピークの門限は23時なので、普通に留学生として勉強して生活していれば多少外出して食事をしていても絶対に遅れることはない時間ですね。

 

スタッフの態度が悪い

 

私も、サウスピークのスタッフの態度が悪いという話はサウスピークの創設から2年~3年は良く聞きました。

サウスピークと仕事をしていた人からも「スタッフがコミュ障過ぎる」とグチを聞いたことがあります。

ただ、現在はかなり学校も成長していますし、営業方針もかなり整ってきているのは間違いありませんね。

どこの学校でも最初は生徒を集める為に優しめにして、秩序を守る為に徐々に厳しくなっていきますし、学校は開校から2年~3年はカオスなのが当たり前です。

特にサウスピークのように尖った運営をしていれば、本気の留学生のために質の高い学校を守る為「生徒をお客様扱い」なんてしてられませんので、対応が強くなることもあって仕方ないでしょう。

どんな学校のスタッフでも100%良い人ばかりなんてことは無いので、中にはダメなスタッフが居たとしても学校の方針にブレさえ無ければ問題無いですね。

 

先生のレベル差が激しい

 

先生のレベル差があるというのはサウスピークだけでなく、フィリピン留学全体で良く言われることです。

先生のレベル差があるのは、学校運営をしていた私の経験からしてもどうしようもないことだと言えますね。

本当に良い先生だけを集めていたとしても、良い先生の中で優劣が生まれますし、先生と生徒の相性もあるので仕方がないです。

もちろん、フィリピン留学ではありえないレベルの先生を雇用している場合もあるので学校選びは慎重にしないといけません。

サウスピークでも繁忙期になると急造された先生が増えて先生のレベルが下がるということが言われますが、サウスピークで働いていた先生を面接してデモクラスを受けた経験からすれば十分良い先生を雇用していると思います。

 

料金からすると施設がボロすぎる

 

数年前まではサウスピークの校舎は本当にボロかったですね(笑)

外から見ながら良くこんなところで生活できるなと驚いたくらいです。

しかし、現在はそのボロかった校舎からは引っ越しているのでかなり改善されていますね。

オリジナル校、プレミアム校、日本語禁止校の3校舎で分かれているので、良い環境で滞在したければプレミアム校を選べば良いですし、そこそこで良いならオリジナル校で大丈夫でしょう。

ちなみに、私はオリジナル校があるWinland Towerというコンドミニアムに住んでいたことがあるのでとてもよく知っています。

オリジナル校は綺麗と言われていますが、決して綺麗なコンドミニアムとは言えません。

中身もかなり古いので、初めて行くと陰気臭いと思うのは間違い無いでしょう。

もちろん、学校が入ってからそれほど時間が経っていませんし、入る前にリノベーションをしているはずなので生徒さんが入る部屋はそれなりに綺麗になっていますけどね。

また、ベッドは良いマットレスを使っていますが、肝心の2段ベッドなどは安物を使っているので上下のどちらかが動けば揺れて気になりますし、お互いに気を使うことになります。

定期的に停電や断水も起こりますし、近くにあるイベント広場では深夜まで爆音で大騒ぎになることもありますし、早朝から犬や鶏の鳴き声がうるさいです。

残念ながら、サウスピークのオリジナル校と同料金の他校や韓国系を比較すれば、部屋も設備も間違いなくサウスピークのオリジナル校の方がレベルが低いです。

もちろん、そういった人は綺麗な環境のプレミアム校で一人部屋を選択すれば良いでしょう。

 

ロク

サウスピークでは一人部屋よりも皆が勉強している姿を見られる複数人部屋を推奨していますけどね。

 

フィリピンのサウスピークで失敗した人の評判

サウスピークへ行って合わずに失敗したと言う人もちょこちょこと聞きます。

私が現地で働いている時も、サウスピークを途中で止めて転向してきた留学生はいましたし、学校を続けながら自分が本当に正しいことをしているのか分からずに体験授業に来ている人もいました。

自分で問い合わせて「本気の人以外来ないで欲しい」と明確に書かれている規約などに納得して留学しながらも、実際に現地に行くと「これは無理」と思ってしまうようですね。

ただ、これはサウスピークが悪い訳では無いです。

サウスピークへ行って失敗というよりも自分の認識の甘さから来る失敗なので、学校からすればそれで評判が悪いように言われてしまうと迷惑でしかないでしょう。

サウスピークは本当に人を選ぶので安易な気持ちで利用するのは止めた方が良いですね。

留学すれば学校が自分の英語力をあげてくれると期待している人

楽しい留学生活を送りたい人

お客様として丁寧に扱われたい人

英語はなんでも通じれば良いと思っている人

とにかく住環境にこだわる人

こうやって並べるとフィリピン留学に来る大半の人がこのような希望を出しますね。

どうしても悪い評判は目立ってしまいますが、ただ学校が悪いのではなく利用者の認識の甘さから発生したただの悪口や嫌がらせと言う面も大きいと思いますね。

 

フィリピン留学しても英語が話せるようにならない人の5つ特徴
フィリピン留学しても英語が話せるようにならない人の5つ特徴 フィリピン留学経験があり、マネージャーとして学校を管理し、留学のカウンセリングもしていた私の経験...

 

セブ島のサウスピークはTOEIC専門の学校ではない

 

セブ島にあるサウスピークは公式サイトをどこからどう見てもTOEIC推しですし、TOEICに特化していると言って間違いありません。

なので、TOEICの専門校としての評判や口コミが多いですね。

しかし、サウスピークは事前の面談で英会話を軸にしたいと言えば英会話のレベルに沿ってカリキュラムを組んでくれますのでTOEIC専門ではありません。

簡単に言ってみれば、スピーキングにも一般の教材だけでなくTOEIC関連の教材を活用しているので、英会話中心で留学しても必要な英語力を上げるための勉強をしている内に自然とTOEICの勉強にもなるといった感じです。

実際にサウスピークの生徒さんと話をしているとTOEICのためだけに来ている生徒さんはそれほど多くなく「TOEICの点数は必要な分はあげたいけど、英会話を捨てている訳ではない」という人の方が多いです。

サウスピークでは一般の英語学校より全然レベルの高いスピーキングコンテストもありますし、レベルが上がると英検準一級以上で受けるような即興方式のスピーキングコンテストも開催していますね。

良くわからない評判だけを見て悩んでいるなら説明会に参加して聞いてみると良いでしょう。

 

サウスピークは発音の評判が良い

 

サウスピークの発音矯正は上級レベルにも評価が高いので、発音矯正だけでも受ける価値は十分にあります。

私が知る限り、本当に効果的な発音矯正の授業を受けられる学校はフィリピンに片手で数える程度しかありませんので発音矯正をしたい人にもおすすめです。

基本的にはフォニックスの教材を使っていますが、同じ教材を使ってフォニックスをしているからと言って内容も同じかと言えばまったく違いますね。

生徒のレベルによって担当する先生のレベルも調整するのが当たり前なので上級者の人が感じる先生のレベルと初級者の人が感じる先生のレベルは違うと思いますが、それでもしっかりとした発音矯正を受けることができるのは間違いないでしょう。

 

セブのサウスピークの評判・まとめ

 

サウスピークの評判や口コミを調べていると「あーコレは無理だ」と思う人も少なく無いと思います。

そして、そう感じたのであれば現地に行けばもっと強く感じると思うので止めた方が無難です。

 

ロク

私自身は若くないのでもうサウスピークの手法は合わないので無理ですが、結果を出すという点だけで考えればセブでTOP3に入ることは間違いないと言える優良な学校です。

 

サウスピークでは嫌なら来てくれなくていいと強気で運営していて、実際に退学にさせられた生徒がいるにも関わらず、3つの校舎で留学生の受入人数300人という規模に発展しています。

年間1万5千人程度の日本人しかおらず、セブだけでも80校近い学校があるフィリピン留学で日本人だけを対象に、300人規模の学校に拡大するだけの需要があるということも事実です。

しかも、留学エージェントがいなければ経営が成り立たない学校がたくさんあるのに関わらず、サウスピークは留学エージェントを使わずに成長と拡大を続けています。

ネットで学校の評判や口コミを調べるのも大事です。

しかし、本気で結果をだしてくてサウスピークが気になるのであればサウスピークの説明会に参加したり、無料の見積もり相談などを受けて自分で確かめてみる方がもっと重要ですね。

サウスピークは留学エージェントを使っていませんので、自分で問い合わせて行動するしかありません。