フィリピン留学

フィリピン留学しても英語が話せるようにならない人の5つ特徴

フィリピン留学しても英語が話せるようにならない人の5つ特徴
タマ

フィリピン留学したのに英語が話せるようにならない人が多いって聞くんですが、やっぱりフィリピン留学なんてする意味無いんですか?

ロク

はい!めちゃくちゃ多いですよ。

でも、英語が伸びないのはフィリピン留学のせいではなく自分の問題である人がホトンドです。

フィリピン留学経験があり、マネージャーとして学校を管理し、留学のカウンセリングもしていた私の経験上で言えば、8割から9割が伸びない人、1割~2割が伸びる人ですね。

ここでは、フィリピン留学をしても英語が話せるようにならない人達に良くある特徴をご紹介しますので、留学を考えているのであれば自分がそういった人にならないようにご参考にどうぞ。

留学しても英語が話せるようにならない人の5つ特徴

留学しても英語力が伸びない人の特徴を総じて言えば「自分を正当化してなにかの責任にする人」ということが言えます。

とにかく、自分の英語力が伸びないのは、自分ではない何かのせいにして自己正当化する人は本当に多いですね。

1.他の生徒のせいにする

マキ

日本人が多い学校だから英語を使うよりも日本語ばっかりだから全然だめだった。

タマ

私は学校が遊びに来ている人ばかりだったので勉強する環境ではなかったです・・・

というのもよく聞く話ですね。

確かに、遊びの人が多い学校はありますし、それを行く前に見抜くことは情報を持っている関係者でないとまず無理です。

ただ、フィリピン留学の授業はほとんどマンツーマンですので自分の勉強には何も影響することはありませんし、部屋も一人部屋を選べば関わることもありません。

例え日本人ばかりであろうと、留学するくらいの年齢であれば十分な大人なんですから、付き合いたくなければ付き合いなんてしなければ良いだけの話です。

断っているのにしつこく誘うような人なんてなかなかいませんし、もし居るなら学校に伝えて注意してもらえば良いだけですね。

また、良く「英語に漬からないと英語脳が~」という話がありますが、フィリピン留学の1週間~12週間程度で英語脳なんて育ちません

英語脳が育つとすれば、すでに中上級者レベルで英語が話せるレベル以上の人からです。

初心者にはまったく無理などころか、初心者が英語漬けなんて環境へ行くと、英語を話せないから恥ずかしくて誰とも話したくないストレスが溜まって部屋に引きこもってしまいます。

よくEOP(母国語禁止)で英語力が伸びるというような宣伝がありますが、これも下手な人同士が英語を話し合って伸びるのは英語力ではなく「サバイバル能力」です。

日本人専用学校で、日本人と仲良くしながら英語が伸びた人なんてたくさんいますので、日本人が多い少ないは全然関係ありません。

2.学校のせいにする

学校選びで失敗すると目も当てられないことは確かにありますが、自分の英語力が伸びなかったことを100%学校のせいにすることはできません。

これはフィリピン留学だけではありませんが、留学の成否の80%は留学前の準備で決まっています。

・留学中の目標

・留学後の目標

・留学までに必要な事前学習

・適切な学校選び

これらが留学前の80%であって、現地では残りの20%で英語学習に集中するだけです。

そして、その20%を現地での100%だと考えて計算すると、学校の授業の割合と自習の割合は50%50%です。

どれだけダメな学校を選んだとしても、自分がしっかりと勉強していれば英語力が伸びないなんてことはありませんので、100%学校にの責任にはできませんね。

もちろん、しっかりと準備していればダメな学校に当たる確率も大幅に減りますので、普通の学校であれば十分成果は出せます。

また、学校に依存しすぎる人も英語は伸びません。

マンツーマンで授業を受けていればどうにかなるだろうではなく、それに合わせて追加の学習と外での実践練習もしなければいけません。

留学中に何をしてよいか分からない人は、1日2時間~3時間を使ってDUO3.0を覚えるだけで、英語力なんてめちゃくちゃ伸びますよ。

3.環境のせいにする

フィリピン留学はフィリピンへ来ることだと分かっているのに、フィリピンへ来てフィリピンそのものに文句を付ける人は少なくありません。

・街が汚い

・街が危なそうで怖い

・夜にどこかから聞こえてくる音楽がうるさい

・犬や鶏がうるさい

・野良犬が危ない

・フィリピン人は考えがなさ過ぎる

・フィリピン人は効率が悪くて機転がきかない

・セブは誘惑が多すぎて遊んでしまった

こんなの勉強する環境じゃない。

平気で嘘を言うエージェントや嘘ばかり書いてある学校のサイトが多いので、想像と全然違ったという話もあります。

しかし、同じく少し調べればたくさん悪いことを書いたサイトもありますので、自分で考えることを放棄してしまうとそういう目に遭いますね。

どちらにしても、格安留学で発展途上国に留学するのに、日本のような環境を求める時点で間違っています。

環境の違いが楽しめないのであれば、発展途上国への留学なんてするべきではありません。

また、セブは誘惑が多いから遊んでしまってダメという人がいますが、どう考えても遊んでしまうのは自分の責任で、セブの語学学校には迷惑な話ですよね笑

4.自分の性格を考えていない

まず、基本として「何でも気になる神経質なタイプ」と分かっているのに、フィリピンに来て文句ばかりを言う人が少なくありません。

これもエージェントなどが「日本並みに快適な環境ですよ」などと、耳障りの良いことしか言わないことも悪いのですが、自分が神経質だと理解している人はフィリピンになんて来てはいけません。

私はとても温厚な方で怒ることもホトンドありませんし、クレームを言うのもめんどうなので余程でない限りは黙っている方ですが、フィリピンでは1日街を出歩けば間違いなく1回や2回殺意が芽生えますからね。

環境の話とダブりますが、留学するのであれば自分の性格としっかりと相談して、我慢できそうになければとっても親切で、綺麗な施設で勉強ができる日本の英会話スクールを強くおすすめしますね。

ロク

ただ、本当にめちゃくちゃ適当な国ですが、そのいい加減さが日本には絶対にないフィリピンの魅力なんですよ。

5.圧倒的に努力が足りていない

なんだかんだと何かのせいにして、自分を正当化しようとする人に限って圧倒的に努力が足りていない人ばかりです。

理解力が低いのであれば文法の学習をする

聞き取り能力が低いのであれば単語をする

英語が伝わらないのであれば発音練習をする

リスニングが低いなら常に音源を使って練習する

ぶっちゃけて言えば、自分でこれだけ学習していれば留学なんてしなくても英語は話せるようになりますので、これらを自習で努力していれば伸びない訳がありません。

仕事柄、留学しても英語なんて伸びなかったという人には何度も会っています。

マキ

やっぱり留学なんてしても伸びないって分かった。

ロク

留学中は最低でも自習3時間~4時間、1週間で単語300個から500個づつ位はしましたか?

マキ

学校で8時間も勉強してるのにそんな余裕ない。

というように、学校で授業を受けたことがほぼ勉強の全てという人も多いですし、単語などの学習をした人でも翌日にある単語テストのために1日20個~30個、その他はだいたいやってない人です。

短期間留学したところで、自分の努力無しに伸びる訳がありませんよね。

英語なんて伝われば良いから文法なんてどうでも良い

発音なんて伝われば良いからどうでも良い

テストには興味がないから実践的な練習がしたい

「努力しない人」や「努力したくない人」の多くはこんな考えを持っています。

残念ながら効率の良い学習方法はあっても、努力無しに英語が話せるようになる魔法はありませんので頑張って地道に努力するしかありませんね。

そもそも自分のレベルや英語で何がしたいのか?

留学をしても英語力が伸びない人は全体の80%以上になりますが、そのホトンドの人が漠然と「英語をはなせるようになりたい」と思っているだけで、英語を使って何が出来るようになりたいのかイメージ出来ていません。

英語はただのコミュニケーションツールですので、英語を身に着けて何をしたいのか目標が見えていなければ何を目指してどういった学習をすれば良いのかも分かりませんね。

また「留学してから自分のレベルチェックをして、それに見合ったクラスの授業を受ける」という流れがあります。

しかし、自分のレベルチェックは留学前にして留学前の自己学習に反映させなければいけません。

こういう話をすると、英語力が伸びない予備軍の人達は「英語のレベルなんて聞かれても分からないという」のですが、今どきDMM英会話ネイティブキャンプなどのオンライン英会話の無料体験を受ければレベルチェックなんて無料です。

より専門的なカウンセリングを受けたければ、専門的なパーソナルトレーニングの英会話スクールの無料カウンセリグを受けてみれば良いですよね。